シリコンバレーと日本の7つの思考の違いと働き方の格差

スポンサーリンク

クラウドファンディングで54万円調達し、シリコンバレーで勉強してきました、るってぃ(@rutty07z)です。

img_2161.jpg

元々のお知り合いの方から紹介して頂き、シリコンバレーに駐在するFUJITSUの丸山さんの家に滞在、そしてたくさんの企業を案内して頂きました。

bbbb

本当にその節はありがとうございました(切実)。

8企業・1大学を訪問し、そしてシリコンバレーで生きる人々に取材させて頂き、ワーク・ライフスタイル、思考、使われているサービスと暮らし方に、日本と大きな違いを感じました。

そこで僕が感じたシリコンバレーと日本の思考の違い7つと、働き方の格差をまとめてみました。

これが今のシリコンバレーと日本の差です。興味のある方はもしよかったら見てください。

今回訪問したシリコンバレー企業・大学一覧です。

  • B-Bridgeさん
  • FUJITSUさん
  • PLUGANDPLAYさん
  • Airbnbさん
  • weworkさん
  • Googleさん
  • メルカリさん
  • LUCASFILMさん
  • スタンフォード大学さん
スポンサーリンク

シリコンバレーと日本の違い①どんどん失敗しよう。チャレンジ精神の旺盛さとそれを支える環境

これは取材した誰もがおっしゃってたことです。

アメリカでは毎月530,000社ものスタートアップが誕生し、そのほとんどが消えていく…を繰り返します。

4億円をシリコンバレー界隈のスタートアップに投資するOpt Venturesの坂本さん。

gpexportphoto-0017

資金調達を終え、シリーズAに行けるのはたったの3%と言われてます(その後にもシリーズB、シリーズCと続いていく…)。

そう、失敗することは当然なのです。

そして投資家は言います、「どんどん失敗しろ!早く失敗しろ!」。

失敗することは何も悪くないのです。その経験から学んだことを次に活かせば良い。
一番悪いのは「行動しないこと」ただそれだけ。

シリコンバレーでは1度の失敗で笑う人はいません。ひたすらトライアンドエアーの繰り返しです。

「失敗したらどうしよう」が口癖の日本?

window-view-1081788_960_720

さて、日本はどうでしょう?

1度起業して失敗したもんならば、

「あいつ会社コケたらしいよ」

「今借金◯◯円あるらしいよ」

と噂が流れます。そして「失敗した人」には仕事を依頼しません。

こんな生きづらい世の中があるでしょうか?つまり日本では「成功し続けなければいけない」のです。
この世の99%は凡人なので、長い人生において成功し続けるなど不可能です。

この「失敗できない。成功しなきゃいけない」という風潮が、周りの目を伺い、自分の本当にやりたいことにチャレンジできない社会を作り上げてしまってる気がします。

あなたの周りにもいませんか?「失敗したらどうしよう…」が口癖の人。

だから優秀な人は日本を離れてしまうのでは?
シリコンバレーと日本の差はここにあります。

シリコンバレーと日本の違い②発信が重要。実現したいことがあるならどんどん発信しろ

そして実現したいことを叶えるために、シリコンバレーの若者はとにかく発信します。
発信しなければ応援してくれる人は現れませんし、投資家はお金を出してくれません。結果、夢も叶いません。

向こうでは発信することをピッチ(ピッチレート)と呼びます。

そしてピッチするための環境も充実しています。

こちらはインキュベーションスペース「PLUGANDPLAY」の中です。
投資家にプレゼンするためのピッチスペースがあります。

img_2092.jpg

また発信用の動画を制作するためのスタジオなんかもあります。

15388769_1044700652320029_2112172484_o

こちらはスタンフォード大学のキャンパス内。
登壇スペースがあり、ここで学生がピッチを行います。そしてたくさんの人が見れるように、開放的な空間になってます。

img_2142.jpg

ここでは「学んだことをアウトプットするための発信」ではなく、「俺たち世の中面白くするために、こんなことしたいんだ!」と発信するための場だそうです。

僕も散々ブログで、「これからは個人がどんどん発信していくべき時代」と語ってます。

参考記事①:【ブログ】自分の夢を叶えるための方程式と発信力の重要性

参考記事②:自己中に自分を発信しろ!レールを外れた無職が夢を語るとどうなるか証明する

現にブログを通して発信を始めたことで、たくさんの夢が実現してきてるし、この渡米のためのクラウドファンディングでも54万円をファウンドすることができました。

ホリエモンこと堀江貴文氏もこれからの時代、個人が発信することの重要性を語っています。

発信すれば「意識高い(笑)」と言われ、潰される日本

確かに日本では発信すれば「意識高い(笑)」と言われ、結果を出せば潰されます。

ブログ始めろとか、Youtubeやれとか、そんな話ではありません。
夢や自分の好きなことを自由に伝えられる寛容な社会を目指せないかなと思います。

もう上司の顔とか、会社からの評価とか、友人からの嘲笑とか気にせず、どんどん好き勝手にやりたいことやって発信していけばいいと感じるんですよね。

発信することの重要性にももっと気づいて欲しいし、それを受け入れてくれる世の中になったら、と思います。

発信するシリコンバレー、発信することに臆病な日本、そりゃ差はでますよねという話。

シリコンバレーと日本の違い③最新のサービスを活用して、便利で豊かな生活へ

世界一家賃が高いことで知られるサンフランシスコ・シリコンバレー。
そこで暮らす人々はどのような生活をしているのか。

そもそもそんな生き方が本当に実現されているのか、確かめにシリコンバレーにやってきました。

参考記事:サンフランシスコでは当たり前のYOLOという生き方を知ってるか

シェアリングエコノミーの活用で「所有」から「共有」へ

imasia_16513543_m-768x521

引用:http://eamag.jp/5770

例えば家賃30万円する部屋に住んでいるのであれば、余っている部屋をAirbnbで貸し出し、高い家賃を補う。

そして購入費用が高いだけでなく、ガソリン・駐車場代・税金などの維持費もかかってくる車も、あえて「所有しない」ということも可能です。

Uberは配車依頼をすればものの5分で駆けつけてくれるし、料金もタクシーの半分〜3分の2ほどです。

またZipcarを使えば手軽に格安で車をレンタルできます。
ガソリン・保険込みで1時間10ドルほど。

Uberも通勤時間帯の乗り放題プランを発表するなど、シェアリングエコノミーの活用により、所有してリスクを背負うよりも共有するフェーズに入ってきてることがわかります。

シリコンバレーの人々はシェアリングエコノミーを活用しローン(責任)を追わず、縛られない生き方を実現しているのです。

続々生まれる最新サービスでより便利で豊かに

bicycle-1868162_960_720

そしてシリコンバレーでは、私たちにはまだ馴染みのないサービスが続々と誕生し、人々の生活をより便利で豊かにしています。

お手軽価格でランチをテイクアウトできるMealpal。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-19-13-50

ランチが1回12~20ドルは当たり前のアメリカで、平日のテイクアウト限定で6ドルほどでレストランの料理が買えるサービス。

また最近日本でも入ってきたことで話題のUberEATを使えば、オフィスまでドライバーが料理をデリバリーしてくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-19-13-34

友人間でお金の貸し借りや、割り勘分を清算するときはVenmoが素晴らしすぎると語る、B-Bridgeの槙島さん。

gpexportphoto-0002

なんと銀行口座・デビットカードの場合、手数料無料で手軽に送金し合えます(クレジットの場合は3%)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-19-14-18

そしてシリコンバレーのどこのお店にいっても置いてあるのがSquare。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-19-14-37

店舗にクレジットカード読み取り端末を設置するには、カード会社の審査に数百ドルの端末の購入が必要になりますが、Squareはそれらを不要にしました。Iphone・Ipadがあれば、もうそれがレジになってしまうのです。

img_2093.jpg

車が多く、駐車場を見つけるのが大変なサンフランシスコでは、Luxeを使えば希望の場所までスタッフが車を駐車してくれて、希望する場所で車のピックアップが可能です。オプションで洗車やガソリンの補充もOK。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-19-15-09

シリコンバレーは目まぐるしいスピードで最新サービスが生まれ、人々の生活を便利で豊かにしています。

日本では法律や規制など「ルールを守る」ことに捉われて「ルールを作ろう」としません。

だからAirbnbやUberの参入すら遅いのです。
その間にシリコンバレーではどんどん新たなサービスが誕生し、人々の生活を便利で豊かなものにします。

シリコンバレーと日本の違い④基本副業・在宅ワークOK、働き方が超フレキシブル

gpexportphoto-0009

*weworkオフィスにて。絶景を目の前に人をダメにするソファで仕事してる人が衝撃です。

今回シリコンバレーで訪問させて頂いた企業、そしてお話の中で出てきた企業のほとんどが、働き方が超フレキシブル。

基本的に在宅・リモートワークOKの企業が多く、フレックス制で好きな時間に出社して構いません。

そして基本的に副業(パラレルキャリア)もOKです。
タスクさえこなし業務に影響しなければ、好きなことをさせてくれます。

サンフランシスコ支社のメルカリでエンジニアとして働くかたわら、プライベートで他のエンジニア仲間とプロジェクトを進める今井さん。

gpexportphoto-0003

シリコンバレーの人は健康志向が高く朝が早いそうで、7時には仕事を始め、16時には帰るそうです。
プライベートを大切にする「アフター4」の充実です。

一方日本はどうでしょう?

語る必要もなく、まだまだ「多様な働き方」に対する理解は進んでません。

参考記事:副業禁止で幸せになれない日本人たち

シリコンバレーと日本の違い⑤広がりつつあるギブ&ギブの精神

「ギブ&テイク」という言葉はみなさんご存知かと思います。

しかし一部のシリコンバレーでは「ギブ&ギブ」の精神が広がりつつあるというのです。

例えばオフィス環境と働き方。

③の「社員の働き方のフレキシブルさ」、そしてオフィス環境や食堂、福利厚生、サポートの充実さを整えることで、社員のモチベーションは上がり成果として帰ってきます。

googleのオフィスにはボーリング場がありました。
業務時間中でもリフレッシュに使っていいとのこと。

img_2207.jpg

「世界の働きたいオフィスランキング」1位のAirbnbのオフィス。こんなオフィスだと出社もワクワクしますね。

img_2214.jpg 09a3fe55576f6ba0b8eb55d8e6f5cfcd

引用:http://forbesjapan.com/articles/detail/11400

また、スタートアップとは必ず1度目は会ってくれる投資家もシリコンバレーには多いとのこと。

月に20-25件のスタートアップと会う」というリクルートの西条さんは、その多くを現地の有力VCから紹介されているそうです。

どうやってそうした有力VCとの関係を築いていったのか、という質問に対しての答えがこのキーワードです。

日本の大企業の方々が勘違いしがちなのが、「大企業なんだからどんどん紹介してもらえるよね」ということ。日本の大企業でシリコンバレーで名前が通用するのは一握りですし、名前が知られているだけではいいスタートアップは紹介はしてもらえません。

西条さんは、「泥臭い営業マインド」で、有力VCと関係を築くために、いいディール(投資案件)を5回Give(紹介)して、それから初めてTake(彼らからの紹介)を期待するという姿勢でやっているということです。

引用:シリコンバレーで成功する7つの秘訣:Scrum CEO Summit 2016 を振り返る

シリコンバレーの企業・個人問わず広まりつつある「ギブ&ギブ」の風潮。

「おもてなし」とか言ってるくせにテイクを求めすぎ?

さて、日本ではどうでしょう。

自社の利益(テイク)を追求した結果、終わることのない残業。
逃げられることを防ぐための副業禁止・ボーナス制度。まだまだ認められないフレックス制・リモートワーク。

07ac7cd1-7810

おもてなしの国は日本で、本当のおもてなしが来るのはいつ?

シリコンバレーと日本の違い⑥垂直統合からオープンイノベーショーンへ

垂直統合という言葉をご存知ですか?

企業が商品の開発・生産・販売を自社で一手に行うこと。コスト管理の徹底、技術漏洩の防止、業務範囲の拡張などの利点がある。

引用:コトバンク

超簡単に言えば「企業秘密」ってやつですね。

しかし、シリコンバレーでは逆にオープンイノベーションが進んでるそうです。

オープンイノベーション(英: open innovation)とは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家などが持つ技術やアイデア、サービスなどを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや革新的な研究成果、製品開発、サービス開発につなげるイノベーションの方法論である。

引用:Wikipedia

企業が技術などをオープンにして、一緒に面白いことしていこうぜ!って感じです。

151109_1

引用:http://www.toyo-group.co.jp/2015/11/09/5952

普通企業は、自社の利益を追求するために技術は秘密にしておきたいものです。

しかしそれをあえてお互いオープンにして共有することで、イノベーションを起こしていく考えです。
確かにその方が消費者にとってはより良い商品やサービスが生まれ、生活が豊かになります。

この「オープンイノベーション」の考えが、今シリコンバレーでは進んでいるというのです。

例えば、訪問したwework。

gpexportphoto-0012

wework内に入っているスタートアップのオフィスは全て透明。中の様子が丸見えです。

weworkにオフィスを構えることの最大のメリットは企業同士の横の繋がりが生まれること。

gpexportphoto-0013

これがオープンイノベーションの考え方です。

シリコンバレーと日本の違い⑦ハードウェア(外観)ではなく、ソフトウェア(中身)が重要な時代

そしてシリコンバレーの企業を訪問して気づいたのは、彼らが用意するのはハードウェア(外観)だけじゃない。

ソフトウェア(中身)も一緒についてくるということ。

例えば今東京を中心に人気の「コワーキングスペース」は、場所の提供(ハードウェア)です。
月額利用料金を支払えば、「アクセスの良い立地で作業ができる場所」を提供してるだけで、そこを利用している人同士の交流は基本生まれません。

しかし先ほど紹介したweworkや、インキュベーションは単なる作業スペースを提供するだけでなく、入居者同士の横の繋がり(ソフトウェア)を重視してます。

gpexportphoto-0014

さらに例を挙げていきましょう。

ホームシェアリングのAirbnbは単なる宿泊スペース(ハードウェア)だけでなく、ホストとゲストとの交流(ソフトウェア)を提供したことによって世界でシェアを広げました。

14445723_974793345977427_389043726_n

Uberも然り。
車という「ハードウェア」に、安い・早い・ドライバーとの交流(ソフトウェア)を提供したことで、世界に広がりました。

今シリコンバレー発でシェアを広げているサービスや企業を見てみると、ハードウェア(外観)にプラスした、その先のソフトウェア(中身)が重要になっているのが分かります。

シリコンバレーと日本の思考と働き方の7つの違いまとめ

  1. どんどん失敗しよう。チャレンジ精神の旺盛さとそれを支える環境
  2. 発信が重要。実現したいことがあるならどんどん発信しろ
  3. 最新のサービスを活用して、便利で豊かな生活へ
  4. 基本副業・在宅ワークOK、働き方が超フレキシブル
  5. 広がりつつあるギブ&ギブの精神
  6. 垂直統合からオープンイノベーショーンへ
  7. ハードウェア(外観)ではなく、ソフトウェア(中身)が重要な時代
img_2222.jpg

実際に僕がシリコンバレーの企業と、そこで暮らす人々に現地で取材し、仕入れてきた情報です。

  • ワークスタイル
  • ライフスタイル
  • 思考
  • サービス

これら全てにおいて日本との違い(格差)を感じました。

やはりシリコンバレーでは、自分の好きなことをする「YOLO」の考えが浸透していましたね。
関連記事:「必要なこと」はしてるけど「好きなこと」はしてない日本人

これを読んで自分の今の働き方・生き方に焦りを感じるのか、「行動してみよう!」とキッカケになるのか、何か感じてくれたことがあれば恐縮です。シリコンバレーまで行った意味もあります。

僕自身の話として、今回のシリコンバレー旅で留まらず、来年以降も世界を視野に面白いことを始めて行こうと思ってます。

すでに2つほど、シリコンバレーをきっかけにヒントを得た事業が見えてきました。
来年もバンバン自分のやりたいことを発信しつつ、実現するために行動に移して行こうと思ってます。

質問があればLINE@からどうぞ

最新のワーク・ライフスタイルに関する情報を発信中です。

最新情報はLINE@で配信してます。登録お願いします。
また、ご質問あれば、LINEからメッセージください。返信します!

line

・これからは本気で「遊び」を追求しお金を稼いでいく時代です。
・《アメリカから学ぶ》日本で無駄な残業がなくならない根本的理由
・自己中に自分を発信しろ!レールを外れた無職が夢を語るとどうなるか証明する
・周りの目を気にする臆病な自分をダンスが全て変えた。るってぃのプロフィール

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事

今までの僕のブログ運営ノウハウを凝縮した
noteマガジンを販売することにしました



・初心者のためのブログの始め方から設定
・基本〜応用のSEO対策
・ブランディング方法
・効果的なマネタイズ方法

など、これまで培ってきたブログ集客ノウハウを詰め込んだマガジンです。

1度購入すれば後から追加されるコンテンツも読み放題で大変お得です。

是非ブログ運営にお役立ください!

登録特典付き!無料で限定情報をGETできる
お得なLINE@はもう登録した?



お金の話や最新のワーク・ライフスタイル情報など、
ブログには書きづらい限定情報を配信中!


LINE@登録者【限定イベント】や【プレゼント企画】も用意しております。

今なら登録特典も付いているのでこの機会に是非登録を!登録は無料です。