シリコンバレーと日本の差をあらゆる視点から説明したいと思う


プロの無職をしております、るってぃ(@rutty07z)です。

Airbnbを通じて多様な働き方・生き方をする人々と出会い、そして僕自身「世界で戦える人間になりたい」と感じ、IT最先端の街「シリコンバレー」で取材・勉強してきました。

シリコンバレーとは

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコのサンタクララ・パロアルト・サンノゼ地区の通称。谷(Valley)と呼ばれる盆地地帯に、半導体産業や大手コンピューターメーカー、ソフトメーカー、ハイテクベンチャーなどを中心としたIT企業、そして研究所や関連企業が密集しているため、半導体の代表的な素材であるシリコン(Silicon)にちなんで名づけられた。アメリカの情報・通信産業のメッカ。Intelなどもこの地で創設された。スタンフォード大学のノーベル賞学者、ショックレー(William B.Shockley)教授が半導体の研究所を設立したのをきっかけに、同大学の周辺に半導体産業が集まったとされる。

出典:コトバンク

シリコンバレーで8企業・1大学、そこで生活するワーカー・フリーランサー・投資家を取材し、リアルな現状の日本との考え方の差、働き方の違いを感じました。

これを読めば、シリコンバレーのリアル、そして現在の日本との”差”を感じられるかと思います。

まとめてみたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シリコンバレーのキーワード「YOLO」という言葉の本質

シリコンバレーを含めたカルフォルニアでキーワードになりつつある「YOLO(You Only Live Once)」という言葉。

この言葉の持つ本質こそ、日本とシリコンバレーのライフ・ワークスタイルの差を感じます。

チェック

シリコンバレーでは当たり前の「YOLO」という生き方を知ってるか

 

シリコンバレーと日本の違いを7つの視点から比較

  • チャレンジ精神
  • 発信力
  • 最新サービス
  • 働き方
  • Give&Take
  • オープンイノベーション
  • ハードウェアとソフトウェア

こちらの7つの視点からシリコンバレーと日本の違いをまとめました。

チェック

シリコンバレーと日本の7つの思考の違いと働き方の格差

 

『必要なこと』はやってるけど『好きなこと』はやってない日本人

取材した投資家の方が、シリコンバレーと日本の「働き方」の違いをシンプルに、たった一言で表しました。

この一言が本質であり、胸に深く刺さりました。

チェック

シリコンバレーの投資家が、日本人の働き方をたった一言で教えてくれた

 

シリコンバレーの課題は「バカ」を「リーダー」に引き上げること

取材先で、人間には4種類のタイプがいることを教わりました。

4種類のタイプを見て、日本人は「バカ」にすらなれていないと感じました。

チェック

日本人はバカにすらなれてない。シリコンバレーとの決定的な違いを現地で見た

 

世界のリーダーはなぜイノベーションを起こすのか?

シリコンバレーにも多く点在する有名企業。
なぜリーダー達はイノベーションを起こし、世界で知られる企業を作り上げることができたのか。

そこには誰しもがかつて絶対に持っていた、シンプルな考え方がありました。

チェック

有名企業のCEOは遊びの達人?「好きなこと」を仕事にする方法

 

*随時情報を更新していきます。

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事

今までの僕のブログ運営ノウハウを凝縮した
noteマガジンを販売することにしました



・初心者のためのブログの始め方から設定
・基本〜応用のSEO対策
・ブランディング方法
・効果的なマネタイズ方法

など、これまで培ってきたブログ集客ノウハウを詰め込んだマガジンです。

1度購入すれば後から追加されるコンテンツも読み放題で大変お得です。

是非ブログ運営にお役立ください!

登録特典付き!無料で限定情報をGETできる
お得なLINE@はもう登録した?



お金の話や最新のワーク・ライフスタイル情報など、
ブログには書きづらい限定情報を配信中!


LINE@登録者【限定イベント】や【プレゼント企画】も用意しております。

今なら登録特典も付いているのでこの機会に是非登録を!登録は無料です。