Neutralize(無化します)

多様性の名のもと、さまざまな言葉でラベリング/カテゴライズすることで「私」が余計に曖昧になりながら消費される現代において、自分自身というのは本当に存在するのか疑問を抱く。職業や肩書き、評価では「私」を定義することはできず、では、本当の「私」を位置付ける一般的で包括的な場はどこにあるのか。京都でのアーティストインレジデンスでは西田幾多郎を中心にリサーチした。デカルトの方法的懐疑やハイデガーの存在論と、西田の無の思想を対比し、即日の理論のごとくカオスな配色を無化することによって逆説的に「私」のありかを振り返る。

“Neutralize(無化します)#15 “
2021, 22.7 x 15.8 ㎝, Acrylic, silver plate on canvas

 

“Neutralize(無化します)#2 “
2021, 91 x 72.7 cm, Acrylic, silver plate on canvas(Left)

 “Neutralize(無化します)#1 “
2021, 91 x 72.7 cm, Acrylic, silver plate on canvas(Right)

 

 “meditation #21 “
2020, 27.3 x 22 cm, Acrylic, oil on canvas(Left)

 “Neutralize(無化します)#11 “
2021, 27.3 x 22 cm, Acrylic, silver plate on canvas(Right)

 

 “meditation #61 “
2021, 22.7 x 15.8 cm, Acrylic, oil on canvas (Left)

 “Neutralize(無化します)#13 “
2021, 22.7 x 15.8 cm, Acrylic, silver plate on canvas (Right)