昨日AbemaTVに出演しました。見てくださった方々ありがとうございます。すんごい楽しかったし、良い経験できました。

放送はこちらのリンクから観れます(登場は1時間1分からです)

 

そして、放送の中で僕の密着動画が10分ほど流れるのですが、この密着を通して感じたこと、そして放送された内容に関して思うことが死ぬほどありまして、思うまま書き連ねたいと思います。

 

平気で時間を奪われる

僕はテレビの制作とか現場とか見てないので、彼らの仕事に対する熱量を知りません。その上での意見ですが、もうめちゃくちゃ時間奪われます。

基本的にスタッフさんからの連絡はほぼ電話でした。僕は一切電話に出ないし、しない人間なんですが(するとしても必ず事前にメッセ送る)、否応無しにコールが飛んできます。

 

普段はカフェで作業してることが多いのですが、電話だと周りのお客さんの迷惑になってしまうから一旦席を外すし、そのせいで作業も完全にストップしてしまうし…一回インスタライブ中に電話かかってきたときはマジでキレそうでした(途中でライブ配信が切断されてしまう)

しかも電話がいちいち長い…そのスタッフさんの能力なのか分かりませんが、質問内容もイマイチ意味がわからない(具体性がなくて理解できない)のが多いんですよね。これまで色々取材など受けてきましたが、これほど「ん?どうゆうこと?」と聞き返したことはありませんでした。マジで内容と意図が分からない質問多すぎました。

その結果としてなのか分かりませんが、一部誤った情報や表現が放送されていて、正直スタジオでVTR観てた時は違和感しか感じませんでした。年収とか書かれてるけど年商だし…意味大きく違ってくると思いますけど。

 

それと電話で送って欲しい素材の指示されるのですが「テキストでよくない…?」と思うことが多々ありました。電話だと内容漏れたりするし、絶対テキストの方がいいと思うんだけどなぁ。

ちなみにこの電話、放送日当日まで続きました。すごい。直前まで編集追い上げる、これがプロだなぁとも思うけど、逆にこっちとしてはしんどかったです。笑

電話嫌いとして「ちょっとここどうなん」という感じでしたね。以前はあちゅうさんが「電話は時間のレイプ」と言葉にしてましたが、まさにその通りだなぁと。

そしてさらに…。

番組の放送は21時からだったのですが「ボイスオーバー(声収録)撮りたいから20時に来てくれませんか」と言われ、こんなギリギリまで編集するのかよマジかよ…と思いながらも20時にスタジオ着いて連絡したら「今から迎えいきますね〜、あとボイスオーバーの件、やっぱりナレーターさんの方が良いということになったので、なしでお願いします」とか普通のトーンで言い出して「ハァァァァァァァ???」みたいな。

最後の最後までイライラさせられっぱなしの2週間でした。正直昨日の本番を迎えた時の感想は「やっと解放される」でしたね。

他の人の時間も奪ってしまった申し訳なさ

そしてこれ、僕だけならまだいいんですが、自分の周りの人の時間を奪ってしまったことに関して申し訳ないことしたなって本当に思ってて。

「僕についてどう思ってるか」みたいな感じで、僕の周りの友人たちにも取材してもらったのですが、そのひとつひとつ聞く時間が長い…

最初僕もみんなも「まあ5分くらいやろ」と思ったら平気で30分〜1時間質問とかしてきて、横で話を聞いてて申し訳なさでいっぱいになってきました。

そして取材を受けた友人たちも「質問の意味分からないこと多かった」「誘導尋問みたいな感じで不信感残った」と言ってました。誘導尋問やったらもうリアルじゃないやん。まあ、テレビの時点でリアルではないんだろうけど。

その件に関しては本当に申し訳なかったです。そして取材に協力してくれた皆様ありがとうございました。

あと個人的に友人の名前の表記とか、いちいち「ん?」と感じるところが多くてなんだかな〜って感じです。不快な思いした方申し訳ないです。

テレビ業界の方から「普通出演者の時間を奪うような事はしないので、正直制作スタッフの能力の問題だと思う」という意見をいただきました。ほかのテレビに出たことある人からも「電話は最初だけで、あとはメール。時間奪われることもなかった」と言ってたので、番組やそこに関わってる人と風習によって全然違うと思います。「テレビ業界全体」で一括りしてるわけではないので悪しからず。

断る強さが欲しい

たった10分のドキュメンタリー映像のために、たくさん映像撮ってくれてクオリティの高い映像を作ってくれるのは本当にありがたいことです。それは資金がない僕みたいな一個人にはできないことであり、テレビの強みだと思います。

だけど、いつ何が使われるか分からない不安定な中でそれを続けられて不用意に時間だけ奪われるのは、精神衛生上本当によくないと感じました。

もし自分に自信や、自分の力で培った発信力があったら、こんな思いはしなくてよかったのに。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もっと強気な態度でいってもよかったんだろうけど、「もう呼ばれないんじゃないかな」とかそういうアレが出てしまったのと、なにぶん初めての経験だったので、強気で「嫌なことは嫌」と言うことができませんでした。

精進します…押忍。

テレビ業界の風習も働き方も変わっていって欲しい

テレビってこんな感じなのかなー。タレントさんやテレビに出る人って、こういうのに耐えるのが仕事であり、プロなのかなー。

「ここは大きく伝えたい」という、内容のテーマとなる部分も、二転三転して、本番の楽屋で台本渡れた時「お、おう…そう来たか…」と思いました。

 

全然思ってたのとちゃうやんけー!こんなん伝えたいことの3ミリ程度にしかすぎんわ!

2週間イライラしっぱなしで、「まあ本番の放送内容が良ければ報われるだろ」と少しでも期待していた自分が甘かったなぁと。

まあまだまだひよっこな僕を取り上げてもらえるだけでもありがたいことなんですけど、もしこのコンテンツの作り方がテレビ業界の「当たり前」や「普通」なのであれば、僕はいいかな、って感じです。

もともと「日本で良し」とか「当たり前」とされている働き方に嫌気がさしてこの生き方をしてるわけだし。

もちろん、もっと自分の生き方を広めたいからメディアには出たいのは本心だけど、こんなに配慮なく時間が奪われるなら、そしてそこに対してストレスを感じるくらいなら、もういいかなぁって。自分の考えを自分の言葉で発信して、自分の手で発信力を高めるのみです。

田舎出身の僕からしたらテレビは憧れの世界で、子供の頃はあそこが全てでした。高校生の時からずっと見てたケンコバさんたちと話すことができて、本当に嬉かったです。

ただ、めちゃくちゃ楽しみにしてただけに、度重なる取材にだんだん楽しめなくなって、本当の意味での本気を出せなかったのが悔しいです。

 

自分も取材する立場でもあるのですが、まずは「インタビュイー(とその周りの方々)の時間をいただいてる意識を前提に持つ」こと、そして「楽しませること」を忘れないようにしようと思います(あと取材の意図や、事前の質問共有も徹底しようと思った)

インタビュイーが思いっきり楽しんでもらえれば、リアルで面白いコンテンツができると思いますからね。

という、テレビに出れて感じたことや次に活かそうと思った話です。僕はテレビは悪いとは思いません。むしろどんどん発展して、面白い番組を作って欲しいです。

ただ、「そういう配慮が欲しいな」と思った次第です。より、テレビと、その業界が良い方向に進んでくれればいいな〜。

まあ、この程度でヘコたれてたらダメなんですけどね。

という、色々と勉強になった話。そして、小川アナがむっちゃくちゃ可愛かった話です。

そういう視点で、よかったら放送観てください!こちらから観れます!

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から