スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

突然ですが、今勤めてる会社の働き方や給料に満足してますか?

  • 残業や休日出勤ばかりで全然休みがない…
  • その上給料は高くないし、昇給も見込めない
  • 会社の人間関係や飲み会が嫌すぎる…

このような悩みを抱えてる方は単刀直入に言うと早く会社辞めた方がいいと思います。

ただ、会社を辞めてフリーランス(個人事業主)に転身した自分の意見としてはフリーランスは万能な働き方ではないということ。人それぞれあった働き方と会社があります。

ずっと前から言ってますが、最強の働き方はサラリーマンをしながら最低限の給与と信用を確保しながら複業でレバレッジをかける働き方です。

参考記事:フリーランスより最強の働き方は会社員+複業!?パラレルキャリアのススメ

 

だからもし今働いてる会社に何かしらの不満を抱えているなら別の会社への転職をオススメします。「転職」と聞くとマイナスイメージを持つかもしれませんが、アメリカでは10回以上転職とかザラですし、平均勤続年数は約4年と言われてます(日本は11.8年)。

転職を繰り返してるからこそ、自分にあった働きかたや職場を見つけやすいし、自分の能力を最大限に活かしてるんですよね。自分にあってない職場で生産性の低い働き方をしていてたら時間(=命)がもったいないのです。

そしてITの発達によって働き手と会社のマッチングの精度は上がって来てますし、少子高齢化の影響で現場に人が足りてません。つまり、転職のハードルは下がってる上にチャンスなのです。

今回の記事では、当ブログ調べのオススメ転職サイト/転職エージェントを紹介します!

今の会社の働きかたに不満を持ってる方や、転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

オススメの転職サイトを紹介!転職エージェントとの違いは?メリット・デメリット解説

僕自身全く理解してなかったのですが、実は「転職サイト」と「転職エージェント」は全く性質が異なります。転職サイトは簡単にいうと、自分で求人を自分で見つけて興味のある会社に応募し、面接を進めていくことになります。

つまり「自力で転職活動を行う」のが転職サイトの特徴です。

転職サイトのメリットとは?

  • 求人数が多い
手軽で応募まで簡単
  • 早いスピード感で転職活動を進めることができる
  • 転職活動にある程度慣れている人には転職サイトがオススメ

ある程度転職活動の経験があって、進め方がわかってる人なら転職サイトがオススメ!スピード感持ちつつ、自分のペースで転職活動を進められるのが特徴です。

転職サイトのデメリットは?

  • 面接対策やアドバイスがもらえない
  • 
企業情報を得難い
  • 
企業に対して直接交渉しにくい
  • 初めて転職活動をする人には扱いづらいかも

逆にほぼ全て自分で進めていくことになるので、客観的な意見をもらえなかったり、企業の細かい情報を得られにくいのがデメリットと言えますね。転職未経験者の方は後ほど紹介する「転職エージェント」を活用したほうが良いでしょう。

以上、転職サイトのメリット・デメリットはこ理解いただけたでしょうか?次に、オススメの転職サイトを紹介していきたいと思います!

1.求人情報はNo.1 転職者の8割が使用する「リクナビNEXT」

 

転職サイトと言えばこれ!リクルートが運営している転職サイト「リクナビNEXT」

大泉洋さんがイメージキャラクターとして出てるCMも放送されてるので知ってる方も多いと思いますが、なんと転職者の8割がリクナビNEXTを使用していると言われてます。

リクナビNEXTの特徴は豊富な求人数。業種も年齢層も幅広く、求めている職種もまず見つかるでしょう。転職を考えてる方はま最初に登録しておくべき転職サイトと言えます。

豊富な情報量を活かして情報収集用にリクナビNEXTを活用しつつ、他のサイトと併用して転職活動を行ってく…というやり方が王道でしょうね。

また、リクナビNEXTでは「グッドポイント診断」というあなたの強みを教えてくれる心理テストツールが使えることです。転職活動において自分の強みを理解しておくのは、当然のことですからね。

関連記事:【グッドポイント診断】就職・転職活動の悩み解決!8568パターンの中から無料で本当の強みを教えるサービス

 

とにかくリクナビNEXTは情報量、そして求人以外のコンテンツも充実しているので、転職活動では登録しておいて損はありません。公式アプリもあるのでスマホからでも使いやすいですよ。

 

2.自分の市場価値を調べながら転職できる「ミイダス」

必要な情報を入力するわずか5分で自分の市場価値(想定オファー年収)が分かり、そのまま自分にマッチした企業から書類選考合格すみのオファーメールが届くのが「MIDAS(ミイダス)」

掲載企業数は他転職サイトに比べ多くはないものの、自分の市場価値と希望にあった会社が向こうからあなたにオファーしてくれるので、効率の良い転職活動ができるのが特徴です。

実際にミイダスに登録してから2日で面接に至ってるます。詳しくはこちらの記事に書かれてるので参考にしてみてください。

関連記事:【登録無料】たった5分であなたの市場価値を算出!「MIIDAS(ミイダス)」で効率的な転職活動を

 

3.情報の探しやすさNo.1 自分にあった適職を早く、手間をかけずにみつけるなら「@type転職」

 

株式会社キャリアデザインセンターが運営するビジネスパーソン&エンジニアのための転職サイト「@type転職」

求人情報は正直どこの求人サイトも膨大な数を取り扱ってますが、@tyoe転職の特徴は

「より早く、手間をかけずに、適職に出会えるための独自サービスを提供してる」

という点。情報の見やすさ・探しやすさは抜群で、営業職・ITエンジニアとカテゴリーを分けて求人情報が探すことができます。

そして、@type転職でも自分の市場価値が分かる診断テストがあるのも嬉しい。さらに、「女の転職@type」という女性の向けの転職サービスもあります。

 

自分の市場価値を知りつつ、適職を探したいならオススメの転職サイトです▼

 

4.地域密着型転職サイト はたらいく

 

首都圏以外の求人をメインに取り扱ってる地域密着型の転職サイトが「はたらいく」

地方の中小企業への転職に強いのが特徴で、都心で働らいてたけど地元にUターンしたい人にオススメの転職サイトです!子育て中のお母さん・未経験者優遇の求人も多く、はたらいく独自の求人が93%を占めているとのこと。

そしてユニークなのが自分の人柄をアピールできる「らいくサービス」

自分の資格や経験ではなく、”自分らしさ”や”人柄”で企業に対してアピールできるサービス。もちろんスキルも大切ですが、何より自分の人柄にあった職種や社内環境も大切ですからね。

地元で就職・転職を視野に入れている人は是非使ってみてください▼

オススメの転職エージェントを紹介!転職サイトとの違いは?メリット・デメリット解説!

転職エージェント特徴は1人1人に対してアドバイザー(キャリアコンサルタント)がつくこと。あなたの希望の職種をから求人を選び、応募から面接までアドバイスやフォローを受けながら、転職活動を進めていく形になります。

能力や特性を客観的に分析してもらい、自分にあった職場とのマッチング精度を高めたいのであれば、転職エージェントを使った転職活動をオススメします。

転職エージェントのメリット

  • アドバイザーのサポート体制の充実
  • 
合格率アップのための対策やコンテンツの充実
  • 
求める求人のミスマッチが減る
入社後の退職率が低い
  • 初めて転職活動をする人に特にオススメ

客観的な視点で自分にあった企業を選んでくれたりサポートしてくれるのは嬉しいですよね。転職活動未経験者は転職エージェントを活用しながら転職活動を進めていくのが良いでしょう。

転職エージェントのデメリット

  • アドバイザーの連絡待ちになるためスピードがやや遅い
  • 企業とマッチしないと応募までいけない
  • 
アドバイザーとの相性にも左右される

アドバイザーと言えどいち人間(そして彼らもまた企業で働く人)、必ず相性というものがありますし、間にエージェントが入るためどうしても時間がかかったり、自分のペースで転職活動を進められなくなります。

ある程度知識を持っていて、早めの転職を希望される方は前に紹介した「転職サイト」を活用するのが良いでしょう。

 

そして次からはオススメの転職エージェントサイトを紹介していきます!

5.非公開求人10万件!圧倒的に手厚いサポートで転職活動を進めるなら「リクルートエージェント」

 

アドバイザーがついて転職をサポートしてくれるエージェントの中でもまず最初に挙げておきたいのが、業界大手の「リクルートエージェント」

求人数、転職支援実績は業界No.1。非公開求人は圧倒の約10万件。

「リクルートエージェントにしか掲載されていない大手企業も多数」ということで、転職エージェントを使って転職活動を進めていくなら登録必須でしょう。転職サイト「リクナビNEXT」と同じく、転職初心者の方は豊富な情報量を活かして他転職エージェントと併用して活用しているのが良さそうですね。

そして土日・祝日、20時以降でも面談・電話相談に対応OK、充実のセミナー、履歴書添削など、サポートが手厚いのも特徴です。

登録しておいて損はないはず▼

 

6.首都圏・20代特化・ITエンジニア系で転職を狙うなら「マイナビエージェント」

 

特に20~30代の転職に強く、首都圏・関西エリアの求人を網羅している転職エージェントが「マイナビエージェント」

求人数は多いので、こちらもリクナビと合わせて併用して使うのが鉄板のようです。自分も就活の時そうしてたなぁ。

特にITエンジニアの転職サポートに強く、セミナーも多数開催されているので、首都圏のIT系の転職を狙っている方は登録しておきましょう▼

 

また20代・第二新卒の方はその年代に特化した「マイナビジョブ20’s」を活用しましょう!

 

若年層の転職を熟知したキャリアアドバイザーが、20代の転職をフルサポートしてくれます。

7.転職した人の71%が年収アップに成功!「type転職エージェント」

 

総合満足度2位、利用満足度87%を誇る転職エージェントが「type転職エージェント」

転職した人の71%が年収アップに成功しているという実績を持つ転職エージェントです。約80%が非公開求人な上に、年収交渉に自信があるようですね。

様々なジャンルに精通したアドバイザーがあなたのこれまでの経歴やキャリアを考慮して、あなたに代わって企業と交渉してくれます。転職して年収アップを図りたい人はぜひ登録を▼

 

8.求人掲載数10万以上!過去の転職者は186万人!「DODA」

 

「DODA」の最大の特徴は過去の転職成功者のデータからあなたの適正年収を測定し、転職が成功しやすい企業をマッチしてくれるサービスがあるところ。求人掲載数も10万以上、過去の転職者のデータは186万人にも昇ります。

また、40〜50代でも転職可能な年齢層が高めの求人が揃ってるのも特徴です。

客観的な数字からマッチした企業を探すことができる「今風」な転職エージェントです。ビッグデータの時代きてますねぇ。

 

9.特にIT業界への転職をお考えなら「ワークポート」

「ワークポート」は元々IT業界専門の転職エージェットだっため、総合型ではありますが特にIT系への転職に強いのが特徴です。

ITエンジニアさんやで今の会社より年収アップを狙いたいと考えてる方、IT業界への転職を考えてる方はコンシェルジュのアドバイスの元、転職活動を進めてみてはいかがでじょうか。

オススメ転職サイト・転職エージェントまとめ

オススメの転職・転職エージェントを紹介していきました。

あなたにぴったり合う企業・職種は必ず存在するはずです。なんせ日本には350万もの企業が存在するわけですからね。

もし今勤めてる会社の働き方に不満を持っているなら、早めのキャリアチェンジを進めて自分の能力を高めた方がいいと思います。いやいや働くことほど生産性の低いことはありませんから…

転職未経験者の方は転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めるといいでしょう。転職経験のある方は転職サイトで情報収集しながら行なっていきましょう。

またフリーランス向けのエージェントも目を通しておきましょう。これからは複業(パラレルキャリア)の時代なので、収入源を確保できるルートを複数持つことをオススメします。

関連記事:月収50万超も夢じゃない!フリーランス向け求人サイトまとめ【オススメ順】

 

こちらの記事もあわせてどうぞ:【全20種】現役フリーランスが推奨!本当にお金が稼げるスキルと職種、取得方法まで完全まとめ

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から