プロが解説!3分で分かるクラウドファンディング

クラウドファンディングという言葉をご存知ですか?

今までなら「資金がない」という理由で諦めざるを得なかったプロジェクトも、クラウドファンディングを利用することで、インターネットを通じて不特定多数の人からお金を支援してもらい、事業をスタートすることが可能となりました。

るってぃ
ちなみに僕も過去3度クラウドファンディングに挑戦し、成功しています。

クラウドファンディングの利用者は年々増加しており、日本でも普及が進んでいる今注目のサービスなのです!

今回は「クラウドファンディングって何?」という方のために、3分で分かるように詳しく解説しようと思います。

クラウドファンディングとは?

 

クラウドファンディングとは、

  • 何かサービスや商品を作りたいけどお金がない
  • イベントを開催したいけど、開催するためのお金がない

といった時に、インターネットを通じて不特定多数から、資金を集めることができるサービスのことです。

そして、支援を受けた側は「リターン」呼ばれるお金とは別の形でお返しをします(クラウドファンディングのタイプによって異なります)。

リターンはプロジェクト起案者が好みで設定することができ、「作ったサービスや商品」もあれば、「起案者の知識・スキルの提供」など、非常に自由なものとなっています。

ちなみに僕の場合、「PR記事執筆」や「コンサル」、「イベント招待」などが多いです。

以前はクラウドファンディングといえば、起業家やクリエイターが資金調達するものとして知られており、一般の個人の利用が多くありませんでした。

しかし現在では、クラウドファンディングの種類も豊富になっており、挑戦するハードルも下がってます。

個人的に「やりたいこと・実現したいサービス」があるのであれば、一般の方でもどんどんクラウドファンディングに挑戦するべきと思ってます。

クラウドファンディングの歴史

statue-of-liberty-267949_960_720

不特定多数の人から資金を募り、目的を実現させるという手法自体は、古くから存在しました。

代表的な例が1886年に建設された、アメリカ・ニューヨークの「自由の女神像」。

ジャーナリストのジョーゼフ・ピューリツァーが自らの新聞「The New York World」を用いてキャンペーンを行い、世界中から少額の寄付金を集めたことによって建設されました。

インターネットを使ったクラウドファンディングの歴史は、2000年以降に主にアメリカで発足したクラウドファンディングサイトから流行が始まりました。

中でも有名なクラウドファンディングプラットフォームが、2008年にリリースされた「IndieGoGo(インディゴゴー)」、そして翌2009年にリリースされた「Kickstarter(キックスターター)」です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-16-46-21

 

また、2010年にリリースされた「GoFundMe(ゴーファンドミー)」等がよく知られています。

これらのサイトの登場により、米国内でのクラウドファンディングは一気に大衆化しました。

世界のクラウドファンディングの市場規模については、2014 年は 2013 年に比べて+167%、101 億ドル増加の 162 億ドルになっています。この金額は仮にドル円レートを120円とした場合、1兆9440億円もの市場規模となります。

日本におけるクラウドファンディングの歴史

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-18-20-40

 

日本でも遥か昔からクラウドファンディングは存在していました。
お寺や大仏などの再建・修復のため、全国各地の信者から寄付を集めていたそうです。

インターネットにおけるクラウドファンディングは、日本では2011年3月の東日本大震災をきっかけに、被災地復興事業の立ち上げという形で広がり始めました。

日本初のクラウドファンディングサービスとして「READYFOR」が2011年4月にリリース。
その2ヵ月後の2011年6月に「CAMPFIRE」がリリースされました。

その他現在あるクラウドファンディングサービスで有名なものとしては、「Makuake」「maneo」「クラウドバンク」などがあります。

使用するクラウドファンディングサイトは個人的に、手数料の安さ・審査の緩さ・入金スピードの速さから「CAMPFIRE」一択です。

まだまだクラウドファンディングの認知度が高くない日本ですが、日本のクラウドファンディング市場はこれから急成長すると言われてます。

クラウドファンディングまとめ

 

クラウドファンディングとは何か、ご理解頂けたでしょうか。

「昔からやりたいことがあったけど、お金の事情で諦めた」という方や、「これから何かしたい」という方は、この機会にクラウドファンディングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

僕自身、クラウドファンディングを通して資金を集め、夕張でAirbnbイベントを開催したり、アメリカ渡航費を集め、夢を実現することができました。

そしてお金以上に新たな人との繋がりや学びがあり、本当にクラウドファンディングというサービスの仕組みに驚いています。

合わせて読みたい

個人がクラウドファンディングを行う7つのメリット

 

これから日本は、確実に「個人」が活躍できる時代に入っていきます。そしてクラウドファンディングは、より個人が活躍することにおいて非常に重要なツールであり、役割を担ってます。

「お金がない」を言い訳にする時代はもう終わりました。

クラウドファンディングの仕組みを理解し、どんどん挑戦しましょう!
夢を実現していきましょう!

 

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事