働きながら海外に行ける?私がクルーズ旅行会社で働くまで

The following two tabs change content below.
ユッキー
ユッキー
外国クルーズ船の元クルー。
「ここから!」ではクルーズ関連の記事を執筆。
るってぃさんのブログがきっかけで自身でもブログを始める。 海外、英語学習、田舎暮らし、ライフスタイルなどに関する雑記ブログ「地球人になろう!」を運営中

「ここから!」の読者のみなさん、初めまして!
外国クルーズ船、元クルーのユッキー(@Yuuuuuki1986)です。

 

私は、数年前まで、外国クルーズ船(豪華客船ってやつです!)のクルーとして働いていました!

外国船でクルーとして働いて感じ、経験した、

  • 日本の会社と海外の会社の働き方や考え方の違い
  • 世界中から来るゲストと話して感じたこと
  • 40ヶ国以上のクルー仲間との生活
  • クルーズ旅行の魅力

などなど、クルーズに関する面白い話やびっくりエピソードをみなさんに発信していきたいな〜と思っております。

まず、サクッと私の自己紹介をさせてください!

小3の初海外旅行がきっかけで海外に興味を持つことに

 

私が小学校3年生の頃、私の人生を変える大きな転機が起きたのです。

私には叔母が二人いるのですが、私が小学校4年生のとき、その二人が私を一緒にハワイ旅行に連れて行ってくれると言ってくれたのです!
海外旅行なんて初めてで、正直、最初は全く興味がなく…(お金を出してくれた両親、ごめんなさい…笑)

それがハワイに行って一変!

青い海にどこまでも続く空。
異国の地でこれまで自分が聞いたことのないような言語を話す人たち。

やっぱハワイってすごいなぁ〜!!
なんか、もう一瞬でかかっちゃいましたよね〜ハワイマジック!笑

 

で、そこから私の海外への興味・関心度が一気に急上昇するのであります。

その頃の私の将来の夢、「海外で働いて、外国人と結婚する!」

初めてのホームスティ in NZ

 

その後、中学校、高校と海外に興味を持ちながらも普通の学校教育の英語を学ぶ日々。
海外行きたい気持ちだけは日々大きくなり…。

高校では友達と一緒にニュージーランドで初めてのホームスティを体験。
初めての海外でのホームスティに浮かれてたら、到着初日に人生初の足をつるという、ちょっと対処に困る事件などにも遭遇し…

ここで、「やっぱり大学では英語を学んで、もっと海外に行きたい!」という思いを強く持つようになるのであります。

大学でのイギリス短期留学

 

大学入学するときに、「大学では海外留学する!」と決めていました。
でも、4人兄弟の長女で私立大学に進学した私。

大学へ進学させてもらっただけでも感謝だったのですが、海外留学など行けるお金があるはずもなく…。
途方に暮れていた私が両親との長ーい話し合いの結果に行き着いた答えがこれ!

「大学1・2年生は新聞屋に住み込みをし、朝・夕の新聞配達をして留学資金を貯める!」

毎朝、2時半に起きる生活を2年間続けた私は、大学3年にして無事、イギリスのマンチェスターへの短期留学の夢を果たすのでありました。

イギリスでは、ホームスティをしながら2ヶ月間の語学学校と1ヶ月間の現地企業でのインターンシップを経験するという充実した3ヶ月間を過ごすことができました。

キッズ英会話スクールへ就職

大学を卒業後は、子ども向けの英会話スクールへ就職。
そこで、赤ちゃんから高校生までのホントに幅広い子どもに英会話を教えていて、実際、先生という仕事が自分の天職なんじゃないかって思うくらいやりがいを持って仕事をしていました。

が、入社3年が経ち、自分の中でいろんな思いが込み上げてきました。

  • 今の仕事しかしたことがないのに、それを天職と決めていいのか?
  • この会社でずっと働いて、10年後に先輩たちのように自分はなりたいのか?
  • 海外で働いてみたいという自分の夢はどこに行っちゃったんだ?
  • 子どもたちのような英語を話すのが楽しいというワクワクした気持ちはどこに行っちゃったんだ?

そんな気持ちが日に日に大きくなり、退職を決意。3年3ヶ月働いた英会話スクールを辞め、無職の身に。
一旦、実家のある山形へ。

外国船クルーズ旅行会社に就職

英会話スクールを退職し、実家に帰って来た私。
かつての夢である「海外で働いて、外国人と結婚する!」にもう一度挑戦してみよう!と思い立ちました。

そこで求人サイトを検索していると、外国クルーズ船のクルーの募集を発見!

「えっ?仕事しながら海外行けるの!?やりたーい!!」

と、いうことですぐ応募。
面接も無事に合格し、晴れて外国クルーズ船のクルーに合格しましたー!(わぁ〜い!)

 

そして、2013年5月2日。
韓国の釜山から私の働くクルーズ船に乗船するのであります。

こんな、さら〜っと書いてますが、最初の船に乗船するまでも実は色々とあったので、それはまた追い追い書いていきますね。

クルーズ船内での仕事

さて、ここまで読んでいただいて、私がクルーズ船の上で働いていることは分かっていただけたと思います。
ここからは、私が船の中でどんな仕事をしていたかお話しします。

クルーズでの仕事って言っても、けっこう多岐にわたるんですよ。
フロントデスクやウェイトレスのような誰もが知っているような仕事から、カメラマンやドクター、あとは美容師さんだって働いているんです!

そんなクルーズ船での私の仕事は、「ユーススタッフ(Youth Staff)」でした。
これを聞いて、「ん?ユーススタッフ?何だそれ??」って思った人、大丈夫!私も初め同じリアクションでした 笑

ユーススタッフというのは、船内にあるキッズルームとティーンセンターでクルーズに来た子どもさんの面倒を見る、いわゆる託児所のような場所です。
そこで、3歳〜17歳という年齢も国籍もバラバラの子どもたちを楽しませるのが私たちユーススタッフの仕事でした。

このユーススタッフとして、私はおよそ2年半の間に、アジア・オセアニア・カリブ海・北米(あとちょっと訳あってポルトガル)のたくさんの国や島を仕事をしながら周遊してきました。

これから、そんな私のクルーとしての体験談や、クルーズの魅力をみなさんにお伝えしていきたいと思っています。

あわせて読みたい

【契約から労働期間まで】クルーズ船で働くクルーの生活を徹底解説!

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事