スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

ブログ運営していると当たり前のように大切になってくるのか、「アイキャッチ画像」の設定です。

アイキャッチ画像とはその名の通り、アイ(目)をキャッチする(捕らえる)画像であり、ブログトップページに表示される画像を指します。

 

またSNSでブログ記事のリンクを貼り付けた際にも表示されます。適切なアイキャッチ画像が表示されているかどうかで、記事のクリック率・SNSでのシェア率が大きく変わってきます。

アイキャッチ画像を設定していないブログ記事の例です。なんだかパッとしませんよね。

 

「人間はまず、9割以上視覚から情報を取る」と言われてますから、記事タイトルも重要ですが、それと同じくらいアイキャッチ画像も重要になってきます。

記事タイトルの付け方についてはこちらをどうぞ▼

関連記事:【SEO対策】検索上位に表示させるための記事タイトルの付け方7選

クリック率が上がるアイキャッチ画像の特徴 3選

 

SNSのタイムラインはまさに戦場。目まぐるしい情報が流れていくので、時間をかけてブログを書いてSNSでシェアしたのに、クリックすらされずに流されていく…そんな悲しいこと、できれば避けて通りたいですよね!?

ちなみに視覚から訴えるコツは下記のようなものがあります。

  1. 写真よりもイラストを使う
  2. 風景よりも人物(顔)を使う
  3. 3Bの法則(Beauty 美人、Baby 赤ちゃん、Beast 動物)を使う

出典:クリック率を上げるアイキャッチの選び方・作り方

自分の場合、美人の画像は絶対クリックしてしまうなぁ…。これら3つの法則を意識してアイキャッチ画像を設定していきましょう。

スマホネイティブにとって、アイキャッチ画像が命取りになる

 

インスタグラムが流行し、「映え」という言葉がブームとなりました。これは自分のタイムラインを美しく、可愛く、カッコよく、イケてる風に見られたいという願望の表れです。

今のスマホネイティブにとって「映え」は一種のステータスです。つまり、ブログ記事の内容がどれだけよくても、アイキャッチ画像がイケてなかったら、SNSでシェアしてくれません。

逆に記事の内容は置いといて、アイキャッチ画像のセンスがよければシェアさせる…ということもあります。これは「自分のタイムラインは美しく見せたい」という、スマホネイティブならではの感性だと僕は分析してます。

SNSのタイムラインでその人の趣味や思考が分かってしまう時代だからこそ、タイムラインの映えにこだわりたいんですよね。

特に”インフルエンサー”と呼ばれる人ほど、その傾向は顕著だと思います。僕だって、記事の内容は良いのにアイキャッチ画像が残念だと、ちょっとシェアためらうこと、正直ありますもん。

「なんでそここだわれなかったんだよ!」というクリエイター気質が出てしまいますね。

つまり、繰り返しになりますが、みなさんが思ってる以上にアイキャッチ画像ってこだわるべきなんですよね。

アイキャッチ画像のサイズもしっかり意識しよう

画像サイズが適切じゃない画像をアイキャッチに設定して、SNSでシェアした際にアイキャッチ画像が見切れてる記事がたまに流れてきますが、非常にもったいないと言えます。

僕は「アイキャッチ画像サイズチェッカー」というツールを使って、SNSでシェアする前にアイキャッチのサイズが適切か確認しています。Twitter、Facebook、はてなブックマーク、はてな・ライブドアブログ、その他から、アイキャッチの表示を事前にチェック可能です。

 

「画像を選択」からアイキャッチに設定する予定の画像を選択すれば、Twitterでシェアした際にどのようにアイキャッチがタイムラインで表示されるか、事前に確認することができます。

例えばこちらの画像、少しだけ頭が切れてしまってることがわかります。あとは適切なサイズに調整して、再度確認して問題なさそうであれば、アイキャッチに設定すればOKです。

 

ちなみに、ほとんどのSNSに対応できるアイキャッチの比率が 1.43:1 の「横830px × 縦580px」で、画像の中心に被写体やテキストを持って来れば見切れずに表示されます。

アイキャッチ画像はできるだけ統一させた方がいい理由

色々語ってきましたが、ひとつだけアドバイスを言っておくとするならば、アイキャッチ画像は1つルールを設けて統一させた方がいいと思います。

アイキャッチ画像は大切ですが、そこに時間をかけすぎるのもよくないと思うんですね。クリック率を上げるために1時間かけてデザイン整えてアイキャッチ作る…とか本末転倒だと思うんです。

「文字入れしたアイキャッチを使う」「写真のフィルターはこれでいく」「アイキャッチ作成は10分以内に収める」など、できるだけルールを決めて統一しましょう。

新R25はインタビュイーとテキストを入れるスタイルが基本

 

また、クリック率を上げるためだけじゃなく、ブログの世界観を形作る上でもアイキャッチ画像って超大切なんですよね(アイキャッチだけでなく、本文中の画像も)

ファッションブログ「DRESS CODE」は超オシャレ

世界観で集まる人の属性も変わるので、どのようなユーザーがブログのターゲット読者なのか、理解した上でクリック率が上がるようなアイキャッチ画像を設定しましょう。

社畜を煽りまくるイケハヤさんのブログ「まだ東京で消耗してるの?」はテキストアイキャッチでシンプル且つストレートに攻める

 

アイキャッチ画像を適切に設定してブログのクリック率を上げよう

 

たかがアイキャッチ画像、されどアイキャッチ画像。

かなりテキトーに設定してしまってるブロガーさんも多いのですが、ブログ記事のクリック率を上げるため、そしてブログの世界観を統一するためにも、しっかり設定していきましょう。

ではでは!

ブログで発信力をつける方法やマネタイズ方法はこちらの記事にまとめてます▼

関連記事:0からできるブログの始め方!ブログで発信力をつけてお金を稼ぐための教科書

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から