どうも!るってぃです!

「なんか最近身体がダルいな〜」「全然仕事に集中できないな〜」

と思うことありませんか?僕はフリーランスとして活動してるのですが、1年以上前からそんなことを感じながら仕事してました。もう日常的に身体が重い。

そんな時、友人たちが「3日間、塩と水だけの断食をする」と言うので、前々から興味があったので今回初めて断食に挑戦することに。

 

絶対途中で挫折すると思ってたのですが、3日間の水と塩だけの断食に成功したので、そのやり方や注意点、感想などを赤裸々に書いていこうと思います。

結論先に言うと、断食最高!めっちゃいい!けどやるなら専門家に見てもらったほうがいいよ!

です。断食に興味ある方は必見です!

そもそもなんで断食するの?断食の効果は?

そもそも僕が断食に興味を持った理由は、友人の中村ひろきさん(@you_chiryoin )の記事を読んだことがキッカケです。

オンライン断食を主催してる僕の友人の中村ひろきさんの記事によると、6000年前に建てられたピラミッドの碑文に

「われわれは食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べる。」

と刻まれてたそうです。

ドイツのことわざで

「断食で治らない病気は、医者でも治せない」

フランスのことわざで

「断食はメスを使わない手術である」

アメリカのことわざで

「すべての薬で一番良いのは、休息と断食である」

ソクラテスの言葉で

「断食は哲学の門である」

キリストの言葉で

「病気は祈りと断食で治しなさい」

日本のことわざで

「腹八分目に医者いらず」

出典:暴飲暴食の害がすでに6000年前の古代エジプトで判明していた話

 

断食万能すぎね?断食はメスを使わない手術だと!?

確かに日本でも「腹八分目」と言われてますし、世界でも断食の効果を6000年も前から歴史が証明してるわけです。

 

色々調べたりしてると、このブログでも取材したカラダのよろず屋にへー先生もこう語ってました。

 

「殆どの病は『食』から作られていると言っても過言ではない」だと!?

 

僕はこれらの言葉が本当なのか、自分の身体で経験しないと気が済みません。

「1日3食という習慣は発明家・エジソンが自分で作ったトースターを売るためにメディアを使って広めた」と言われてます。そして、僕の尊敬する人たちはみんな1日1食とかなんですよね。

日頃から1日1.5〜2食に意識して抑えてる僕ですが、これはやるっきゃない!という経緯で断食することになりました。

その他期待される断食の効果

人それぞれだと思いますが、断食によって期待される効果はこちら。

・花粉症やアトピー

腸内環境が整うことで免疫機能が改善する。

・肩こりや腰痛

胃腸に集中していた血液が筋肉へ流れ、コリが改善する。

・冷え性やむくみ

ミトコンドリアが活性化して腎臓が元気になり、代謝ホルモンが活発になる。

・生理不順やPMS

腸内細菌・自律神経が整い、ホルモンバランスが正常化する。

・不眠症

腸内環境が整うことで睡眠ホルモンの分泌が高まる。

・便秘や下痢

腸内環境が改善することで、腸内細菌の働きが活発化する。

出典:プチ断食のやり方と効果を公開!3日間で4.2kg落ちて胃腸に土下座しました。

 

ええことだらけやんけ。

さすが、メスを使わない手術こと断食。楽しみになってきました。

そして今回挑戦するのは3日間水と塩だけの断食!

一口に「断食」と言っても様々な種類の断食方法があります。ざっとあげるのはここらへん。

  1. クレンズジュース断食(オススメ度1)
  2. プロテイン豆乳断食(オススメ度1)
  3. 酵素ドリンク断食(オススメ度4)
  4. 白米おかゆ断食(オススメ度3)
  5. 水と塩断食(オススメ度5)

※詳しくはひろきさんのブログに超絶分かりやすくまとまってるので要チェック→6ヶ月で4種類の3日間断食をしたので、5段階評価で採点しました。

今回僕らが挑戦するのは「水と塩だけの3日間断食」です。最も安価でできて、しかも断食効果も高いという。もう最初聞いた時「絶対無理」と思いました。

「3日間塩と水だけ!?人間それで生きれるの!?」って率直に思ったのですが、断食初挑戦の僕でもやり切ることができました。

ここからは「水と塩だけの3日間断食」に挑戦する人のために、流れや実際の体験談を詳しく紹介していきます。

水と塩断食に必要なもの

1.水

この断食期間中恐るべき量飲むので事前にしっかり準備しておきましょう。水道水は控えたほうがいいとのこと(もし飲むとしても浄水器をつけて)。

僕はコンビニに売ってるようなごくごく普通の水で挑みました。

2.塩(海塩)

そして、塩分を補給するために必要な塩!

岩塩ではなく、海塩。そして製造方法は天日か天釜の塩が良いらしいです。

ちなみに塩は好きな時に好きなタイミングで食べる(舐める)のですが、3日間の断食でそんなに量は消費しませんでした。

3.(飲んでいいものとして)ハーブティー

今回の3日間断食は、ルールとして「ハーブティー」はOKとのことでした(カフェイン入ってないので)

断食期間中はスターバックスの「ハイビスカスティー」を飲んでリラックスしてましたね。断食中の身には、この酸味が染み渡るんですよ…。断食終わったあとできるだけカフェイン減らしたいと思ってるので、スタバ行ったらこれ飲み続けようと思います。

 

断食成功の秘訣は「準備期間」にあり!準備期間に食べるものや流れ

 

「3日間断食」と言っても、断食は3日間で終わりません。今回は準備期間として2日、そして回復期間を3日間、つまり水と塩だけの断食は3日ですが、普通の食事を制限して実際に取れる生活に戻るまで1週間ほどかかります。

そして準備期間は3日間断食成功の秘訣です。準備期間なく3日間断食していたと思うと本当に恐ろしい…糖質に依存しまくっていたので、もっと苦しんでいたと思います。

逆に言えば、準備期間が長ければ断食本番もそんなに苦しくないので、準備は徹底しましょう。特に断食初心者は準備期間2日と言わず、さらに前から糖質や炭水化物を抑えた生活にシフトしておいたほうがいいと感じました。

断食準備期間は「まごはやさしいっす」を食す

この準備期間では、現代人が依存している「糖」や「炭水化物」を抜いていきます。

準備期間に食すのはこちらの俗称「まごはやさしいっす」

ま:豆類
ご:胡麻類
わ:ワカメ海藻類
や:野菜
さ:刺身
し:しいたけキノコ類
い:芋類
つ:漬物

この「まごはやさしいっす」を普段の食事の中で取り入れて生きます。僕は普段1日2食ほどしか食べないので、その2食を「まごはやさしいっす」で統一します。

ちなみに野菜の中でもじゃがいも、かぼちゃ、にんじんは糖質が高いので避けるのがベターです。

断食準備期間1日目 すでに肉やラーメン食べたい衝動に駆られる

断食準備期間1日目。早速、「まごはやさしいっす」のみで生活していくことになりますが

 

全然お腹満たされないんですよね…肉かラーメン食いてぇ〜!!しかも、がっつりゆで卵食べてるし…笑

 

準備期間1日目の夜飯。鶏肉とかぼちゃは抜きました。

 

この日はまあなんとか大丈夫だったのですが、辛かったのは次の日です。

断食準備期間 2日目 突然の頭痛と身体のダルさに襲われる

起きた瞬間、頭痛と身体のダルさです。少し仕事しようとPC開いても、頭がボーッとして全く作業が進みません。

 

準備期間でこんなに辛かったら明日からの断食本番どうなんねん〜〜!!

この日もひたすら「まごはやさしいっす」に従って納豆や枝豆などを食べてました。辛い。

3日間に及ぶ塩と水だけの断食スタート!その流れを詳しく解説

水+塩断食1日目 絶望するほど辛すぎる

ついに始まった断食本番。7:00起床。起きた時の感想「あれ?昨日と違って頭痛がない!スッキリしてる!空腹間もない!最高!」

と、ルンルンしながらPC作業してたのですが、1時間で頭痛くなってきてダウン。笑

その後予定があって渋谷に行ったのですが、電車乗って坂道歩くだけでもうしんどいという。

 

というわけで公園に避難。

 

もうね、「飯食いたい!シュークリーム食べたい!」しか頭にありませんでした。僕がどれだけ荒れていたか、断食初日のツイートを見ていただければ分かると思います。

 

一緒に断食してるみんなと「チーズダッカルビ食べたいよね」とか言ってたら、気づいたら2週間後の韓国行きのフライト取ってた。断食恐るべし。

 

以下、断食1日目を終えた感想です。

 

水+塩断食2日目 圧倒的集中力を手に入れる!

良い意味での異変が起こったのは断食2日目の朝です。

 

昨日までの判断力の鈍さや食欲は嘘のようになく、1時間しかできなかったPC作業も、午前中で全ての仕事が終わってしまうほど集中できました!生産性爆上がり!

シェアハウスの他の住人たちが隣でご飯を食べてても全く羨ましくなく(昨日までぶん殴ってやろうと思ってた)、むしろ舐めてる塩がめちゃくちゃ美味しく感じるという。これぞ断食パワー!!

あと「食はエンタメだな」ってつくづく感じましたね。

 

あと気づいたんですけど、断食中はお金を使う機会が全くありません。食費がかからないわけですから。これ1日1食スキル身につけたらすごいことになりそうだな…。

 

最終的になんかすごく気分が心地よくなってきて、こんなこと呟いてますからね。

 

「断食楽しい」ですよ???みなさん聞きました?

この日は「塩と水でも7日くらいなら断食イケるな…」「もう少し準備期間しっかり取って、次は7日間断食に挑もう」とか考えてました。最高に気分のよかった断食2日目が終了。

水+塩断食3日目 気合いで乗り切った最終日!

断食最終日!まず朝3時に目が覚めました。起きてもやることがないので二度寝。結局目が覚めたのは6時。

しかし!昨日とはうって変わって身体がだるい。何もやる気が起こらないという…

 

とりあえずひたらすら水と塩舐めてました。友人と会う予定があったのですが、断食最終日でこのカフェの匂いはキツすぎた…!

 

ルール上、「ハーブティー」はOKなのでスタバのハイビスカスティーでリフレッシュ。

 

最終日も銭湯へ。岩盤浴+交互浴を決め込んだら、「あれ?そういえば俺断食やってたっけ?」と錯覚するくらい空腹感忘れて幸福度高まるので本当にオススメです。

 

「断食2日目が一番キツい」と聞いてましたが、僕は最終日の方がキツかったですね。でも「明日何か食べれる!」という気合いでなんとか乗り切れたと思います。

家に帰ってからは「もう寝るだけで何か食べれるんだ!」とウキウキしてました。就寝は深夜2時。

断食において最も重要な回復期間!実際に食べたものや流れはこちら

断食を成功させるための「準備期間」と本番の「断食期間」がありますが、実は最も重要なのはこの「回復期間」なのです。

ここでいきなり固形食を食べてしまうと胃を痛めてしまったり、体調崩したり、リバウンドを起こしてしまうので要注意です。

断食終わりの回復期間こそ、慎重にいきましょう。

回復期間1日目 回復食が身に染みて感動する

目覚めは8時。めちゃくちゃ調子よくてスッキリ!!

そしてついに回復食一発目として、「梅流し」の汁だけ飲みます!最高に感動してる様子を動画でご覧ください▼

 

お茶碗一杯の梅流しで謎にお腹いっぱい。そして全身に染み渡る。最高すぎる。生きててよかった瞬間でした。

 

断食終わりのお昼の率直な感想です▼

 

日中は普通に仕事していたのですが、やはりいい感じ。

お昼は「具なし味噌汁」、夜は中華料理屋で「レタス粥」を食べたのですが、この世で一番美味しいお粥でした。誇張なしでお粥の海に溺れたかと思いましたね。

 

ただ、久しぶりにお米に含まれてる糖質を取ったためか、エネルギー消費に労力がかかり急激に眠たくなりました。この日は10時半に就寝。

回復期間 2日目 野菜本来の味に感動する

朝はわかめの味噌汁。バタバタしていたので15時に固形のサラダを食べることに。

 

「サラダはドレッシングないと美味しくない」と思ってたんですけど、めちゃくちゃ味あるやんけ…コンビニのサラダでそう感じるんだから、農家のフレッシュな野菜食べたらあまりの美味さに泣くんだろうな…。

この日は仙台に移動して主催してるセミナーやらでバタバタしてたのですが、体調に全く問題ありませんでした。

夜もお粥。コンビニのレトルトのやつですら、こんなこと言ってますからね。断食終わりの味覚やばい。

回復期間 3日目 生産性ヤバし!徐々にご飯も食べられるように

この日はなんと5時半に起床。朝はなめこの味噌汁オンリー。

 

朝早く起きてるのに日中全く眠くないんですよね!これも断食効果です。

14時ごろに海藻と豆腐の混ぜ合わせ。

 

 

仕事して、夜はジムへ。断食明け初めての運動ということで若干不安だったのですが、むしろいつもの1.5倍走れたしトレーニングできたという…。身体が軽くて「もっと動こう」というパワーがみなぎってました。

 

夜はがっつりめに大戸屋の「ネバトロ丼」をゆっくりゆっくり、よく噛みながら食べました。普段ならこの大盛りでもペロッと平らげるのですが、断食明けで普通サイズでもお腹パンパンになりました。いつもどんだけ食い過ぎてたんだよ。

 

回復期間3日目から「カフェインレス無糖コーヒー」や「お菓子」なども試してみたのですか、「食べた後若干頭ぼーっとするかな?」くらいで、それ以外は問題ありませんでした!

回復期間何か食べる時はめちゃくちゃ噛んで、ゆっくりゆっくり食べましょう!がっつくと危険です。

回復期間 4日目以降 徐々に普段の生活へ!

 

4日目以降はいつもの生活と変わらず、朝からジョギングしたり午前中だけコーヒー飲んでみたりと普通に生活。体調もすこぶる良くて、頭も冴えて仕事も捗る。

それにしてもどれも味が美味しく感じるという…。

こんな感じで1週間にもおよぶ「準備期間・3日間の断食・回復期間」を終えたのでした。

僕が実際に3日間の断食で得た効果

1.毎食のご飯が本当に美味しく感じる

 

断食後に食べた1食目の梅流しの味、本当に忘れません。お米もめちゃくちゃ甘くて美味しいんですよね。

腸が荒れていたり普段から1日3食食べてたりすると、食本来の旨味を体感できてないと言います。断食して腸をデトックスすることで、もう本当に何でも美味しく感じるという。

毎日食事するからこそ、全部美味しく食べたいじゃないですか。矛盾してるように聞こえるかもしれませんが、「美味しいものを食べたいから断食する」のです。もう今、何食べても幸せです。

2.身体が軽くなり、パフォーマンスの集中力・生産性が向上する

 

これ断食期間2日目と断食終わりにめちゃくちゃ感じたんですけど、身体が軽い!!頭が冴え渡る!集中できる!生産性がめちゃくちゃ上がります。

やっぱりご飯食べると体が重くなるし、眠くなるんですよね。断食を機に、糖質に依存してる「糖代謝」から燃費の良い「脂肪代謝」に切り替えることができれば、持続性と生産性の高い身体になれます。

そして朝パッと目が覚めるようになるし、少食でも動ける身体になるので、1日中動いてられます。この「1日5時間増える」という表現は言い得て妙かと。

 

ぜひ、断食後の圧倒的な集中力と生産性の高さはみんなに体感して欲しいです。

3.健康や食の知識に興味を持つようになった

 

個人的に嬉しいのはこれ。全く健康や栄養の知識に興味・関心を示さなかった僕が3日間の断食を通して、さまざまな健康知識を身につけることができたし、そしてそれらに興味を持つようになったこと。現にこうして記事を書いてアウトプットしてるわけですからね。

「長生き?クソ食らえ!伝説の男は短命!やりたいことだけやって派手に生きるぜ!」と思ってたのですが、普段の食生活や健康が乱れていたら派手に暴れることもできないんですよね。それこそ病気になったら僕みたいなフリーランスは全ての仕事がストップするわけですから。

「もっと身体的にも精神的にもパフォーマンスの高い人間を目指そう」という思考になり、健康・栄養知識に興味を持ち始めました。これからも勉強して、定期的に断食したいと思います!

4.圧倒的な自信

実は今回、僕が3日間の断食に挑戦した一番の理由は「自信をつけたかったから」なんです。

 

「自信」は仕事・恋愛など全てにおいて重要な要素になります。自信を積み重ねれば積み重ねるほど、圧倒的に成果が出やすいと自負してます。

参考記事:「自信がない」と悩む人のためにプロが自信のつけ方を教えよう

お菓子大好き、「欲望の化身」と呼ばれた僕が3日間も断食できたというのは、ひとつの大きな自信に繋がりました。自信がない人ほど「自信をつけるため」の断食をオススメします。

5.3日の断食で体重が3キロ落ちた

 

元々痩せ型なので体重は全く気にしてなかったのですが、66キロある体重が

  • 断食1日目66キロ→64.8キロ
  • 断食2日目64.8キロ→64キロ
  • 断食3日目64キロ→63キロ

という感じで3キロ落ちてました。まあ何も食べてないですからね。ダイエットとしても断食は効果が高いと思います。ただ、元の生活に戻るとすぐリバウンドするので食生活や習慣を見直しましょう。

その他のメンバーの断食効果

今回は12人同時に水と塩だけの断食をしたのですが、こんな効果がありました。

僕も「顔がスッキリしてる」「気性が穏やかになった」と多くの人に言われました←

断食を終えて思うことや注意点など

1.食はエンターテイメント

 

「なんか飯食うのってめんどくね?」「飲食店ってなんでこんな多いんやろ」「(恥ずかしながら)飲食店で働く人ぶっちゃけ意味わかんね〜!」

僕がバカでした。

断食期間中、食事やお酒が飲めないってだけで圧倒的に暇になります。もう本当にやることがなくなるし、何かしようと思ってもご飯食べてないので身体に力が入らないから何もできません。断食中は1日の流れがゆっくりというか、長く感じるんですよね。

いかに我々の生活は食中心でできているか、26年生きてて初めて実感しました。思い返せば、食がないと手持ち無沙汰だから食べるし、「友人に会う」という目的ひとつ取っても飲食店やカフェ行ったりしますよね。

1日の中でどれだけの時間を食に割いてるかが分かります。そして断食期間中おもしろかったのがこれ▼

”いかに日常で「腹減った」以外の感情で食べているか”

食事は「ただ美味しいものを食べる」だけでなく、エンターテイメントとして価値も提供してるんですよね。だからこそ過食で身体壊す人も多いので、しっかり食生活見返さないといけないなーと思いました。

2.断食初心者が辛いのは断食初日。それを乗り越えれば3日は結構イケる

 

断食期間を通して最も辛かったのは「準備期間2日目」と「断食初日」です。頭痛、身体のダルさ、そして空腹感と誘惑。

「こんなんあと2日も耐えられるわけねぇ!」と本気で思いました。が、初日を乗り越えたら2日目・3日目は割とイケます。マジで。 なんなら「このまま7日イケるかも?」と感じたほどですから。

糖質依存してる人ほど断食辛いと思うので、できるだけ準備期間を長めに取って挑めば、やり遂げれるはずです。

3.普段考えないようなことを考える(自宅にいながら非日常体験)

上にも書いたような「食ってエンタメだったんだなぁ」とか、町を歩いてるだけで「普段あんなの食べないのにめっちゃ美味しそう」など、日常生活行きてて考えないような思考やアイデアが降ってきます。これが僕にとって非常におもしろかったです。

断食によってプロ無職の僕には珍しく「来月めっちゃ稼ごう」という気持ちが湧いてきましたからね。笑

 

非日常体験や新しい価値観に触れるために定期的に海外を旅してるのですが、断食であれば自宅でもできるし、いつもの道のりを歩いてるだけですごく新鮮な気持ちになれます。

4.断食は絶対1人でやらない方がいい。経験者も入れて複数人で

 

我慢することが大っ嫌いな僕が3日間の断食をやり遂げることができた理由は「一緒に断食してる仲間がいたから」です。

これ、1人だと絶対挫折していたと思います。LINEグループでみんなと励ましあったり、初心者の僕でも知識を共有しながらできたから、やり遂げれたと思います。

断食経験者や、できれば専門家と一緒に断食するのがベストです。断食初心者が闇雲にやるのは本当に危険なのでオススメしません。

 

冒頭でも紹介した中村ひろきさんが数ヶ月に1度「フリースタイル断食」と称して、複数人でのオンライン断食を主催しているので、断食興味ある方はフォローしておきましょう→ひろきさんのツイッター

また、「カラダのよろず屋」として活躍するにへー氏も、分からないことに対して素早く返信してくれたのでめちゃくちゃ助かりました。「カラダのプロフェッショナル」なので彼もフォローしおくことをオススメします。

参考記事:カラダのよろず屋”仁平尚人”が語る「会社員もフリーランスも心身共にボロボロだ」

5.3日間断食は働いてる人には少し敷居は高いかも…

 

3日間、塩と水だけで断食を行ったわけですが、先にも説明した通り準備期間に2日、回復期間に3日、合計1週間設けてます。

断食期間中は身体のだるさや頭痛・眠気が襲うので、普通に業務に支障をきたします。働きながら断食するのは、特に断食初心者には難しいかもしれません。断食する際はスケジュールに余裕を持って!

断食中のオススメの過ごし方

断食中はとにかく眠くてだるくて頭が痛くて、そして暇です。そんな断食期間中の気分の紛れるリフレッシュ方法や時間の過ごし方はこちら!

1.映画館で映画を観る

 

断食期間中は本当にやることないので映画観てました。たぶん家だと脱力感で途中で寝落ちしちゃったりするので、僕は臨場感のある劇場まで足を運んで鑑賞。

ちなみに断食による強烈な眠気に襲われる可能性もあるため、寝落ち注意と、難しい内容の映画は頭に入って来ない可能性があります。

2.読書

身体がフラフラで動く気にならないので、自宅や公園で日光を浴びながら読書が最高です。こちらも難しすぎる内容だと頭に入って来ない可能性もあるので要注意です。

また、断食してると本を持つのですらしんどくなるので(マジですよ!)、僕は電子書籍で読んでました。スマホで読めるし便利!

 

3.頭を使わない単純作業

 

「断食期間中もどうしても仕事しなきゃ…」という方は”頭を使わない単純作業”をオススメします。

断食期間中にクリエイティブな仕事はなかなか難しいです。僕はPCのフォルダ整理とかしてました。

4.銭湯(岩盤浴・サウナ)

 

個人的にこれが一番オススメです!銭湯でゆっくりお湯に使って、そして水風呂で身体を引き締める!空腹感も紛れて最高にリフレッシュできます!

断食1日目も昼間は体調よくなかったのですが、夜に銭湯行ったあたりから最高に気分が良くなって、2日目も快調でした。そして気づいたら断食期間中、毎日銭湯に通ったという…笑

岩盤浴やサウナも超オススメです!

5.日光浴

 

なんと日光を浴びるとお腹が減りづらくなるそうです。

日光浴の効果はビタミンDが増えるだけでなく、気分を安定させる「セロトニン」を生み出したり、血圧を下げるといった効果があります。

断食初日は空腹感がとても辛くて公園で日向ぼっこしていたのですが、実際かなり気分が和らいでマシになりました。公園でそのまま寝ちゃうほど。ぜひ試してみてください!

6.断食明けのやりたいことリストを作ったり、アイデアをノートにメモする

断食期間中は身体は動かないのに、普段考えないようなことを考えたり、アイデアが降ってきたりするので、断食明けに実行できるようノートに書き留めておくことをオススメします。

僕は良い機会なので久しぶりに「やりたいことリスト100」を作ってました。断食明けからやりたいことを実現するためにバリバリ動きます。

断食は超オススメ!定期的に断食しようと思うくらい最高だった!

 

先にも結論述べましたが、断食最高です。

今回挑戦して本当に自信ついたし、健康知識も身についたし、食生活や習慣にも興味湧いたし、身体も軽くなって生産性も向上しました。良いことだらけです。

まだまだ断食に対して懐疑的なイメージを持ってる方も多いと思いますが、決して断食を強制するわけではありません。僕も断食してみるまで「本当にそんな万能な効果あんのかよ」と思ってましたから。

ただ、自分の身を持って良さを実感できたので、3ヶ月に1度定期的に断食していこうと思います。もう少し慣れてきて準備期間も長めに取って「7日間断食」にも挑戦したいと思います!

これから食生活や週間見直していくぞ〜〜〜。それでは!

その他「健康」に関する記事一覧はこちらから

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から