みなさん、こんにちは!ボイスアーティストの弥生です。

会社員という働き方に慣れてしまうと、「会社以外で稼ぐ手段はない」と思い込みます。また、今いる会社に慣れてしまうと「この会社以外、私の居場所はない」と思い込みがちです

弥生
ちょっと待って下さい!!それ、幻想です!!

今回はそんなお悩みを抱えてる方に「会社員が合わなかったら他の道を選ぶという生き方があるよ」ということを伝えたくて記事を書きました。ぜひ参考にしてみてください。

会社で働いて給料をもらう以外での稼ぐ方法や手段

 

今の時代、就職して会社員になる以外にも稼ぐ手段は沢山あります。会社員だけが働く方法だと思っているのは「あなたの思考」がそう判断していて、「あなたの選択肢」が狭いからです。

ここでいう会社員とは「正規雇用・フルタイム」の従業員です。会社員以外の方法で働く方法をざっと挙げると

  • 会社を興す(起業)
  • 会社を引き継ぐ
  • フリーランス(個人事業主)になる
  • バイトをする

 

次に、今の会社以外で働く方法を。これは言わずもがなですが、念のため。

  • 転職する
  • 会社を興す(起業)
  • 個人で仕事を創る(フリーランス)
  • バイトする
  • 仕事を辞める

 

では、もっと範囲を広げて「お金を得る」方法も見てみましょう。

  • 物を売る
  • 親や友達や恋人からお金をもらう
  • 人から養ってもらう
  • 誰かから生活費を寄付してもらう
  • 国から生活保護を受ける

簡単に会社員以外の方法でお金を得る方法や手段を挙げましたが、ここで大事なのは「良い悪い」の判断はいらないという点です。

実はお金の稼ぎ方っていろんな方法があるのに、会社員をやっていると必要以上に「他者の目線、評価」を気にしがちです。そうすると、本来は沢山あるはずの選択肢が見えなくなってしまいます。

関連記事:日本人に圧倒的に足りない「雇用される以外」でお金を稼ぐ力

私も盲目な会社員だった

私は2015年12月に大手脱毛サロンを運営する本社を退職しましたが、同年9月まで

「他の会社に転職できるんだろうか」

「自分で仕事なんてできるんだろうか」

と悩んでいました。

5年間も同じ会社で生活をしていいて、知らず知らずのうちに思考がガッチガチに凝り固まっていたんです。

 

よく「とりあえず3年やってみなよ」とか「石の上にも三年」とか言う人、いますよね?(私も言ってました、ごめんなさい)

継続って確かに素晴らしいです。素敵なことです。でも、あなたにそのアドバイスをしてきた誰かさんは、あなたが本当に3年頑張ったとして、その先の未来を何も保障してくれません。

会社の社長があなたに「3年後に〇〇にしてあげるから」と言ったとしても、その社長が3年後も社長だとは限りません。人事権を持っているとも限りません。

ちょっと考えれば分かることですが、「一生懸命に会社員をやっている」と見えなくなるんです。判断できないことが多いから、判断力も鈍るし。

会社員を5年経験し、フリーランス3年目を迎えた今の私からしたら、

弥生
信じるべきは、あなたの直感、のみ!

です。

あなたにはあなたが望む働き方・生き方をする「自由」と「権利」と「責任」がある

 

まず大前提として、あなたが今いる場所は「あなた自身」が決めました。

親や恋人の勧めがあったり、その他の要因もあったとは思いますが、最終判断をしたのは紛れもなく「あなた自身」です。

でも実際その場に身を置いてみて「ん?」という違和感をキャッチしたなら、行動を起こさねばなりません。なぜなら、あなたをその場から救えるのはあなたしかいないからです。

違和感を放置するのもまた、あなたの自由です。しかし、放置すればするほど、不感症になります。

  • 自分が欲しいもの
  • 自分がやりたいこと

自分が何がしたくて、何がいやなのか、そんなことさえも分からなくなっていきます。

もし自分の子どもがそんな状態だったら放っておかないですよね?自分のことを、自分の子どもだと思って、よく状況を見極め、判断して下さい。

あなたには、あなたが望む働き方、生き方をする自由と権利と責任があります。

自分の望む働き方・生き方を知るには「コンフォートゾーン」を飛び出せ!

 

とはいえ、もしかしたら、あなたはもう「自分の望む働き方、生き方」が分からない程、会社員脳になっているかもしれません。

でも、絶望しないで下さい。そんな時はまず、「コンフォートゾーン」を飛び出してみましょう。

コンフォートゾーンとは、日本語だと「安全領域」とか「快適領域」と訳されます。
つまりは、わたしたちがストレスや恐れ、不安を感じることがなく安心して過ごせる環境のことです。
参照:コンフォートゾーンの心理学的な意味とは?変え方まで伝授!

別に「今すぐ会社を辞めろ!」とか、そんなデンジャラスな話ではありません。片足の小指の先だけでもいいです。とにかく、少し、安全地帯を出てみるのです。

すると、自分の感性が戻ってきます。自然に望む生き方、働き方が見えてきます。

コンフォートゾーンを飛び出すきっかけに最適なもの

足す行動より、引く行動、つまり「デトックス」がおすすめです。

あなたのカチコチの脳みそは、いろんな情報でごちゃごちゃです。新しいものを付け足すより、考える「時間」や「余白」を作りましょう。

関連記事:素人ほど足し、プロほど引く」人生を100倍輝かせるミニマリズム戦略とは?

関連記事:「時間がない」と忙しい人にオススメする8つの時間を作る方法を紹介しよう

 

下記に、私がやっておすすめの方法を3つあげました。参考にしてみて下さいね!

1.断捨離してみる

部屋がモノに溢れてると思ってる以上に思考が削り取られてしまいます。判断力の低下や不安につきまとわれてしまうことになるので、断捨離はとても効果的です。

有名ですが「人生がときめく魔法の片付け」はとても参考になります。

他にも「ミニマリスト」カテゴリーを参考にしてみてください!

2.断食・ファスティングをする

ストレスが溜まると暴飲暴食しがちです。

数ヶ月に一度、断食やファスティングをすることで心も身体もすっきりし、やる気がみなぎってきます。断食の正しい方法については下記の記事を参考にどうぞ▼

関連記事:断食の効果は?水と塩だけで3日間断食してみたらすごい結果に…

3.瞑想

  • 座禅、瞑想体験
  • 最高の休息法

も雑念を減らすオススメの方法です。瞑想を身につければ

まとめ:会社以外でも稼ぐ手段はたくさんあるし、生きていける

 

いまの会社の働き方に悩んでる方に向けて記事を書いてきました。

会社の給料以外の収入源を持って入れば、会社に依存する必要はなくなります。まずは無駄な思考やモノを減らして、考える時間を作りましょう。

それからスキルを身につけていけば、会社に依存しない働き方を実現することができます。スキルアップに関する記事はこちらにまとめてあります。

関連記事:現役フリーランスが推奨!本当にお金が稼げるスキルと職種、取得方法まで完全まとめ

 

また、今の会社が激務で耐えられない…という方は転職してしまうのもひとつの手です。フリーランスが正しい生き方というわけではなく、素敵な会社もありますからね。環境を変えて、自分の理想の働き方を実現しましょう。

関連記事:年収アップ期待大!オススメ転職サイト・転職エージェント完全まとめ【20・30代向け】

 

この記事をかいた人

手塚 弥生

大手脱毛サロン本社に新卒で入社するも2015年12月に退職。LGBTsコミュニケーター&ボイスアーティストとしてフリーランスに転向。
性別関係なく人を好きになるパンセクシャル。2016年12月、9歳上のレズビアン女性と同性婚したプロマイノリティ。

▼マイノリティな生き方を発信中ヽ(*'ω'*)丿
HP 弥生的マイノリティ人生論
SNS twitter facebook