スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

るってぃです!フリーランスとしてWebを中心に活動してるんですけど、「デザインを勉強しておいて本当に良かったな〜」と感じることがとても多いです。

一通りPhotoshopは使えるので色々と役立ってるのですが、「デザインは一通りできたほうがいいよ!」とフリーランス志望の人に言ってもいまいちピンときてないんですよね。

というわけで今回は、デザインに携わって10年のZICCOさんに初心者向けのデザイン勉強法について記事を寄稿してもらいました。これからフリーランスとして活動していこうという人は必見です!

こんちゃ。童顔アラサーZICCO(@ziccommune)です。

今回は10年以上、美術やデザインにたずさわってきた私が、「初心者向け!誰でも&安価にできるデザイン」についてお伝えします。

フリーランスのみなさんの多くは、自分のブログやWebサイト(個人/事業サイト)などをお持ちですよね。そしてブログやサイトを運営していると

  • Webサイトやブログのデザインを自分好みに作りたい
  • 外注コスト削減!バナーとかアイキャッチ画像とか、こまごました作業は自分でやっちゃいたい
  • デザインを勉強して、仕事の幅を広げたい

なんて考えますが、「いざやろう!」と思ってもきっとこんな不安がありませんか?

  • デザインって結局センスがないとできないでしょ…
  • デザインの勉強やソフトウェアなんかも、お金かかりそうだし…

心配しないでください。

基本さえ覚えれば、あとは実践をくりかえすだけです。低コストの費用で勉強することはいくらでも可能です。

これを機に、デザインを勉強してみましょう!

フリーランスがデザインを勉強する2つのメリット

1.フリーランスとしての発信力・表現力・伝達力が高まる。

自分のサービスをWebサイトやブログで展開してる方がデザイン力を身につけると、もれなく最強の体が手に入ります。

なぜなら、デザイン力を身につけることで発信力・表現力・伝達力の全てが高まるからです。

アイキャッチ画像の例

悪い例)

これ時々みかける、「NO IMAGE」

これは1番NGです!せめて写真をいれたほうがいい。記事とはあまりにも関係ない写真もできるだけ避けましょう。

良い例)

なにに関する記事なのか、一目瞭然です。写真はカレー、文字もインドの国旗の色で選びました。
アイキャッチ画像の文字は画面いっぱいに、「見やすさ」重視で。

ヘッダー画像の例

悪い例)

とてもきれいで良い写真なんですが…それだけです。

この写真がヘッダー画像だとしても、何をテーマにしているのか、どんな人がやっているのか?がわかりません。
春が好きなのかしら?自然に関するブログ?くらいです。

良い例)

 

「運営してるのはこの女の人だ」、「語学とか海外とかがテーマなんだ」、とわかります。

白黒なので落ち着いたイメージに見え、派手な色にしたら若々しく元気なイメージに見えます(私はアラサーというテーマがあるので、あえて白黒にしています)。

読者がひと目で情報を把握できるのは、どちらでしょうか?

このようにデザイン力を身につければ、発信力・表現力・伝達力が高まります。

2.勉強したデザイン力を活かして、デザインの外注費をコストカットできる。

ヘッダーやバナー画像、告知用のチラシなどを自分でデザインできたら、外注費のコストカットになります。

ちなみにきちんとした制作会社やプロに外注すると大体これくらいの費用相場です。

 

  • バナー画像1,000円~8,000円(サイズ、静止画・動画などによる)
  • ヘッダーデザイン10,000円~30,000円
  • チラシ10,000円~30,000円(サイズ、片面・両面などによる)
例)
  • 公式LINE@のバナー画像(アイキャッチ画像)1つ…2,000円
  • 記事に使うアイキャッチ画像4つ…4,000円
  • ブログのヘッダー画像1つ…10,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 160,00円

デザインが自分でできれば、16,000円のコストカットです。

ピンキリで探せば安いところもありますが、自分で作れるものは自分で作ったほうが早いし、安いですよね。

Adobeソフトは有料なので、初心者はパワーポイントで無料でデザイン作成!

 

デザインと言えばPhotoshopやIllustratorなどのAdobeソフトが思い浮かびますが、有料です。

デザイン初心者の方はOfficeのパワーポイントなら無料で画像を作成できるので、こちらでデザインの基礎を学びましょう。

こちらの画像もパワーポイントで作成してます▼

 

詳しくはこちらの記事をお読みください▼

あわせて読みたい

Adobeは不要!ブログ初心者はパワーポイントで無料でアイキャッチ画像を作成しよう

 

自分のサービスとしてデザインを提供してみよう

デザインを勉強して、実際に作ることをくりかえしていくうちに、ある程度のノウハウが身に付きます。
そうしたら思い切って、デザインの仕事を受注しましょう。

本格的なWebサイトのデザインなんかは難しい。でもちょっとしたバナーやアイキャッチ画像、チラシなどは作れるようになった。

そんなあなたの力を必要としている人が必ずいます。

フリーランスとしてデザインの仕事を受注する最初の3ステップ

では実際にどうやって仕事を探すのか。難易度準に、以下のような方法があります。

STEP1:まわりの友達から仕事を受注する(初級)

まずは経験値をつむことから始めます。友達のサイトやブログで使うバナーや、イベントのチラシなどを安価で作ってあげましょう。

実際に人の役に立つ体験をすることで、デザインの楽しさが身にしみます。
友達だからこそ、正直な評価やフィードバックをもらい、レベルアップにも繋げましょう。

STEP2:1回500円の取引!安価・安心のクラウドソーシング『ココナラ』で仕事を受注する(中級)

『ココナラ』は知識・スキル・経験を売り買いできるサービスです。デザイン、イラスト作成、そのほか様々な専門サービスなどを扱っています。

1回の取引は基本的に500円で、安価・安全・安心をウリにしています。通常のクラウドソーシングよりも気軽に売り・買いができるのが特徴です。

無料の会員登録はこちらから▼

STEP3:ランサーズ、クラウドワークスなどの本格クラウドソーシングで仕事を受注する(上級)

デザインにも自信がついてきたら、クラウドソーソングで本格的に仕事を受注してみましょう。

『ランサーズ』は登録者数が25万人を超える、業界最大のクラウドソーソングサイト。案件数もダントツで多く、文句なしにオススメです。

登録無料なのでまずは登録を!▼

『クラウドワークス』も大手クラウドソーシングサイト。ランサーズとは違う案件も掲載されています。というわけで、こちらも登録して併用するのがオススメです。

もちろん登録無料です▼

 

個人でも手軽に始められるクラウドソーシングサイトを紹介しましたが、フリーランスデザイナーとして本格的に活動していくなら、求人サイト(エージェント)を活用することを強くオススメします。

1件30~80万の案件なんかもゴロゴロ転がっていて、企業との業務提携案件も普通にあります。全てのエージェントは登録が無料な上に、個別相談などのサポートも充実しているのでフリーランスの方は登録しておいて間違いありません。

あわせて読みたい

月収50万超も夢じゃない!フリーランス向け求人サイトまとめ【オススメ順】

デザイン歴10年の私からの、デザインを勉強するにあたっての4つのアドバイス

最後に私から、デザインを勉強する上での4つのアドバイスをお伝えします。

①教本や座学などインプットはそこそこに!

知識をインプットして、できるようになった気でいると危険です。

こちらの記事で独学にオススメのデザイン本を紹介していますが、最も大切なのは「インプットからのアウトプット」です。

関連記事独学でWebデザイナー目指すなら必読のおすすめデザイン本5選

②まずは実際に手を動かして、つくってみる!

頭でわかっていても、やってみると意外とできないものです。
だからトライ&エラーが大切なんです。

③作ってみたら、人に見てもらう!

最初は自分だけの感覚にたよらず、作品をみせて感想をもらいましょう。
デザインはアート(自己表現)ではありません。

”他者の知覚”が最も大切です。

個人的に良いと感じるデザイン<他者に伝わるデザイン

これを忘れないでください!

④評価を参考に、またつくってみる!

あらためて教本を読んだり、良いデザインと自分の作品を比較し、また作りましょう。

このくり返しだけです。他のどんな仕事も、同じですね。難しく考えることは何もありません。

結論!フリーランスとして活動する上で、デザインの勉強が役に立つということ

デザインを勉強することで、フリーランスが得られるものがわかりましたね。デザイン力を身につけることで

  • 発信力・表現力・伝達力が高めよう
  • 外注費コストカットしよう
  • フリーランスとしての仕事の幅が広げよう

といったメリットが得られます。ぜひデザインを勉強してみてください!

皆さんのすてきなフリーランス・ライフと成功を応援してます♪

1ヶ月で集中してWebデザインを学びたい方は「Webcamp」をオススメします。無料の説明会も行ってますので、気になる方はこちらの記事もあわせてお読みください▼

あわせて読みたい

最短最速でWebデザインを学ぶためWebCampに通ってみた

 

この記事をかいた人

zicco

旅と語学を愛しマルチリンガル(日・英・韓・西・中)に生きる。
お仕事はグラフィックデザイナー・イラストレーター・日本語教師・飲食接客サーバー・Webライターなど。
好きな場所で、好きな人と、命を燃やす。

旅と語学のサロン 主宰
日韓女子会KJG 主宰
初心者向け!フォトショップ・イラストレーター講座
ポートフォリオ

お仕事のご相談はコチラ まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA