スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

イラスト by ほしうめスルメ

稼げるスキルはあるのに仕事(案件)を獲得できないために食えてないフリーランスは多い

 

お金を稼げるスキルだけ持っていても仕事(案件)を獲得していかなければ、お金は稼げません。そして実際にスキルはあるのに案件を仕事を獲得できずに食うのに困っているフリーランスは山ほどいるわけです。

営業・マネジメントも含め全て自分でやらないといけないのがフリーランスの難しいところでもあり,醍醐味でもあります。というわけで現役フリーランスによる「仕事の探し方・案件獲得方法」を解説していこうと思います。

フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法

1.フリーランス向け求人サイト(クラウドソーシングサイト)から案件を受注する

 

特にWebライター、デザイナー、ITエンジニアなど、手に職を持ってるフリーランスの仕事獲得方法として代表的なのが「求人エージェント(クラウドソーシングサイト)」の活用です。

求人エージェントとはフリーランスに案件を依頼したいクライアントと、案件を受注したいフリーランスを繋げてくれるエージェント会社やプラットフォームを指します。

間にエージェント会社が入ってるため手数料を引かれだ額が報酬になりますが、ディレクションを担当してくれたり、給料未払いといったトラブルが発生したときは対応してくれるなどのメリットがあります。

また最近では、社会保障・信用の低いフリーランスのために登録してるだけで保険を提供してくれる求人エージェントも存在します。

特にフリーランス独立初期の段階ではコネクションが少なかったり、案件獲得までの知識が薄いため、こうした求人エージェントは案件獲得に大いに役たちます。スキルを磨きつつコツコツ実績を積み重ね、フリーランス活動を大きくしていくのが理想です。

オススメのフリーランス向け求人サイトをまとめて紹介した記事はこちらです。上手く活用すれば、いきなり月収50~100万円も難しくありません。

関連記事:月収100万超も夢じゃない!フリーランス向け求人サイトまとめ【オススメ順】

2.友人から直接依頼を受けるor 仕事やクライアントを紹介してもらう

 

フリーランスになるとよくあるパターンが「友人づてに仕事やクライアントを紹介してもらう」というケース。仲の良い友人から直接仕事を頼まれたり、知人から案件を紹介してもらったり、クライアントを繋いでもらうことも多いです。

フリーランスになってから「持つべきものは友だな〜」と強く感じます。もちろん友人からの紹介だと友人の信用を落とすわけにはいかないので慎重に案件を進める必要はあります。「紹介」は時としてリスクのある行為でもあるので

  • 挨拶、マナーは最低限しっかりする
  • 締め切りを守る
  • 仕事のスピードを意識(即レスなど)
  • 納品時のクオリティに気をつける

は特に気をつけましょう。

また、友人づてに仕事やクライアントを紹介してもらうために活用できるのが「コミュニティ」です。いま流行りのオンラインサロンではサロンメンバーの間で仕事を回しあっています。実際に僕も自分のサロンメンバーに仕事をお願いしてます。

フリーランスとして独立する前にどこかのコミュニティに所属して、人の繋がりを作っておくことをオススメします。

関連記事:フリーランスとして独立することが不安な人は「心の拠り所」を作っておこう

3.地道な営業活動をして仕事を獲得する

 

これまでフリーランスが案件を獲得する方法として一般的だったのは「直接営業」でしょう。

  • 異業種交流会に参加し、交換した名刺に片っ端から連絡
  • 作ったチラシをポスティング
  • 自分と相性な良さそうな企業をリストアップし、営業メール

これらの営業活動は今すぐにできて、即効性が高いのが特徴です。特にいち個人として活動ふるフリーランスが法人相手に仕事するにはある程度の営業活動は必要でしょう。

しかし注意ですが、営業活動だけに時間を割くのは非効率だと思ってます。作業効率と成果に限界があるからです。

関連記事:フリーランスには人脈が必要?異業種交流会に参加しても無意味な理由を話す

詳しくは動画でもどうぞ。

 

不特定多数相手に営業するのであれば「Web上での発信・集客」は欠かせません。フリーランスこそ、自分の活動や実績をWeb上で発信していきましょう(次の見出しに続きます)

また、フリーランスが営業活動を成功させるために、まずは逆にクラウドソーシングサイトなどで仕事を発注して参考になる営業の型を真似ることをオススメします。詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

関連記事:営業下手なフリーランスにオススメ!仕事を取りたいならまず人に仕事を発注しよう

4.情報発信活動を通してWeb上から仕事を受注する

 

最後は営業活動と異なり、Web上で自ら情報発信をし、人を集めて仕事を受注する方法。つまりSNS・ブログ(オウンドメディア)を使った発信活動(コンテンツマーケティング)です。

独立前に会社員をしながらブログで情報発信をしていた僕は、その地道な発信活動のおかげで、フリーランス独立初期から仕事のほとんどをWebから受注することができました。

上手く行けば一切営業活動することなく案件を受注し続けることができますが、どうしてもたくさんの人に自分のブログやSNSを見てもらえるようになるまでに時間がかかるのがネックです。

③の「営業活動」と並行しながら地道に自分の発信力とブランド力を育て、Web集客中心に切り替えていく…という形がベストでしょう。フリーランスであれば、自分の活動実績をまとめた「ポートフォリオ」を作成して自身のホームページやSNSに公開するのはマストです。

個人の発信力を鍛えるブログメディアの作り方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:【noteマガジン】プロ無職はなぜブログで上手くいく?ブログで飯食うための戦略術

関連記事:1週間で1000人増!Twitterのフォロワーを増やすためにやった16のこと【完全保存版】

「仕事を依頼されるフリーランス」になるために押さえておきたいこと

 

フリーランスの「仕事の探し方・案件獲得方法」について解説してきましたが、仕事を依頼されるための「仕事に対するスタンス・ポリー」も必要だと感じてます。

ただ単にクライアントから依頼された仕事をこなしてるだけでは、リピートに繋がらず、継続的な売り上げを作ることができません。

仕事を振られる(依頼される)フリーランスになるための方法は実はシンプルで、「誰でもできることを誰にもできないくらい継続する」だけなのです。以下の4つは特に意識して仕事していきましょう。

  1. クイックレスポンス
  2. 120%の成果で返してくれる
  3. 発注者の意図を読み取る
  4. 言われた通りに仕事をくれるだけでなく意見もくれる

詳しくはこちらの記事をお読みください

関連記事:この4つを抑えろ!仕事を依頼したくなるフリーランスの特徴とは?

仕事を依頼してもらうのも大事だが…自らの手で仕事を作れるフリーランスにもなろう!

 

「仕事を依頼されるフリーランス」になることも大切ですが、それだけだとクライアントワークに圧迫されて納期に終われる日々を過ごすことになってしまいます。実際、締め切り地獄に追われて毎日ヒーヒー言ってるフリーランスの友人もかなり見てきました。

フリーランスに大切なのは「バランス」です。収入の100%をクライアントワークに依存しないように、自らの手で仕事を生み出せるフリーランスになりましょう。

「世の中にないものを仕事にすること」を体現してる僕なりの「フリーランスとして自分で仕事を作れる人材になるためのサイクル」はこちらです。

  1. 学ぶ(インプットする)
  2. 発信する(アウトプットする)
  3. たくさんの人に信用される
  4. 信用が現金化される
  5. 稼いだお金で上質な学びに再投資する

関連記事:食えないフリーランス必見!お金を稼ぐための5つのサイクルを紹介する

このサイクルを意識して活動していけば、自ら仕事を作り出せるフリーランスに自然になれます。僕もこれまで「スマホ1台旅」や「100人取材プロジェクト」といった企画を自分で作り、法人営業を通してマネタイズしてきました。

 

これからのAI時代、ただ人から依頼された仕事をこなしてるだけでは危険です。自らの手で仕事を生み出せるクリエイティブさを持ってるフリーランスの価値はますます上がる一方なので、この辺も意識していきましょう。

関連記事:フリーランスとして自分で仕事を作れる人材になるための3ステップ

フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法 まとめ

 

  • フリーランスの仕事の探し方から案件獲得方法 4つ
  • 仕事が依頼されるフリーランスになる方法
  • 自分で仕事を作れるフリーランスになる方法

について詳しく解説してきました。

「スキルはあるのに営業下手で仕事を獲得できない…」「フリーランスになったのに売り上げが全然伸びない…」と悩むフリーランスの方はぜひ参考にしてみてください!

「そもそもお金を稼げるスキルを持ってない!」という方はこちらの記事を参考にしてスキルを取得していきましょう。

関連記事:現役フリーランスが推奨!本当にお金が稼げるスキルと職種、取得方法まで完全まとめ

 

スキルも何もなかった僕がフリーランスとして独立するまでの過程をまとめた記事も、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事:【完全まとめ】無能会社員からフリーランスになるためにやった全てのこと

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から