フリーランス3年目に入ります、るってぃ(@rutty07z)です。

さて、フリーランスをしているとよくされる質問が

フリーランスで仕事Getしていくためには人脈が必要なんでしょ?」

「結局コネが全てだよね…」

 

と。僕なりの意見を言うと、「人脈はあるに越したことはないけど、仕事のために作る必要ない」です。詳しく説明していきます。

動画で見たい方はこちら▼

 

異業種交流会にあるのは「薄い人間関係」だけ。仕事に繋がる人はいない

「フリーランスは人脈が全て!異業種交流会で名刺配りまくって仕事貰いまくるぞ〜」なんて考えてる方は要注意。

異業種交流会など行ってもムダで、交換した名刺とFacebookに無駄な薄い友人が増えていくだけです(そして名刺に載せたメアドが勝手にメルマガに登録されているでしょう)。

来てる人は友達や出会いを求めに来たわけではなく、ビジネス的な繋がりを求めに来てるわけですよね。も全員が全員そうではないし、クライアントも見つかるかもしれませんが、圧倒的にコストパフォーマンスは悪いです。フリーランスなら、他にやるべきことはいくらでもあります。

任された仕事を100%の力で納品する。フリーランスはそれだけ

 

結論これです。本気で仕事を納品すればクライアントは必ずあなたを気に入ってくれて(ファンになってくれて)リピートしてくれます。

最終的に何が言いたいかというと、「仕事を作るための人脈広げる作業より、目の前の仕事本気でやれや」ということです。そしてそれを発信して、「何なら向こうからお願いされるくらいの人材になった方がはえーよ」という話。

「まずそもそも仕事がない」というフリーランスは、今の時代、クラウドソーシングサイトや求人エージェントに案件ゴロゴロ転がってます。ここに人脈という要素は関係ありません。まず案件を受注し、依頼された仕事を100%の力で納品すれば必ずリピートに繋がっていくはずです。

月収50万超も夢じゃない!フリーランス向け求人サイトまとめ【オススメ順】

フリーランスは人脈作りよりも「スキル磨き・発信力強化」を疎かにしないこと

 

営業活動も時には大切ですが、スキル磨き・コンテンツ制作・発信を疎かにしてるフリーランスが多気がします。異業種交流会で繋がった薄い人間関係培ってくよりも、本気で信頼しあえる仲間やクライアントさん見つけていったほうがいいですよ、という僕の意見です。

人に頼られるスキルさえあれば、仕事を獲得するために無理に人脈を広げに行く必要もありませんし、発信力もあれば、仕事の依頼が向こうから飛んできます。そこは絶対に見失わないようにしましょう。

スキルを身につけるなら→仕事に困らないフリーランスになるために身につけたい9つのスキルまとめ

発信力鍛えるなら→編集長を育てるマガジン・ライター育成マガジン