フリーランスが陥る罠。個人事業主は全く自由な働き方ではない

フリーランス2年目に突入しました、るってぃ(@rutty07z)です。

フリーランスという働き方は

  • 組織から解放され自由に働ける
  • 好きな場所で働ける
  • 働く時間やスケジュールを自由に決められる

 

といったイメージから「自由業」と思われる方がいらっしゃいますが、これは大きな勘違いです。

「フリーランス=自由業」と勘違いされている人があまりにも多いので、現役フリーランスの僕の方から物申したいと思います!

フリーランスが自分でしなければいけないこと

 

独立したフリーランスは基本的に、業務を全て自分1人でこなさなければいけません。

  • 本業の業務
  • 営業活動
  • メディア運営
  • 会計管理
  • 時間・タスク・スケジュール管理
  • 外注先との連絡・管理
  • 確定申告
  • 健康診断 etc…

挙げればまだまだあると思いますが、独立直後のお金に余裕がない時期は、これら全てを1人でこなさなければいけません。

フリーランスは会社員と同じ「労働所得」で動いている

 

「フリーランスになれば自由になれる!」と思ってる方が多いですが、所詮フリーランスも働いたら働いた分お金が稼げる、「労働所得」で生きているのに過ぎません。

これは「金持ち父さん、貧乏父さん」でお馴染み、ロバート・キヨサキの「キャッシュフロークワドラント」です。

出展:その方法でネットワークビジネスしていたら金持ち父さん?いえ、孤独死です

 

今ではネットワークビジネスでよく使われてるらしいですが、フリーランスしてる身からするとこの図は真理だと感じます。

図の左側にいる「従業員(サラリーマン)」「自営業(フリーランス)」収入が上がるに伴い労働時間も増えていく働き方です。

そして休めば当然収入も減ります。有給休暇なんてありません。

フリーランスは決して自由ではない

 

フリーランスとして独立すると、先ほど挙げた業務を1人で行っていかなければいけません。

そして勘違いしがちですが、収入を上げるには労働時間を増やさなければけません。

これのどこが自由でしょうか?

しかも、サラリーマンであれば成果が得られなくても時間給のため、給料はいただけますが、フリーランスに過程は全く関係ありません。結果が全ての残酷な世界です。

合わせて読みたい

フリーランスは結果が全てのサバンナの世界

 

様々な悩みを持って、「フリーランスとして独立したい」と考える人が多いかもしれませんが、「フリーランスになる=自由になる」という認識はまず捨てることをオススメします。

痛い目に遭う可能性がありますよ!

僕は前々から「サラリーマン+複業が最強!」と口うるさく言ってます。

 

合わせて読みたい

フリーランスよりも最強の働き方は「サラリーマン+複業」で異論なし

フリーランスが陥る罠に気をつけよう

 

「自由になろう!」と思って、フリーランスとして頑張れば頑張るほど自分の首を絞めてしまうのが、フリーランスが勘違いしてる罠です。

フリーランスはサラリーマンと同じ「労働所得」です。

もしあなたが本当に「自由」を目指すなら、右側の「ビジネスオーナー」か、「投資家」を目指さなければいけません。

 

独立を考えている方は、脅かすつもりはありませんが、しっかり考えてみてください。

現在フリーランスで、働けば働くほど自分の首を絞めてしまってる方は、こちらの記事がおすすめです。今なら無料で良いヒントを与えてくれます。

合わせて読みたい

【無料】労力を減らして稼ぐお金は最大化する本「インターネットビジネスマニフェスト」

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事