「ふるさと納税をしてみたい」

「ふるさと納税サイトを使ってお得な返礼品を見つけたい」

 

節税対策にもなり、寄付した自治体からお得な返礼品がもらえることで話題なのが「ふるさと納税」です。税金の使い道を自分で決められ、気軽に社会貢献ができると話題を呼んでいます。

ふるさと納税ができるポータルサイトはいくつかありますが、サイトごとに特徴があるのをご存知でしたか? 今回は、オススメのふるさと納税サイトの1つ「ふるなび」について詳しく解説していきます。

そもそも「ふるさと納税」とは?

ふるさと納税とは、実質負担2,000円で、故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度のこと。寄付をすると、各地の特産品などが受け取ることができます。

寄付が負担分を超えた場合、所得税と住民税から引かれるので、本来は納税をしても何ももらえませんが、実質2,000円で各地の名産日品を受け取ることが可能です。

関連記事:【比較検証】オススメのふるさと納税サイト5つと賢い使い方を紹介

ふるさと納税サイト「ふるなび」とは?その魅力他サイトとの違いを徹底解説!

 

「ふるなび」は、東証マザーズ上場企業である(株)アイモバイルが運営するふるさと納税サイトです。家電類・商品券・感謝券・旅行券など換金性の高い金券類が豊富に取り扱われています。

ふるなびは他のふるさと納税サイトどのように違うのか。そして利用するとどんなメリットがあるのかご紹介します。

ふるなびの魅力1:電化製品の取り扱いが多い

「ふるなび」の特徴のひとつとして、パソコン、テレビ、掃除機など実用性の高い電化製品の返礼品が揃っています。

総務省が2017年4月1日付で全国の自治体に、返礼品を寄付額の30%程度に抑えるよう要請したため自粛するサイトも多いですが、ふるなびでは電化製品などもゲットできるようです。

例えば、新潟県燕市の全自動コーヒーメーカーや福岡県行橋市のiPadなど、約1100点の家電を取り扱っています。他サイトとは少し違った返礼品を選びたい人にはオススメです。

ふるなびの魅力2:12月31日まで!Amazonギフト券プレゼントを1%→2%に増量中!

なんと「ふるなび」では、クレジットカード決済で寄付額に対して還元率1%のAmazonギフト券コードがもらえます。クレジットカードのポイントも獲得できるので、ダブルでお得です!

Amazonギフト券コードをもらうためには、3つの条件があるので押さえておきましょう。

  1. ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

引用;ふるなび公式サイト

 

そして今なら12月31日までの期間限定で、還元率が通常1%→2%にアップ中! 自治体によっては最大11%に増量してプレゼントされるので、破格の還元率ですよ。

ふるなびの魅力3:ギフト券は返礼率約50%と高還元

「ふるなび」は他のふるさと納税サイトと違い、還元率の高い商品・ギフト券も多数揃っているのが特徴です。

平均還元率は約50%!レビュー数の多いサーティワンの「アイスクリームギフト券」(500円×8枚)も寄付金額1万円に対し、4千円なので還元率40%とかなり高いです。

他のふるさと納税サイトと比べた「ふるなび」のデメリットは?

レストランや旅行にもふるさと納税制度が使える「ふるなび」ですが、デメリットや注意しなければいけない点もあるので、利用する際は気をつけましょう。

ふるなびのデメリット1:登録自治体数や返礼品数が他サイトに比べて少ない

ふるなびの登録自治体数は約220、返礼品数は約32,000店ですが、一方、他の400以上の自治体が登録されているふるさと納税サイトも存在するため、利用できる自治体や返礼は少ないです。

 自治体数返礼品数メリット
ふるなび219約32,000高還元率
さとふる535約57,000最短1週間で返礼品が届く
楽天ふるさと納税480約4万楽天ポイントがもらえる
ふるさとチョイス1,788(全自治体)約20万ふるさとチョイス公式ポイント制
F-style1495ブランド雑貨の返礼品

より多くの返礼品を選びたい方には不向きかもしれません。まあ、選択肢が多くなってしまうとその分迷ったり、時間はかかってしまいますが!

ふるなびのデメリット2:納める税金の金額が高くなる

後ほど紹介する「ふるなびグルメポイント」や「ふるなびトラベル」も寄付の下限が2万円で、貯めたポイントも足りなければ利用することはできません。もし家電が欲しい場合も、寄付金は高額になるのも痛いところ。

寄付可能額が1~2万円と少ない方には不向きと言えます。

さらに、ふるなびグルメポイントが使えるお店の料金表示は、1人あたりの値段です。実際は2人以上でないと使えないお店ばかり。ポイントが足りない場合は残りの料金を自分で払うため、かなり高くなってしまいます。

ふるなびの12月のオススメ返礼品を紹介!

「ふるなびの魅力は伝えてきた通りですが、「どの返礼品を選ぼうか迷う…」という方もいらっしゃると思います。

そこで、ふるなびに掲載されている12月のオススメの返礼品をご紹介します!

1.Amazonギフト券 寄付金額25,000円(1万円分)還元率:40%

なんとAmazonギフト券がふるさと納税の返礼品として登場…笑

静岡県小山町の返礼品で、ギフト券があれば、Amazonサイトでほぼ何でも購入ができます。Amazonには多くの世の中に流通する多くの商品が出店されているので、実質2000円の寄付で好きなものを購入できるということになります。

大人気で早期終了の可能性もあるので、早めに探してみましょう。

2.日本旅行ギフトカード 寄付金額20,000円(1万円分)還元率:50%

こちらは和歌山県高野町の返礼品である日本旅行のギフトカード。

有効期限がなく、全国の日本旅行の各支店・店舗で使用できるのが魅力です。

インターネットで予約は可能ですが、直接「日本旅行ギフトカード」で決済はできません。予約画面にある旅行代金の決済方法選択で「電話で相談」を選び、予約完了後に受付箇所に電話、「お電話で予約する場合」と同様にカード番号とPINコードを伝えましょう。

3.ダイソン: Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12 FF 寄付金額300,000円 (還元率:19%)

大阪府熊取町の返礼品。

高い吸引力のサイクロン掃除機として有名なダイソン社の商品です。デザイン性と品質の高さからお値段も高額なので、出品されてすぐ品切れになるほど人気があります。

高額の寄付ができる人なら実質2000円でダイソンの掃除機が手に入るならお得ですよね…!

その他のふるなび関連サイト一覧

「ふるなび」には、いくつかの関連サイトが存在するのでご紹介します。

1.高所得者向けふるさと納税代行サービス「ふるなびプレミアム」

年収2千万円以上の年収が高い方が対象の、ふるさと納税一括無料代行サービスが「ふるなびプレミアム」です。忙しい高収入の方にとっては、まとめて大きな寄付をするとギフト券などで還元してもらえるので人気です。

ふるなびを運営するプロフェッショナルが、肉や魚介類、米、フルーツ、旅行で使える感謝券など、多数の返礼品から魅力的なものだけを厳選して提案してくれます。

さらに、コンシェルジュが希望・要望にあわせて、お得な寄付プランを提案。プランに追加や変更の要望があれば伝えるだけでOKです。

2.名店での食事に使える「ふるなびグルメポイント」

ふるさと納税で行った寄付金額の30%分のポイントが付与されるサイトが「ふるなびグルメポイント」です。

取得したポイントは、東京・神奈川・名古屋・大阪の8つの名店での食事に利用できます。差額は別途支払えば問題ありません。

ふるなびグルメポイントは2万円以上の寄付から申込みが可能で、6,000ふるなびポイントをゲットできます。即日ポイント発行で、有効期限はないので翌日からすぐに対象のレストランで使えるのも嬉しいですよね。

[btn class="rich_pink"]「ふるなびグルメポイント」はこちら

3.寄付した自治体へポイントで旅行ができる「ふるなびトラベル」

「ふるなびトラベル」は旅行や地域の特産品のお土産や観光施設でのアクティビティにも使えるサービスです。大手旅行会社の「日本旅行」と提携し、ふるさと納税の寄付金に応じたふるなびトラベルポイントが付与されます。

取得したポイントは甲信越、東海、近畿、中国地方の41地域の提携自治体の旅行プランで利用できます。こちらもポイントの有効期限はないので、今後提携自治体に行きたい場所が出てきたときに使うのもオススメですよ。

まとめ 「ふるなび」は高所得者の方にピッタリ

いかがでしたか? 「ふるなび」は、Amazonギフト券やクレジットカードのポイントがもらえるなど、ふるさと納税をお得に活用したい方には向いているサイトです。

〜「ふるなび」のメリット〜

  • 電化製品の取り扱いが多い
  • 12月31日まで!Amazonギフト券プレゼントを1%→2%に増量中!
  • ギフト券は返礼率約50%と高還元

特に、控除の上限が多い方に魅力があるポータルサイトなので、皆さんも「ふるなび」をぜひ活用してみてくださいね。

この記事をかいた人

maria

24歳熊本のフリーモデル×ライター ▼地方経済雑誌記者と営業を経験後、フリーランスに転身。睡眠・ドローン・企業戦略の記事執筆しています。文章の要約・校正が得意です▼@rutty07z Instagram記事作成 / ブログキュレーション、今日のツイート担当 ▼東京⇆熊本