【就活解禁】日本企業ってどんなバカでも給料払って1から育ててすごいよな


フリーランスしてます、るってぃ(@rutty07z)です。

2018年卒の就職活動がいよいよ3月1日から解禁になりましたね。
内定に向けて就活の準備を始め出した学生さんが多いと思います。

自分自身も3年前に(一応)就職活動していたのが懐かしいです。

今回は自分への自責の念も込めて、就活生と就職活動に関して言いたいことがあります。

参考文献はインベスターZです。

日本は学生にとって就活天国

インベスターZ、4巻のこのページが好きです。

 

みなさんは「日本の大学」に対してどのようなイメージをお持ちですか?

僕自身もそうだったのですが、入学試験さえ頑張って大学に入ってしまえば、あとは「人生の夏休み」と言われています。

特に「将来就職やお金を稼ぐのに役立つようなスキル」を養うわけでもなく、テスト期間だけ単位が取れるように頑張れば、あとはサークルに旅行に、遊びまくることができます(特に文系のイメージ)。

 

そして就職活動のシーズン。
皆黒いスーツに黒い髪型、話し方もぱっちり揃えれば受かります。

日本の企業は、経験もスキルもない学生を採用してくれる、まさに就活天国。

これは世界を見てもありえません。実力主義の欧米ではスキルを持った即戦力採用のみ。

上手く面接をパスできたとしても、結果を出さなければぱっさりクビを切られます。

利益を1円も生み出さない未熟者でも給料を払いながら育ててくれる

 

日本企業のすごいところは、何もスキルを持ってない「利益を1 円も生み出さない」学生でも受け入れてくれて、そして1から丁寧に育ててくれるということ。しかも給料を支払いながら。

しっかり新人研修を設けて、成長できるステップアップが組みこまれてます。

 

世界を見るとこんな非効率極まりないことありません。

スキルがないのに就職活動で文句を言うのは自分が悪い

日本の企業はスキルもない、1円の利益も生み出さない学生を受け入れてくれて、給料を支払いながらきちんと育ててくれる。

シリコンバレーなど色々見てきましたが、こんな恵まれた環境はそうありません。

ヨーロッパ諸国などの経済不況を見ていると、日本の学生であるだけで、本当に恵まれてるなと僕自身感じました。

スキルも専門知識もないのに、「大企業に行きたい」とか「働いてるのに会社しんどい」という文句は、ちょっと通用しないかなと感じます。

文句があるなら、学生のうちに「雇われる以外で」お金を稼ぐスキルを身につけてください。嫌なら会社辞めて独立すればいいだけです。

けれど、安定してお金を稼ぐスキルがないから仕事が辞めれないんです。
日本はお金に関する教育が組み込まれてませんから。

合わせて読みたい

日本人に圧倒的に足りない「雇用される以外」でお金を稼ぐ力

実際に人を雇ってみて日本企業の採用システムと就活がすごいと感じた

フリーランス(個人事業主)として1年やって、2年目からお手伝いさんを雇ってみて色々と痛感してます。

今の日本の就活システムのような、何のスキルもない学生を雇って1から育てながら、年に3~400万近く支払うなんて「正気の沙汰じゃねえな」と感じます。

自分より能力上の即戦力ならまだしも、絶対そんなことできない。

これから学生に必要なのは「お金を稼ぐスキル」やアピールできるほどの「専門知識」。

この記事を読んでくれた学生さんは、是非身につけて欲しいと感じました。

合わせて読みたい

仕事に困らないフリーランスになるために身につけたい7つのスキルまとめ

The following two tabs change content below.

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事