スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

先日僕のLINE@に届いた質問がこちら▼

読者

これからの日本で、ライブストリーミングが流行ると思いますか?

また流行るとるってぃさんも読んでいるとしたら、 るってぃさんの活動が「ブログ→YouTube→ライブ配信 」と主力が移ってく可能性はありますか?

これに対する僕の意見としては「流行る」で、特に今の10代を中心にライブストリーミングが主流になっていくと思います。

そして通信インフラが4Gから5Gになった時、さらにはライブ世代の年齢が10代から20代になったタイミングで大流行するのではないか、と読んでます。

特に今の中国ではライブ系サービスの勢いがすごく、アメリカでも流行しております。ただのライブストリーミングだけでなく「ECサイト+ライブ」というような、ライブストリーミングとの組み合わせが様々な業界で起こると予想。

 

LINEすらもめんどくさい。「ネットで常時繋がった世界」は訪れるか

今日本ではインスタのストーリー機能(ライブではないが、リアルタイムに近い体験共有)が特に人気で、10代の連絡手段がLINEのメッセージからインスタのDMに連絡手段が移り変わってるとの声も聞きます。

 

インスタを本名でやってる子なら検索すればいいし。あと、友達になるのって、だいたい「友達の友達」だから、勝手に「友達かも」って出てくる。

そういう、いつのまにかインスタでつながって、なんとなく連絡をとりあう感じになってる。LINEだと「交換しよう」ってやらないといけない。

ツイッターですか? ツイッターは周りの子は全然やってない。わたしも何ヶ月もほぼ開いてない。ツイッターは文字ばかりで疲れるんですよ。

インスタはパッと見ただけで伝わる。ツイッターが新聞か雑誌だとすると、インスタは写真集みたいな感覚ですかね? それくらい違いますよ。

出典:インスタ女子が語る「LINE衰退説」 ストーリー起点からの「脱線おしゃべりDM」がチャットアプリの入る隙間を潰している話。

この「いつのまにかインスタでつながって」というのが大事な部分。

あれだけ手軽に送れるLINEすら衰退しているというのだから、今後我々が求めるのは「ネットを使った常時接続された世界」ということです。つまり、誰々と連絡先を交換してメッセージのやりとりすら介さない状態。

これは日本のライブ配信サービス「SHOWROOM」を作った前田さんが著書で語ってたのですが、「友達の家にいるのに、話さず漫画を読んだりゲームしてる状態」というやつです。

 

友達の家にいるのに特に話さない、けれど何かあったらすぐに話しかけられる絶妙な距離感。今までオフラインでしかそれはできなかったけど、通信環境が5Gに入れば「ネットで世界中の誰かと常時繋がった状態」というのはありえない話ではありません。

たまに、何かを話すわけではなく化粧中暇だからライブ配信する人、仕事の作業風景をただライブ配信してる人を見かけますが、イメージ的にそれを1日中やってる感じです。

ライブで求められてるのは「不確実性」と「コミニュケーション」

そしてなぜライブ配信がおもしろいのかというと、「不確実性」「コミュニケーション」の要素が大きいからと言われています。

インターネットがない時代、テレビや新聞などのマスと個人は完全に別れた存在で、「一方的に発信される状態」にありました。

それがネットが発達し、ブログやYouTube、SNSを使って個人がだれでも発信できる時代になりました。テレビなどがクオリティの高いコンテンツを発信する中で、個人が身近で親しみやすいコンテンツや、テレビではできない体験を発信する。それが今の時代です。

 

しかし、発信される内容は「編集されたコンテンツ」。つまりテレビまでとはいわないけれど作り込まれた世界。それを生まれた時からiPadで見せられてた世代は確実に「飽き」がくるのです。

そしてなぜ今ライブストーミングが求められているのか?

1つめは「不確実性」です。ライブは編集で完成されたコンテンツではなく「何が起こるかわからない」不確実性を含むコンテンツ。これはメタップス佐藤さんの著書「お金2.0」に書かれてましたが、人間は不確実性を無意識的に求めるため、その要素を含ませることが成功の秘訣となります。

そしてもう1つが「コミュニケーション」。編集されたコンテンツでは、動画やブログを見たユーザーがコメントを投稿し、それを発信者がリプライしたり、質問に答えるなどが普通でした。しかしそれには若干のタイムラグが発生します。

 

ライブストリーミングであればユーザーの質問やコメントがリアルタイムで返されたり、人気の配信者になると、「放送中にコメントを返してもらえるのがステータス」になるので、ユーザーが課金したり、あの手この手で反応をもらおうと必死になります。

ライブストリーミングが主流になるなら、「おもしろい奴」が強い

仮にこれからライブストーミングが流行し、ブログやYouTubeを越す主流SNSになるとします。するとどういう人が求められるかというと

  • 不確実性に対応できるアドリブ力を持つ人
  • 人を惹きつけるスキル(トーク力や歌唱力など)を持つ人

つまり、コミュニケーション能力が高くおもろい奴が強いのでは、と僕は結論づけるわけです。

今は世の中にある情報を上手く編集し、おもしろいコンテンツに変えて発信できる人が強いです。

 

まだこの「DJ最強時代」が続くと思いますが、上手く編集されてない不確実性とコミュニケーション性が高いライブ配信がSNSの一つの選択肢として台頭してくると予想します。

個人的に「ブログ→YouTube→ライブ配信 」と主力が変わると思ってなくて、選択肢が一つ増えるだけだと思ってます(これだけYouTubeが流行ってるのにブログの需要は高いわけですから)。

結局、コミュ力は絶対必要。

 

よく「起業したいんですけどコミュ力って必要ですか?」と聞かれるんですけど、必要か必要じゃないかと聞かれれば絶対あるに越したことはありません。

やっぱりコミュ力高い人はあらゆるシーンにおいて重宝されますし、ビジネスも強いです。しかし中にはコミュニケーションが苦手な人もいます。苦手な方はネットを駆使して、リアルで人に会わずともネットコミュニケーションが上手ければどうとでもできました。

しかし5Gで人が常時ネットで接続された世界でライブストリーミングが主流になると、コミュ力高い人がまた強くなるのかなぁ、と予想します。

だからといって「こうやればコミュ障は改善できる!」とか具体的な方法はないんだけど、おもろいやつがこれからもっと強いっての確実だと思ってます。キンコン西野さんを筆頭に、最近お笑い芸人さんのビジネスシーンでの活躍がすごいし。日頃からお笑いライブしてる彼らにライブ配信やらせたら確実におもろいでしょ。

というわけで、これからライブストリーミングを含めたこれから求められる強い人について長々と書きました。

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA