スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

  • 毎月目標やTodoリストを作るけど達成した記憶がない
  • 色んな業務を抱えすぎてどこから手をつけていいか分からない
  • やることはたくさんあるのにダラダラ毎日過ごしてまう

 

こんなお悩みをお持ちのみなさん、その悩み、解決させてみせます。

こんにちは。プロの無職をしながら自分でマーケティングからコンテンツ作り、Web発信を行ってます、るってぃです。

全体的に胡散臭いワイのプロフィールはこちら

 

夢や目標を持つことはとても素晴らしいことだと思います。しかし、全員が全員その目標を実現することができないのが現実ですよね…。僕の体感的に立てた目標を実現できる人とできない人の違いは、

  1. 立てた目標を達成するための「するべき作業量(Todo)」を把握できてない
  2. 作業量(Todo)を洗い出したとしても、業務を「見える化」できず、どのTodoがどこまで進行しているのか途中で分からなくなる

この2つだと僕は分析します。

「今の会社を独立して好きなことを仕事にして生きたい」とか、「世界一周に行きたい」、「月収100万円いきたい」といった夢や目標は持っているけど、いつまで経っても達成することができません。

なぜなら上記2つが明確でないし、下手だからです。この記事では月間目標とスケジュールの立て方から、Todoリストへの落とし込み方について解説していきます。




目標を達成するためには作業を「やるかやらない」まで落としこむことが重要

 

まず、人は「なぜ行動するか」を考えてみましょう。なぜ私たち人間は「食べる」という行動をするのでしょうか?

それは食べなかったら死ぬからです。

とても当たり前のことを言ってますよねいま。

では、なぜ人は目標はあるのにそれを達成できないのでしょうか?それはやるべき作業量を

「やれば目標は達成できる」 or 「やらなければ達成できない」

の2択まで落とし込めてないからです。目標を達成するために大切なことは、やるべき「作業量(Todo)」を「やるかやらないか」の究極の2択にまで落とし込むことが非常に重要になります。

ではここから、月間目標の作り方をステップ毎で解説していきましょう。

7つのステップで分かる「確実にコミットできる月間目標」の作り方

1.具体的な月間目標を立てる

 

まずは具体的な月間目標を立ててみましょう。「具体的に」というのは、できるだけ数字を使った目標のことです。

目標立てが下手な人は、まずこの月間目標の時点でフワッとしてるのです。

できない人の目標の立て方は「来年は痩せる」とか、曖昧なんですよね。できる人の目標はいつも具体的で、逆算されています。

例えば1ヶ月ごとの目標を立てるとして、自分が何を到達したいのか、具体的な数字を使って目標を立ててみましょう。

ここでは例として、【4月 副業で月収30万円稼ぐ】とします。

2.どうやって目標を達成するか「手段」と「数字」を書きだす

 

【4月 副業で月収30万円稼ぐ】という目標を達成するための「手段」と「数字」を、まずは予測で全然いいのでピックアップしていきましょう。

ここでは「副業で月30万円稼ぐため」の例として、4つの手段と具体的な内訳を算出してみました。

 

手段1.ブログで10万稼ぐ!
・アドセンス 2万
・Amazon楽天 2万
・アフィリエイト 6万

手段2.コンサルで10万稼ぐ!
・1万円/時間

手段3.セミナーで6万稼ぐ!
・参加費 3000円/名

手段4.クラウドソーシングのライター案件で4万稼ぐ!
・1本納品あたり2000円

3.立てた手段から必要な作業量を算出する

 

【4月 副業で月収30万円稼ぐ】という目標を実現するためにの4つの手段と内訳を出したので、さらにそれらを達成するための「作業量」を、ここも予想でいいので算出してみましょう。

以下例です。

手段1.ブログで10万稼ぐ!
・アドセンス 2万
・Amazon楽天 2万
・アフィリエイト 6万

→月に記事を20本書く!

 

手段2.コンサルで10万稼ぐ!
・1万円/時間

→ランディングページを作成し30人に営業し受注

 

手段3.セミナーで6万稼ぐ!
・参加費 3000円/名

→1回で10人集客するとして1回のセミナーで3万円(3000円×10)、2回開催

 

手段4.クラウドソーシングのライター案件で4万稼ぐ!
・1本納品あたり2000円

→クラウドソーシングで2000円/本の単価と仮定して、20本納品

【4月 副業で月収30万稼ぐ】という目標に対して、やるべき作業がぼんやり浮かび上がってきました!

4.算出した作業量を「週ごと・日ごと」に落とし込む

 

  1. 月に記事を20本書く!
  2. ランディングページを作成し30人に営業し受注
  3. 1回で10人集客するとして1回のセミナーで3万円(3000円×10)、2回開催
  4. クラウドソーシングで2000円/本の単価と仮定して、20本納品

【4月 副業で月収30万稼ぐ】という目標に対して、この4つをクリアすれば、目標も達成できるという仮説のTodoを作りました。

しかしこれだけではまだ甘いです。1ヶ月でこれら4つのTodoをこなすとなると果てしなく難しい気がしますよね?

という訳で、これらのTodoを週ごと(割る4)、日ごと(割る7)します。

 

  1. 月に記事を20本書く!→週に5本、1日0.7本納品
  2. ランディングページを作成し30人に営業し受注→ランディングページ1記事作成(3h)、週に7.5人、1日に1.1人営業
  3. 1回で10人集客するとして1回のセミナーで3万円(3000円×10)、2回開催→2週間に1度、10名規模のセミナーを開催
  4. クラウドソーシングで2000円/本の単価と仮定して、20本納品→週に5本、1日0.7本納品

数字で具体的にやるべき作業量が見えてきました。

5.あとは落とし込んだTodoを「やる」のみ

 

  1. ブログで10万稼ぐ!→週に5本、1日0.7本納品
  2. コンサルで10万稼ぐ!→ランディングページ1記事作成(3h)、週に7.5人、1日に1.1人営業
  3. セミナーで6万稼ぐ!→2週間に1度、10名規模のセミナーを開催
  4. クラウドソーシングのライター案件で4万稼ぐ→週に5本、1日0.7本納品!

あとは落とし込んだTodoを「やれば月30万稼げる!」と信じてやるだけ。やらなければ「月30万円」は絶対に稼げません。

日毎のやらなければいけないTodoが分かったら、簡単そうに思えませんか?それを「やるだけ」ですから。 

そしてここで大切なのは、「月間目標」は別に達成しなくても良いということ。

しかし、自分で立てたTodoに関しては死ぬ気でコミットしてください。立てたTodoがコミットできなかったということは、「自分に負けた」ということです。

これが続くと、あなたの人生は負けっぱなし。月間目標に負けるのはまだしも、立てたTodoすらもコミットできないと、あなたは一生何者にもなれない人生をたどることになります。

ここではあえて厳しい言い方をしておきますが、立てたTodoは絶対にコミットしましょう。

6.月末に結果を検証し、改善案を出す

 

さて、 Todoはやりっぱなしではいけません。

【4月 副業で月30万円稼ぐ】という目標に対してあくまで予想で立てたTodoなので、これが目標に対して正しいTodoだったかどうか、結果と共に検証していきましょう。

結果検証(例)

【4月 副業で月30万円稼ぐ】→22万円しか達成できず…

 

手段1.ブログで10万稼ぐ!→結果7万円、→作業量の「週に5本、1日0.7本納品」はコミット!

・アドセンス 2万→達成
・Amazon楽天 2万→達成
・アフィリエイト 6万→3万

【検証】

ブログ収入は合計7万円。アフィリエイトが目標の半分しか確定しなかった。

 

手段2.コンサルで10万稼ぐ!→コンサル収入10万円達成。作業量の「ランディングページ1記事作成、週に7.5人、日に1.1人営業」も達成!

【検証】

月30人に営業は達成した上に目標額も達成→つまり「月間30人に営業すればコンサルで10万稼げる」ことがわかった。

 

手段3.セミナーで6万稼ぐ!→セミナー収益3万円、作業量の「2週間に1度、10名規模のセミナーを開催」は達成

 

【検証】

2週間に1度開催したが、5名ずつしか集まらず…

【改善】

①5人は集められることが分かったので参加費を倍の6000円にすればいける→そのためにセミナーコンテンツの強化

②参加費は3000円のままで集客人数を増やす→セミナー集客用の記事を書く、営業する→じゃあ何本?→自分のブログのPV数を伸ばし集客力をつける→じゃあ何本?

 

手段4.クラウドソーシングのライター案件で4万稼ぐ→収益は2万円、作業量の週に5本、1日0.7本納品は達成

【検証】

1本あたり2000円と仮定した単価が、実際は1000円だった

【改善】

①おそらく高評価を獲得していけば単価を上げることができる
②記事の生産性を伸ばし、納品数を増やす→タイピングの練習、音声入力・Editツールを導入

7.翌月の目標と作業量を決定する

 

検証結果と改善策を参考に、翌月の達成したい目標を立てていきます。先ほどの例を取って、4月に実施した作業量で「月に22万円」は稼げることが分かりました。

仮に5月の目標も同じ【副業で月30万円稼ぐ】に設定した場合、4月の作業量の1.5倍増やせばおそらく達成すると仮定し、また翌月の目標を作成していきます。

5月作業量(4月の1.5倍)

  1. ブログで10万稼ぐ!→週に7.5本、1日1.07本納品
  2. コンサルで10万稼ぐ!→週に11.25人、1日に1.6人営業
  3. セミナーで6万稼ぐ!→10日に1度、10名規模のセミナーを開催
  4. クラウドソーシングのライター案件で4万稼ぐ→週に7.5本、1日1.07本納品

このように、当初決めた目標に対する作業量さえクリアすればデータが取れます。そのデータを元にまた新たな目標と、それを達成するためのTodo、そして週・日ごとに落とし込んで、後は「やる」のみです。

これを繰り返していけば、確実に成長し続けることができます。

これが僕流の、「確実にコミットできる月間目標の立て方とTodoリストへの落とし込み方」です。

最後に大切なこと&継続する3つのコツ

とは言え、目標とTodoリストを作っても実現できないのが人間の性(さが)…。

最後に、モチベーションを維持しつつ目標を達成するためのコツについて解説します!

1.「目標」はまず達成しなくていい。「Todo」は必ずコミットすべし!

 

先ほども書きましたが、はじめは目標達成にこだわる必要はありません。まずはTodoに対する「結果」を正確に検証するために、出したTodoは死にもの狂いで守ってください。

取れたデータを元に、翌月以降の月間目標とTodoを作成していきます。そして月を追うごとに目標の立て方とTodoリストの洗い出しは正確性を増します。

はじめのうちは「Todoやったのに、全然目標に達しなかった〜」と落胆せず、その取れたデータを元に翌月以降のTodoリストの作成や、改善行動を行っていけば問題ありません。

2.人を巻き込もう

「やるべきTodoを落とし込んだけど、途中でだれてしまう…」「1人だと自分に負けて甘えてしまう…」

そんな人は周りの人を巻き込みましょう。

人は誰かと約束すると守ります。破ってしまうと信用を失うからです。朝7時に起きたいのであれば、朝7時にアポを入れてしまえばいいのです。

フリーランスは特に1人で仕事する事が多く、だれてしまいがちなので、僕もよく人を巻き込んで仕事してます。うまく人を巻き込んで、だれずに立てたTodoを進めていきましょう。

詳しくはこちらの動画でも語ってます▼

関連記事:孤独なフリーランスがモチベーション維持するための3つの方法を紹介

 

3.楽しむことが一番長く続く秘訣!作業をエンタメ化しよう

 

僕もこれまで色んなことにチャレンジしてきたんですけど、結局長続きするのって「自分が本当に楽しんでること」なんですよね。ダイエットとか筋トレとか辛いし、本当はできればやりたくないじゃないですか。楽したいじゃないですか。

でもそんな苦行でも長続きさせるコツは「エンタメ化させること」なんです。

つまり、苦しい工程をいかに楽しいことに落とし込めるか考えること。だいたい途中で折れてしまう人は、エンタメ化できてません。努力しちゃってる時点で負けです。

先ほど挙げた「周りを巻き込む」でも良いと思いますし、僕がよくやってるのは「過程を発信してコンテンツ化すること」ですね。周りから反応もらえるとやっぱり嬉しいですし、モチベーションになります。

辛かった断食も「ブログ記事にするぞ!」というモチベーションで乗り越えましたし、習慣化できました。痛いヒゲ脱毛も頑張って通ってるのですが、コンテンツにして発信してます。

現状維持が一番最悪!立てた目標を確実にクリアしていきましょう!

  1. 具体的な月間目標を立てる
  2. どうやって目標を達成するか「手段」と「数字」を書きだす
  3. 立てた手段から必要な作業量を算出する
  4. 算出した作業量を「週ごと・日ごと」に落とし込む
  5. あとは落とし込んだTodoを「やる」のみ
  6. 月末に結果を検証し、改善案を出す
  7. 翌月の目標と作業量を決定する

というわけで、「確実にコミットできる月間目標の立て方とTodoリストへの落とし込み方」について解説していきました。

毎月小さなことでもいいので、コツコツ成長していきましょう!やるのとやらないとで、1年後大きく違いますよ。

 

次の記事では、今回立てたTodoリストを見える化し、スッキリ消化するためのマルチタスク管理法について解説します!

関連記事:【動画付き】タスク管理アプリ「Trello」を使ったTodoを見える化する方法

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から