スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

あっという間に1年が終わり、気付けば年明けも終わっていた・・・。そんなふと気付いた時にやって来るのが「確定申告」です。フリーランスは年に一度、自分で確定申告しなくてはいけません。この確定申告がすごく面倒臭いですよね。

  • これの経費はどの勘定科目に入るの?と迷ってしまう
  • 大量の領収書の山を見るもの嫌になる

こんなことを考える人も多いでしょうが、何もしなかったら処理すべき作業もどんどん溜まっていきます。気付けば期限の3月15日まで時間がない!となってしまうことも。

そうは言っても、面倒なものは面倒・・・。何とか確定申告を楽チンにしたい。そこで、オススメしたいのが経理を自動化してくれるクラウド会計ソフトの「MFクラウド」です。

このブログでも、別の会計ソフト「freee」を紹介していますが、freeeとの違いやMFクラウドの特徴について紹介していきます!

どちらの会計ソフトを導入しようか迷ってる方はぜひ参考にしてみてください。

クラウド会計ソフト「MFクラウド」とは?

 

まず「クラウド会計ソフト」とは、インターネットを使用できるクラウド環境であればいつでも、どこでも会計処理ができるシステムです。

今までの会計ソフトはソフトウェアを購入し、パソコンにインストールする必要がありました。使用するまでに時間がかかるのと、基本的にパッケージの買い切りとなるためハードルが高かったのが難点でした。

しかしクラウド会計ソフトでは面倒な設定や作業の手間が無くすことができます。さらに

  • 常に最新のバージョンのソフトを使える
  • ブラウザで動くため場所を選ばない
  • レシートや領収書をスマホで撮影するたけで簡単に経理処理ができる
  • 銀行やクレジットカードと紐づけて自動で経理処理することもできる
  • 月額課金制で安価で使用することができる

手書きやソフトウェアで記入していた時代と比べると、便利な時代になりましたよね。

中でも「MFクラウド」は、株式会社マネーフォワードが提供するクラウド型サービスです。「会計事務所が顧問先に勧めたいクラウド会計ソフトNo.1!」として、利用者数が急増してます。

次からは、数ある会計ソフトの中でも特に「MFクラウド」を特にオススメする理由を紹介します。

フリーランスが会計ソフトMFクラウドを使うメリット

1.仕訳登録を一度に最大50個登録できる

 

「MFクラウド」では、1年あたりに仕訳ることのできる収支の件数が年50件と多いことが特徴のひとつです。経理業務をまとめて一括で行う人には向いていますね。そのため、全50件に収まる範囲内であれば何年でも無料で利用することができます。

一方のfreeeは、仕訳の際は1つずつ登録する必要があります。登録時間を短縮したい、なるべく安く済ませたい方には、MFクラウドの方がおすすめです。

2.銀行やカード会社のデータ連携が多い

 

自分の銀行口座(ネットバンク含む)やクレジットカードをあらかじめ連携できるのがクラウド会計ソフトの魅力であり、サービスとしてはfreeeと同じです。

ですが、MFクラウドの方が対応している金融機関が多く、法人用口座であれば2018年10月現在で2190社、個人だと合計1188社にものぼります。

また、電子マネーのau WALLETやスターバックスカード、さらにはASPのもしもアフィリエイトや、クラウドソーシングサイトのランサーズといったプラッフトフォームとも連携が可能です。ブロガーやアフィリエイターには、嬉しい機能ですよね。

一方のfreeeもオンラインバンキング3636行、クレジットカードは137社、決済サービスや電子マネーは49件とほどんどが網羅されています。しかし、連携するサイトページで「銀行」「カード」「電子マネー・プリペイド」「サービス連携」「通販」「ビジネス」と細かく分類されていないため、使いやすさと連携数ではMFクラウドより劣ります。

オンライン上でサービスを販売したりお金の動きが多くなるフリーランスにはMFクラウドがオススメです。

3.機能によってパッケージを分けられる「お手頃プラン」が使える!

 

経理や人事労務などバックオフィスに関するデータをクラウドで連携できるのも「MFクラウド」の魅力。ひとつひとつ細かく管理したい方に向いてると言えます。

そのため、合計5つのMFクラウドシリーズをまとめてお得に利用できる、「MFクラウドバリューパック」を上手に活用しましょう。

各サービスを個別に契約すると、月額の合計が7,493円〜かかってしまいます。個別契約より最大72.1%お得の2,900円から使うことができるため大変お得です。

使用できる系列ソフトはこちら▼

~MFクラウド会計の同系列ソフト~

  • MFクラウド会計:確定申告:個人事業主・法人の確定申告・会計サービス
  • MFクラウド請求書:請求書の作成から郵送、管理を自動化
  • MFクラウド経費:申請作業、承認フローの効率化
  • MFクラウドマイナンバー:マイナンバーの収集・管理・廃棄を簡単かつ安全に
  • MFクラウド給与:給与計算や労務などの一連の作業を自動化

料金に関しては、以下の料金プランをご覧ください。MFクラウドは利用人数に応じて変化する料金体系なので気を付けてくださいね。

個人事業主向けのMFクラウドバリューパック

1〜5人6〜10人11〜50人
基本料金(月額)2,900円9,800円9,800円
人数による従量課金月額800円×11人目以降の料金

法人向けのMFクラウドバリューパック

1〜5人6〜10人11〜50人
基本料金(月額)3,900円9,800円9,800円
人数による従量課金月額800円×11人目以降の料金

 

4. メンバー追加が何人でも無料!

 

MFクラウド会計・確定申告では、無料で帳簿を参照するメンバーを追加することができます。複数人でデータ入力や確認作業ができます。

例えば、税理士などの外部パートナーに閲覧権限のみを与えてアドバイスをいただいたり、仕事を一緒にしている人に編集権限を与えれば、データ共有を共有しながら入力作業をアウトソーシングすることが可能。使い方は人それぞれです。

ちなみに会計ソフトfreeeでは、4人目以降は1ユーザー辺り300円/月(3,000円/年)がかかります。MFクラウドでは無料でページ右上の「メンバーの追加・管理」でメールアドレス・ユーザー名・権限を入力し、追加ボタンを押すだけなのでとても簡単ですよ。

会計ソフトMFクラウドのデメリット

クラウド会計ソフトゆえにやはり不便な点もあります。そこでfreeeと比べたMFクラウドのデメリットについて解説していきます。

1.ある程度の簿記知識が必要のため、初心者には使いづらい

 

MFクラウド会計では、仕訳帳に「借方」「貸方」などと記載されています。そのため、簿記や税務の知識が全くない人にとっては少し使いづらいな…と感じる場面が出てくるかもしれません。

一方のfreeeは、「借方」「貸方」などの言葉はほとんど出てきません。勘定科目では初心者でも分かりやすい分類で表示されています。また、取得した明細データから全く操作不要で自動で仕訳作成することができるのも魅力ですね。

MFクラウドは経理経験者や会計ソフトに馴染みのある方には入力しやいので、自分のスキルに合わせて使うソフトを選ぶのが良いでしょう。

2.消費税の申告書作成ができない(申告書類の作成が弱い)

 

請求書などを作成する場合、個人事業主用の「MFクラウド確定申告」とは別のサービスである「MFクラウド請求書」を使う必要があります。1つにまとめて管理したい方には不向きでしょう。

さらに、無料プランでは取引先が3件までしか登録できません。4件以上だと500円/月のスタータープラン、16件以上だと2980円/月に加入することになるので、注意が必要です。

また、個人版の「MFクラウド確定申告」では消費税の申告書は作成できないので注意。別のソフトを使うか、手書きで対応しなければなりません。

一方のfreeeは、登録プラン内に請求書発行も含まれています。また、取引先の登録上限はありません。取引先が多い+1つのプランにまとめたい方には、freeeが良いでしょう。

MFクラウドの料金体系

個人事業主(フリープラン)と法人を分けて詳しく見 ていきましょう!MFクラウドの場合、個人事業主と法人では使うソフトが別になっているので注意してください。

また、確定申告や請求書作成に必要なMFクラウド請求書の料金プランも掲載しているので、参考にしてくださいね。

個人事業主(フリープラン)向け MFクラウド確定申告

プランフリー
導入を迷っている人
ベーシック

ベーシックプラン
不安をすぐに解決したい人

料金(税抜)無料800円/月
8,800円/年
17,200円/年
仕訳件数年間50件まで無制限無制限
主な機能●仕訳データエクスポート
●アップデート
●仕訳データエクスポート
●アップデート
サポート●メール
●チャット
(年間30日無料)
●メール
●チャット
●メール
●チャット
●電話

法人向け MFクラウド会計

フリーライト
創業間もない会社に
ベーシック
経理担当がいる
バリューパック
バックオフィスを
効率よく
料金(税抜)無料1,980円/月
21,780円/年
2,980円/月
32,780円/年
3,900円〜/月
仕訳件数年間50件まで無制限無制限無制限
主な機能●金融機関連携自動取得
●各種仕訳入力
●各種会計帳簿
●決算申告
●金融機関連携自動取得
●各種仕訳入力
●各種会計帳簿
●決算申告
●仕訳データのエクスポート
●金融機関連携自動取得
●各種仕訳入力
●各種会計帳簿
●決算申告
●仕訳データのエクスポート
●電子証明書連携ソフト利用
5つのサービスをまとめて利用
●会計業務
●請求書作成
●経費精算
●給与計算
●マイナンバー収集
登録可能な部門数2部門2部門無制限(2階層)
MFクラウドストレージ100MB100MB10GB
サポート●チャット
●メール
●電話
●チャット
●メール
●電話
●チャット
●メール
●電話

MFクラウド請求書(請求書作成)

フリースターターベーシックプロ
料金(税抜)500円/月2,980円/月
32,780円/年
5,980円/月
65,780円/年
メンバー追加/権限管理××3人まで無制限
郵送費用(一通辺り)×190円180円170円
取引先登録数3件15件無制限無制限
主な機能●クレジットカード決済
●帳票番号採番ルール設定
●クレジットカード決済
●納品書合算請求
●作業履歴
●帳票番号採番ルール設定
●クレジットカード決済
●納品書合算請求
●毎月自動作成
●作業履歴
●帳票番号採番ルール設定
●クレジットカード決済
●納品書合算請求
●毎月自動作成
●作業履歴
●販売管理台帳
●一括操作
●帳票番号採番ルール設定
サポート●メール●メール●チャット
●メール
●電話
●チャット
●メール
●電話

 

まとめ:経理経験者には断然おすすめのMFクラウド!

 

MFクラウドの魅力

  • 無料版では、freeeよりもコスパが良い
  • 対応している金融機関が法人用口座は2190社、個人だと合計1188社と豊富
  • 金融機関だけでなくプラットフォームと連携できるのも嬉しい
  • 機能によってパッケージを分けられるお手頃プランも良心的
  • 複数人で入力やデータの確認をすることができる
  • 取引数が少なく、お金をかけずにソフトを使いたい人や簿記の知識がある人にオススメ!

「MFクラウド」と「freee」、どちらも一長一短あるので迷ってしまいますね。そこで、無料プランや初月無料キャンペーンを利用して比較してみると良いでしょう。

どちらもお試し期間があるので1ヶ月分だけ使ってみると自分に合っている会計ソフトが分かると思います。

経理業務を簡単・自動化できると、フリーランス業がさらに順調進んでいきます。自分の仕事量と合う会計ソフトを選んで、確定申告を乗り切りましょう!

 

MFクラウドと比較したfreeeの特徴や料金などをまとめたこちらの記事もあわせてお読みください▼

関連記事:確定申告を簡単に!フリーランスは会計ソフトfreeeで経理を自動化しよう

この記事をかいた人

maria

24歳熊本のフリーモデル×ライター ▼地方経済雑誌記者と営業を経験後、フリーランスに転身。睡眠・ドローン・企業戦略の記事執筆しています。文章の要約・校正が得意です▼@rutty07z Instagram記事作成 / ブログキュレーション、今日のツイート担当 ▼東京⇆熊本