取り柄やスキルがない人には「物販」をオススメする理由

  • 特長がないのが特徴
  • プロフィールの特技欄は「何もありません」

それでも、「会社勤めはイヤだ!」「独立したい!」という思いだけはあるあなたに必修のお金の稼ぎ方を、これから講座形式でお届けしていきたいと思います。

本当に身につけるべきは「お金を稼ぐ力」

独立するということは、自分の力でメシを食うということです。

メシを食いたければ、まず何より必要なのはお金を稼ぐことです。
この資本主義の国では、お金を稼ぐことができなければご飯も食べることができません。

あなたが真っ先に習得すべきなのは、「お金を稼ぐ方法」です。

「独立するならスキルや資格がいる!」という変なイメージが先行して、資格を取る講座に通う方が実に多いですが、資格を取ってもお金は稼げません。

その最たる例が、「弁護士や税理士になっても全然お金を稼げない」って聞いたことありませんか?

最近では、医者でさえ稼げなくなったという声もちらほら聞きます。
学生時代からめちゃくちゃ勉強して、立派な資格を取った人たちですら、資格だけでは食べていけなくなっているのです。

あわせて読みたい

日本人に圧倒的に足りない「雇用される以外」でお金を稼ぐ力

お金を稼ぐはじめの一歩とは「物を売ること(物販)」である

資格を取れば独立できるなんていうのは、資格講座を売ってる人たちの宣伝文句です。

あなたが自分の力でお金を稼いだことがない初心者なら、まずは物を売って1円でも自分の力だけでお金を得ることがファーストステップです。

 

カタチある物を売れない人が、いきなりスキルを売るなど不可能です。

まずは自分でリンゴを売ってみて、「商売とはどういうものか」「お金を稼ぐとはどういうことか」を知ることが大切です。

「世界を旅するノマドワーカー」のような派手さも優雅さもありませんが、結局は基本に忠実な方がうまくいくのです。

「難しい資格を取ったから独立できる!」なんて思わないほうがいい

最新の心理学では、「自分の身の丈にあった自信を持つことが大切」だと証明されています。

自信がないのも問題ですが、巷の成功哲学のセミナーにあるような「I CAN!I CAN!私はできる!」みたいなことをして根拠のない自信家になることも問題なのです。

 

「難しい資格を取ったから独立できる!」なんて思わないでもらいたいのです。

何故なら、かくいう私がまさにこれをやらかしたからです。

実績あるコンサルタントに師事して、「ようし、自分もコンサルタントとして独立しよう」と無計画に独立した結果、1円も稼げませんでした。

あったのは、師匠の元でたくさん学んだから自分でもやれるだろう、という全く根拠のない自信だけです。

どれだけ専門知識があったところで、実際のお金の稼ぎ方を知らなければ全く意味がありませんでした。

何も取り柄がない人に物販が最適な理由

「これはマズイ」と思って軌道修正したのが、「純粋にカタチある物を売る」ということでした。

地味なことこの上ないですが、文字どおり全くスキルも特徴もない人でもできるお金稼ぎです。

どんなに素晴らしいスキルがあったところで、それをお金に変えることができなければ全く役に立ちません。まずはお金を稼ぐ。

何も特長がない人が、それでも独立したいなら真っ先に取り組むべき、物を売ってみるということ。

特長がないことが特徴の人のためのお金の稼ぎ方講座

こちらの講座を全10回にわけて、本当に何も取り柄がない人でもできるお金の稼ぎ方を解説していきたいと思います。

 icon-check-square 月10万円稼ぐための物販 次のステップ

icon-chevron-right 商売初心者はメルカリで「買う側の気持ちに立つ力」を身につけよ

 

The following two tabs change content below.
クロユキ
独立起業を夢見たサラリーマン時代を経て、晴れて起業し株式会社を2社経営するに至るも、一人の詐欺師との出会いによりあっさり1300万円騙し取られ、マンガのような転落人生。事実は小説よりも奇なり。
ゼロどころかマイナスからの再起を図り奮闘中。
詐欺実録と対策メディア『サギカラ』運営中

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事