noteの「マガジン」と「ノート」の違いや仕組みを分かりやすく説明します


クリエイター向けSNS「note」

知識やスキルを持っていれば、個人でもコンテンツを「有料」にして販売することができる、今注目のSNSです。

しかし、note初心者の方で、「”ノート”や”マガジン”の違いがよく分からない!」といった声をよく聞きます。僕も最初理解ができませんでした。

そんなnote初心者の方のために、noteの仕組みを分かりやすく解説します。

noteの仕組み①無料ノート

Note02

noteでは以下の5つのコンテンツを無料で発信することができます。

  • テキスト(文章)
  • イメージ(写真)
  • トーク(140文字以内のつぶやき)
  • サウンド(音声)
  • ムービー(動画)

これらを「無料ノート」と呼びます。

イメージとしてはFacebookやツイッターと全く同じです。

無料ノートを公開すると、自分をフォローしてくれてるフォロワーさんのタイムラインにノートが流れます。

無料ノートはnoteのアカウントがなくても、どなでも閲覧することができますし、他のSNSなどでシェアすることも可能です。

ですので、noteをブログとして活用することもできますし(テキスト)、ツイッターのような手軽なつぶやき(トーク)や、漫画や美しい写真(イメージ)を掲載し、発信することができます。

noteの仕組み②有料ノート

先ほど紹介した、noteで発信できる

  • テキスト(文章)
  • イメージ(写真)
  • トーク(140文字以内のつぶやき)
  • サウンド(音声)
  • ムービー(動画)

の5つのコンテンツを有料で販売することができます。

このように値段がついたノートを「有料ノート」と呼びます。もちろん、自分で好きな金額を設定することができます。

販売価格は100円〜10,000円までで設定可能(プレミアム会員は上限50,000円)。

Note9

 

また、プレミアム会員のみ数量限定の販売も可能です。

Note10

 

月額500円で登録できる「noteプレミアム会員」の特徴などはこちらの記事をご参考ください。

合わせて読みたい

お得なの?noteプレミアム会員の8つの特徴と登録すべき人を紹介する

 

有料ノートを購入できるのはnote会員のみ

「無料ノート」は誰でも閲覧す

ることができましたが、有料ノートを全て閲覧するにはnoteの会員登録が必要です(会員登録しないと有料ノートを購入できないため)。

登録自体は3分ほどでできます。

有料ゾーンを自分で自由に設定することができる

面白いのが、有料ノートの「有料ゾーン」も自由にこちらで設定できるところ。

例えば、こちらは僕が販売してる『確実に成長する「月間目標」と「Todoリスト」の作り方とPDCAサイクル!』という有料ノート。

「アイキャッチ画像」→「タイトル」→「本文」と続いていくのですが、

スクリーンショット 2017 05 09 14 52 53

 

本文の途中から「この続きを見るには」といった文が出てきます↓

スクリーンショット 2017 05 09 14 53 05

 

いかにお金を払ってでも続きが読みたくなるところで切るかが、重要になってきますね。

スクリーンショット 2017 05 09 14 59 43

 

また、この先の文字数もしっかり表示されるので、「お金払って中見れたけど、中身すっからかんでしたー!」ということもありません。

Note11

 

note内の有料コンテンツの支払い方法は「クレジットカード」か「キャリア決済」で

note内の有料コンテンツ購入の際の支払い方法は

  • クレジットカード
  • キャリア決済(au、ドコモ、ソフトバンク)

となります。

クレジットカードを持っていない人は、デビッドカードやプリベイト式のVペリカを使用してコンテンツを購入することができます。

また、有料ノートを削除しても、購入者のライブラリにはコンテンツは残ります。

さて、ここまでが単品のノート(無料or有料)の話です。
ここからが一気に深くなっていきます!

noteの仕組み③無料マガジン

マガジンは

  • テキスト(文章)
  • イメージ(写真)
  • トーク(140文字以内のつぶやき)
  • サウンド(音声)
  • ムービー(動画)

のノートを、いくつも束ねて入れることができます。

例えば「ブログ運営方法」について書いたノートが溜まってきたら、それらのノートを1つの「マガジン」に束ねることで、読者も見やすく、情報に辿り着きやすくなります。

スクリーンショット 2017 05 09 15 18 38

 

他人のノートもマガジンに束ねることができる

なんと自分で作ったマガジンの中には、他人が作ったノートも束ねることができます(有料ノートもOK)。

方法はとっても簡単で、気になるノートを見つけたら、下にある「+」ボタンを押して

Note13

 

自分が作ったどのマガジンに追加するかを選択するだけ。

スクリーンショット 2017 05 09 15 21 06

 

これを利用することで、ブックマークのようにnote内のコンテンツを自分のマガジンに保存することができますし、読者に「参考になった記事集」といった情報を届けることができます。

無料マガジンは「フォロー」することができる

通常、アカウントのみフォローできるSNSですが、noteでは無料マガジンもフォローすることができます。

 

無料マガジンをフォローすると、新しいノートがそのマガジンに追加されるとタイムラインに表示されます。

気になる無料マガジンを見つけたら、フォローすることで楽に情報収集することができます。

マガジンは1人21マガジン、1つのマガジンに100ノートまで追加可能(プレミアム会員は無制限)

1つのアカウントで作成できるマガジンは21個。
そして1つのマガジンに入れることができるノートは100。

プレミアム会員の場合、1000個までマガジンを作れますし、マガジンの中に入れれるノートの数も無制限になります。

ちなみにマガジンを削除しても、その中に入ってるノートが消えることはありません。

noteの仕組み④有料マガジン

ノートを束ねることができるマガジンも有料で販売することができます。

マガジンを購入することで、中に入ってるノート全てが閲覧できるようになるということです。

有料マガジンの中には「無料のノート」「有料のノート」、どちらも入れることができます。

有料マガジンを購入すれば、後からそのマガジンに追加されるノートも見れる

1度有料マガジンを購入すれば、後から追加されるノートも全て閲覧することができます。

こちらは僕がnoteで販売してる『なぜプロ無職はブログで上手くいく?』という有料マガジン。

スクリーンショット 2017 05 09 15 46 57

 

マガジン自体は1,980円で、中には1記事500円の有料ノートが30記事以上入ってます。

つまり、「1記事単品で500円かかるけど、マガジンを購入すれば1,980円で全部見れますよ」ということです。

しかも1度購入すれば後からこのマガジンに追加されるノートも全て見れます。

「単品で購入するか、マガジンを購入するか」は購入者の選択の自由です。

Note15

1つのノートを複数のマガジンに入れることも可能

「1つのノートは1つのマガジンのみ」という決まりもございません。

『なぜプロ無職はブログで上手くいく?(1,980円)』の中にある9つの有料ノート(1ノート500円)を『ブログ初心者が最短最速でアクセスを稼ぐ方法(980円)』という別のマガジンとして販売しています。

つまり、「1,980円払って30記事も読む必要ないな」、 「980円でアクセスを稼ぐ方法さえ知れればいいや」という読者は『ブログ初心者が最短最速でアクセスを稼ぐ方法(980円)』を購入していただければいいのです。

こうすることで選択肢が増えるので、読者は自分に必要な情報や予算に合わせてコンテンツを購入できます。

スクリーンショット 2017 05 09 16 00 42

noteの仕組み⑤月額課金(定期購読)マガジン

noteでは月額課金(定期購読)マガジンを作成することができます。

これは「有料マガジン」とは異なり、「月額料金を支払うことで中に入っているノートを閲覧することができる」機能です。

こられ僕が更新してる月額マガジン『るってぃの教育勅語』ですが、

スクリーンショット 2017 05 09 16 06 24

 

定期購読(月額420円)することで、中に入ってる有料ノートが読めます。

スクリーンショット 2017 05 09 16 06 33

 

1ノート300円で単品売りしてます。定期購読するか、気になる記事だけ単品買いするかは読者の自由です。

スクリーンショット 2017 05 09 16 08 07

 

月額課金(定期購読)マガジンはnoteプレミアム会員のみ

月額課金(定期購読)マガジンは「プレミアム会員(月額500円)」登録が必要になります。

また、審査もあるのでご注意を。

月額課金マガジンを使って展開できる幅が増えた

noteの月額課金(定期購読)マガジンを使えば、

  • 有料の漫画・小説などの連載
  • オンラインサロンの運営
  • 有料メルマガ
  • ファンクラブ

など、活動の幅を大きく広げることができます。

月額課金マガジンの注意点①手数料は20%

noteの手数料は売り上げに対して10%なのですが、月額課金マガジンのみ20%になるのでご注意を。

月額課金マガジンの注意点②購読者は初月無料です

クレジットカード決済で月額課金マガジンを購読した場合、購読購読開始の翌月1日に引き落とし(毎月1日)になります。

購読者は初月無料です。

月額課金マガジンの注意点③有料ノートはバックナンバー扱いになります

月額課金マガジンは、購読開始すればマガジン内の無料ノートに関しては全て閲覧できます。

しかし、有料ノートに関しては購読開始月のみのものしか閲覧できず、購読開始月以前に追加された有料ノートはバックナンバー扱いになり、別途購入が必要になるのでご注意を。

共同運営マガジン

プレミアム会員のみ、「有料マガジン」か「月額課金マガジン」を複数のクリエイターで、共同で運営することができます。

運営メンバーはプレミアム会員である必要はありません(当然noteの会員登録は必須)。

複数のクリエイターが1つのマガジンにノートを追加できると同時に、売上を分配することができるので、非常に便利な機能です。

まとめ:noteの仕組みを理解してコンテンツを作ってマネタイズしよう

以上、ちょっとややこしいnoteの仕組みでした。
理解いただけましたでしょうか?

noteには可能性を感じますし、今後も伸びるサービスだと思ってます。

これまでお金を稼ぐのが難しかったクリエイターが、簡単にマネタイズすることができるようになりました。

みなさんも、持ってるスキルや知識を活かしてnoteでコンテンツを作成していきましょう。

noteで販売中のコンテンツはこちらへ

合わせて読みたい

noteで販売中のコンテンツ一覧へ

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事