「将来働かないためにいま頑張る」が口癖のプロ無職るってぃです!

来年の目標はパソコンを捨てて、自分の仕事は”喋り”と”Twitter”だけにする予定です。

 

そろそろブログを「自分で書くこと」から脱却しようとしてる僕ですが、最近取り入れ始めたのが「自分は話してライターさんに記事を書いてもらう」という手法です。

何かブログで書きたいことがあっても敢えて自分の手でかかず、ライターさんにお話して、それを記事化してもらってます。

 

そのやり方で、ライターさんに書いてもらった記事の例です。

・【情報発信の鬼】プロ無職るってぃにオーディオブックを使ったインプット術を聞いてみた
・「午前中の過ごし方が1日を決める」プロ無職るってぃこだわりの朝生活を徹底解説
・最強の節約方法はブログを始めること?プロ無職るってぃに教わる固定費の下げ方と節約術

 

僕が話すのはだいたい20分から30分。ライターさんに書いてもらった記事を提出してもらって、最後に編集→ライターさん確認→公開…という流れです。

何よりライターさんの質問によって自分が書こうと思ってなかった話(意図してなかった話)がポロリと出たりするんで面白いんですよね。

ライターさんからの質問によって頭の底に眠ってた潜在知識や言葉を引き出してもらうイメージ。

それと、「僕が話したその部分強調するんだ」というような、自分ならあまり気に留めない表現がライターさんにとって実は一番刺さってる部分だったりと、いろいろ気づきもあるので面白いんですよね。

 

今はまだ編集に2時間ほどかかってますが、ここを1時間半→1時間→30分、そして最終的には編集者さんを入れて、編集作業自体も外注化を進めていきたいと思ってます。

オンラインサロンメンバーを巻き込んで都内の神社を散歩する朝活してるのですが、ライターさんやカメラマンさんも朝活に参加してもらって、

歩きながら話す(インタビューしてもらう)&写真撮ってもらう→記事提出→編集→公開
という、「朝散歩してるだけで記事が完成する」というスキームを組み立てることができたら、個人的には嬉しいですね。

 

肝は最初の「テーマ決定」と「構成作り」

より早く、正確に、そして編集時間をかけずライターさんに質問してもらって記事を完成させるためには、最初の「テーマ決定」と「構成作り」が肝です。

例えばこちらの記事は「オーディオブックの魅力を伝える」というゴールに対して構成をこちらで練り、練習のためにも質問事項をライターさんにある程度作ってもらって共有してもらうという、流れで記事を作ってます。

【情報発信の鬼】プロ無職るってぃにオーディオブックを使ったインプット術を聞いてみた

※事前に共有してもらった質問内容

 

ここらへんのインタビュー記事作成のノウハウに関しては、こちらの記事を参考にしてもらえると幸いです。

関連記事:【11個のTips紹介】完読率・シェア率を上げるインタビュー記事執筆マニュアル

もうブログは書かない

喋りだけで仕事を進めていきたい方の何か参考になれば幸いです。

ちなみに僕がロールモデルにしてるのはホリエモンです。実際に同じような形で本を作っているのか知りませんが、「ホリエモンならこうやってんじゃないかな」と意識しながら実践してます。

最近ではプロブロガーのイケハヤさんも同様の手法を始めましたね。

いまバリバリ収益あげてフォロワー増えてきてるブロガーさん、どんどん記事を自分で書かなくなるんだろうなぁ。ブロガーさんって書くのが好き、ってよりは情報を届けることが好き(だからブロガーやライターというよりはインフルエンサーという感じ)だから、別に文章書くのは誰でもいいんですよね。

2019年末までにパソコン捨てると決めたので、この手法でどんどんコンテンツを生産していこうと思います!

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から