【2017年総括】ここから!の人気記事PV順+オススメ記事紹介

こんにちは!るってぃです。最愛なる読者様に支えられて2017年の年末を無事に迎えることができました。

僕のブログ歴はAirbnbメディア「エアログ」から始まってまして、「Airbnb以外のことも書きてえ!」というノリでスタートしたのがこの雑記ブログ「ここから!」です。

 

初めは好きなことばっかり書いてたのですが、フリーランスとして色々飛び回るうちに「働き方」や「世界各国の一次情報」、「僕が学習しことのアウトプット」が主としたメディアとして形ついてきました。

当ブログ「ここから!」は2016年9月に開設し、運営開始から1年3ヶ月経つのですが、累計PV数は164万PV、12月は月間20万PVの着地です。

SEOの知識はある程度叩き込んであるのですが、なんせ2018年から「SEOを意識したブロガーっぽい記事書くの辞める!」と宣言したので、来年どういう方向に跳ねるのか楽しみです。

 

それでは当ブログの2017年オススメ記事を厳選して振り返ってみようと思います。

2017年 PVランキング

1位 1週間で1000人増!Twitterのフォロワーを増やすためにやった16のこと【完全保存版】

 

2万文字を超える大作で、8月に公開してから大きく拡散され「ツイッター フォロワー」などのワードで1位とってるので継続的に多くの人に読まれてます。

ツイッター自体好きなのと、僕のマーケティング思考の集大成をこの記事に詰めてやりました。実際に「2ヶ月で1000フォロワー達成しました!」などの報告の声もいただいており、再現性も問題ないと自負してます。

かなり反響が大きい記事だったので来年電子書籍化してさらに多くの人に届けたいなと思ってます。

僕のツイッターもフォローしてくださいませ▼

 

2位 神デニムRESOLUTE(リゾルト)の魅力と特徴。色落ち・コーディネートまとめ

めちゃくちゃ好きなデニムブランド「リゾルト」について書いたら、2017年に書いた記事PVランキング2位になってました。

ん〜やっぱりSEO対策した記事ってアクセスと収益稼げるけど、なんかそれだけですよね。個人的に「【リゾルト】デニムから世界へ!「尾道デニムブロジェクト」が凄すぎた!」という記事の方が読んで欲しいけど、中々難しいところでもあります。

デザイナーの林さん、この記事見てくれてるかな…

 

3位 キラキラネームをつける親の特徴とつけられた子どもの辿る末路

『宝くじで1億円当たった人の末路』という2017年ベストバイな本の内容をアウトプットした記事。かなりお気ににいりなので嬉しい!

世の中にある現象をそのまま見過ごすのではなく、その後の末路と「なぜそうなるのか?」を理論つけて紹介してくれるます。日常の中の「なんで?」という考えるクセをつけさせてくれた本です。

ちなみにこの本を知ったキッカケは「ビリギャル」の著者、坪田先生がfacebookで紹介してたからなのですが、坪田先生の紹介してる本や記事は全て面白いのでフォローしておくことをオススメします。

 

最近だと「日本人の9割が「バカ」を隠している」という記事が最高でしたね。それにインスパイアされて僕が書いたのが「勉強しないやつは終わる」という記事。お気に入りです。

4位 お金を稼げる人がやってる8つのこと。稼げない人がやってしまってること

2017年はフリーランス二期目として苦労もあったのですが、夏にひとつ抜けた感があって、その集大成として書いた記事です。

どんなビジネスでもスポーツでも「型」があって、その型をあてはめればいかなることも最短で結果を出せるという話。

ドラゴン桜で出てくる「自分で考える…ということは…何も考えていない…ということなんだよ」という言葉にある通り、素人の我流のやり方などなんの意味もなくて、結果を出してる人のやり方をインストールするのがてっとり早いのです。

5位 【残念】スターウォーズ/最後のジェダイにガッカリした理由【ネタバレあり】

 

12月中旬に書いたスターウォーズ最新作のレビュー記事が、2017年のPVランキング5位に入るとは…他がしょぼいというのか、スターウォーズの人気がすごいというか。

昨年書いた「ローグワンのレビュー記事」に関しては検索1位取ってて、1日で2万PVとかありましたからね。めっちゃ儲かりました。

ただ今回の「最後のジェダイ」は個人的に駄作で、検索1位を取れるよう頑張ろう!とも思えなかったのでそこそこです。来年以降のスターウォーズ作品はどうなることやら。

2017年 オススメの記事

ここからはPV順ではなく、個人的に書いてて心に残った記事や思い入れのあるオススメ記事を紹介します。

「音楽はDJが、料理は食べ歩いてる人が一番儲かる」成功のコツは”情報持ち”と”アウトプット力の高さ”

 

「るってぃとは何者か?」が完全に固まった記事。僕は0→1でコンテンツを生み出すオリジネーターではなく、DJのように世界中にある情報コンテンツを上手く編集し発信する人だな、と。

そして結果としてそういう人たちの方が世の中的に儲かってる(価値が高い)という話です。最近はこの記事のようにエビデンスをベースとした記事を書くのがすごい楽しくて、リーディング&カンパニーの夏目さんから多くのインスパイアを受けてます。

「生きるために働くことは社会の損失」 人生に必要のないアートこそ日本を変える

 

夏に一ヶ月ヨーロッパに行って感じたことを書いた記事ですね。「なぜ人間は生きるために必要のないことを頑張るのか?」「文化とはどうやって生まれてきたのか?」を落とし込みました。

来年はこういったスタイルの記事を書きまくりたいなぁ。そのためにもっと知識をインぷっとしなくては。

 

暇な時間が人をより高い次元に導く。「暇人」こそ最強のイノベーターである

 

これも「プロ無職」という自身のアイデンティティをより明確にした記事。上記の「生きるために働くことは社会の損失」 人生に必要のないアートこそ日本を変える」に繋がります。

 

「日本最高!移住したいね。でも絶対働きたくない」スウェーデン人の働き方から見る、日本の労働環境の歪み

スウェーデンで取材した記事。日本に留学していたスウェーデン人が日本社会をぶった切ります。

海外の人が日本の問題をどう捉えるか、日本にはなくて海外にある価値観は何か。自分の役目は外に出て日本に一次情報を届けることだなぁと改めて再認識できました。

今の所オススメにあげた4記事がヨーロッパ帰国後に書いたもので、いかに旅からインプットしたものが大きかったか証明してます。

残業、通勤、会議、接待。取り戻せない「時間」を盗んでくる日本企業は窃盗より悪質

「日本人は人の財布は盗まないが、人の時間は平気で盗む」という強烈なコピーからインスパイアを受けて書いた記事。

「お金<<<<<<時間」だなって強く心に刻みましたね。これは会社員とかフリーランスとか関係なしに、時間だけは人間みな平等ですからねぇ。

プロ野球の野村監督が「時間は平等に与えられるが、結果は平等ではない」と語ってますが、厳しいプロの世界を見てるからこそ言葉に重みがありますよね。

食えないフリーランス必見!お金を稼ぐための5つのサイクルを紹介する

 

1月の初めに書いた記事ですね。フリーランスやっててこの思考にたどり着けたことが価値だなと感じてます。

このサイクルはずっと意識してて、講演でもスライドで紹介するくらい思い入れの強い記事です。

友人が養子を受け入れシングルマザーになるという話

 

またまた海外の価値観に触れた記事。自身の実体験(ストーリー)からスタートする書き方はやっぱり楽しいし伝わりやすいなぁと実感。

「日本人に圧倒的に足りない「雇用される以外」でお金を稼ぐ力」という記事も最初はストーリーから入っててバズりました。

日本ではあまり見かけない「養子」という価値観についてもっと知ってほしいですね。

まだ渋谷のハロウィンで消耗してるの?「インスタ映え」の仮装で博多美女を入れ食いできるか検証してみた

 

最後にネタ記事ぶっこみました。楽しかったです。

2018年も「ここから!」をよろしくお願いします!

最初に述べたように来年以降僕はおっもしろくないSEO狙っただけの記事を書くつもりはないので、次の世代のライターさんにお願いするつもりで、自分は伝えたいものだけ書きます。

収益もアクセスもそこそこですが、そこではなく、しっかりと自分のオピニオンや世界観を伝えられるメディアとして育てられればいいな、と思ってます。

来年も「ここから!」をよろしくお願いします!

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA