スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

僕が発信力を伸ばしたい理由は、本当に価値あるもの広く届けること。

どうもこんにちは、プロ無職るってぃです。良い作品に出会ったので、今日は広めるマンになります。あと映画コラム系の仕事が欲しいので、レビュー記事もたまには上げていきます。

12月からミニシアターを中心にスタートした「パッドマン」を観てきました。本国インドでも超話題になってるみたいですが、以下、鑑賞後にすごい勢いで投稿したツイートをどうぞ(ネタバレはありません)

 

伝わりますかねこの熱量???

 

純粋に多くの人に観て欲しいですね。実話を基にした映画ですし、題材が「生理用品を作る男の話」だからと言って、女性は彼氏を連れて行くことを躊躇わないで欲しいです。

むしろ、男性が観るべき映画です。

女性への接し方が変わります。というか、子供にも教育的な意味で観せるべきです。

本当に良い映画というのは「感情を動かしつつも、2時間のコントラストの中から多くのことを学べる映画」だと思ってます。言葉にはしていないのに、内容の裏から真のテーマを伝えられるか。

そこらへんディズニー映画とか上手いわけですが、この「パッドマン」もめちゃくちゃいろんなこと考えさせられます。観たら分かりますが、それこそ、日本人が義務教育で(ないしは生きてる上で)学ばないことばかり…。

それは性のことだったり、宗教だったり、アウトプットが大事ということだったり…。鑑賞後色々調べてしまったし、今すぐインドに行きたくなりました。

 

いや〜インド映画良いよね、インド映画。

「スラムドッグ・ミリオネア」は個人的にはびみょかったけど、「きっと、うまくいく」とか大好きだもん。パッドマンはダンス少なめだったけど、マーージで、つたない英語でするスピーチのシーンが良かったです。

あのシーン観るためにもっかい観に行きたい。というわけでパッドマンのレビューでした。

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から