スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

あなたは営業の仕事でこんなことに悩んでませんか?

  • ノルマが厳しい
  • 押し売りができない
  • お客さんに冷たくあしらわれる
  • うまく喋れることができない

こんな風に辛いことばかりの仕事だと思っている人が多いのではないでしょうか。私も実際に以前はそう思っていました。

しかし、営業の仕事は自分を成長させてくれるチャンスがたくさんあります。

 

そこで今回は現役営業職の私が、一度は試してほしい営業の魅力について解説します。

営業に対するネガティブイメージは勘違い

f:id:rurusaworld:20170825115758j:plain

営業はコミュニケーション能力が高くないとできないお仕事だとよく思われがちです。

どんなに商品が素敵でも、嫌な人間からは誰も買い物したくないですよね。「良い人になれ!」というわけではなく、相手にとって魅力的な価値の提供できる人間になれということとなんです。

ですからよく、営業は口がうまい人間が向いていると思われたりもしますが、むしろ反対だったりします。

口下手だけど成功した営業マンの話

誰もがこの人では売れないだろうと思った営業マンがいました。その営業マンはどうしても話す時にどもってしまい、うまく話せない人でした。

f:id:rurusaworld:20170825115315j:plain

しかし、その分お客さんの意見をゆっくり真剣に聞く人でした。

たくさん話を聞くことで相手が何を望んでいるのかを導き出せたその彼は、たった3か月でトップの営業成績を残したそうです。なにがその人にはまるかなんて、誰にもわからないということです。

失敗するのは当たり前!営業は断られることで打たれ強くなれる

f:id:rurusaworld:20170825120012j:plain

「失敗してはいけない」と思って生きている人はとても多いです。失敗することは格好悪い、恥ずかしいことだと。

営業の世界は断られること当たり前の世界です。

営業マンはどんなに恥をかいても馬鹿にされても、最後に信用を勝ち取ればいい

私はそう上司に言われてから、「上手く喋ろう、失敗しないようにしよう」と考えるのを辞めました。

営業が向いていないと諦める前に!アポイントが取れる営業目標の立て方

f:id:rurusaworld:20170826124625j:plain

営業の仕事が向いていないと思っている人は、まず具体的な目標を立てて行動が出来ているのか見直してみることから始めましょう。

大事な事は2点。

  1. 目標の設定と検証
  2. やるべきことを最後までやり通す行動力

です。

営業の仕事が嫌になってしまう人は『1週間で2件の契約を取ろう!』という目標を立て、アポイントを取ろうとします。

私がオススメしたい目標の立て方は、まず自分がどれくらいの頻度で商談につながるアポイントがとれるかを検証する方法です。

f:id:rurusaworld:20170826130031j:plain

自分が100件に1回契約が取れるとしたら、2件の契約を取る為に1週間で必要なアプローチは200件になります。そうなると、1日に必要なアプローチの件数はみえてきますよね。具体的な数字にして、『1日に40件断られよう!』と決めて行動することで、必ず結果は出てきます。

 

まとめ:営業に悩んでいる人こそ、営業を通して成長してほしい

f:id:rurusaworld:20170826131335j:plain

いかがだったでしょうか。

営業の仕事はたくさんの人に出会うことで、目が肥えていき、いいも悪いも判断することができるようになります。たくさんの人の新しい考え方や情報を手に入れることで成長することができます。

断られたって死ぬわけじゃない、今よりもっと自分のことも、人のことも学べる最高のお仕事だと思って働いてほしいです。

 

この記事を書いた人

許認可申請のコンサルタント兼ポールダンサー

アニメ大好きな独立志向の強い働く妻です。 誰でも無理なくできる美容方法を紹介するブログ運営中。

ブログ:うさぎのおっぱいは8つ

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA