スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

元動画はこちら↓

 

るってぃ
どうも、プロ無職るってい(@rutty07z)です。ついに札幌にやってきましたよ。Wagayado 晴-HaLe-というゲストハウスに遊びに来てます。というか泊まってるんだけどね。

今回の対談相手はWagayado 晴-HaLe-のオーナーのしの(@kyota_shinomura)です!

しの
よろしくお願いします!

札幌と函館の2拠点でゲストハウス運営する起業家しの

るってぃ
しのの自己紹介から簡単にしていただけると嬉しいです!

しの
北海道洞爺湖町という観光地出身で今26歳です。去年の2月に合同会社ToGoを相棒のゆうとと立ち上げて、会社が2期目に入りました。

ここ(Wagayado 晴-HaLe-)と、函館にTune Hakodate Hostel & MusicBalという大きめのゲストハウス&ミュージックバー&シェアハウスの機能をつけた建物があって、その2店舗を運営しています。

るってぃ
札幌と函館の2拠点で経営はけっこう大変なんじゃない?

しの
めっちゃ大変!今日もこのあと実は夜行バスで函館に行きます。

るってぃ
普段、函館のほうはどうやって運営してるの?

しの
基本は常駐スタッフに任せて、僕やゆうとが月に1~2回行って運営修正したりイベントやって、また札幌に帰ってきて運営するような行ったり来たりです。

るってぃ
札幌と函館の2拠点生活。

しの
同じ道内だけど、5~6時間くらいかかるから遠い。

 

金融→フリーター→起業→公務員を目指す!?

るってぃ
しのと僕同じ年なんですけど、なぜ今のキャリアになったかのかを簡単にお願いします!

しの
僕は小樽商科大学を卒業して東京の金融系の会社に就職しました。

るってぃ
就職したんだ!?

しの
結論から言うと7カ月で辞めました。

るってぃ
俺より早いね!さすがに俺は10カ月いたよ!笑

しの
辞めてからにニートを1~2ヶ月くらいしたあと、地元の北海道に帰ってシェアハウスに住みながらフリーターを10カ月。そのときシェアハウスを運営していた社長さんに、これからどうしようと相談して「新規事業でゲストハウス立ち上げるからやってみないか」と言われました。

しの
立ち上げたのが2015年の9月で、オープンしたのが2016年の1月。それがここWagayado 晴-HaLe-。それがきっかけだったけど、実は立ち上げてからすぐ辞めてて。

るってぃ
そうなんだ!

しの
勢いでゲストハウスの「ゲ」の字も知らず立ち上げたから、「おもしろくないな、なんか安定したいな」と思って公務員試験の勉強を始めるという。振り切って振り切るみたいな。

るってぃ
え!?ちょっと意味がわからない。

しの
ゲストハウスは朝から晩まで人がいないといけないから、華やかに見えるけど実は地味な仕事が多くて。チェックアウトで見送ったあとに掃除してベットメイクしてチックインを迎えて……。

そのルーティーンワークが面白くないなと思って、収入も良かったわけではないし。「ゲストハウス?なにそれ?」みたいに思われたり、周りの目を気にしちゃったところが当時はあって。

るってぃ
ヘー!意外!めっちゃおもしろいんだけど!

しの
試験受かれば公務員になれると思って勉強したんだけど、それも3カ月で飽きちゃって。「公務員向いてないな」と。

るってぃ
試験受ける前に辞めちゃったんだ。

そして再びゲストハウスの立ち上げに

しの
それからどうしようかなと思ったときに、今の相棒のゆうとから「しの元気?」と電話が来て。実はここを辞めたとき、ゆうとにゲストハウスを全部丸投げしていたんですけど、久しぶりに会うことになって。

しの
そうしたら3カ月でゆうとがすごい成長して、かっこよくなっていたことにめっちゃ嫉妬して。「俺は3ヶ月何をやっていたんだ、俺もかっこいい男になりたい」と思いました。ゆうととゲストハウスやってるときすごい楽しかったし、もう1回ゲストハウスやろうとなりました。

るってぃ
それでゆうとくんと立ち上げて一緒にやろうとなったんですね。

しの
そうそう。最初のきっかけをくれたシェアハウスの社長が「もうひとつゲストハウスを立ち上げてるから関わらない?」と声をかけてくれて。そこで立ち上げも経験したし、「俺らで会社立ち上げてやろうぜ」ということで会社を作ったのが去年の2月。

るってぃ
就職してゲストハウス立ち上げして、公務員目指して辞めて、またゲストハウス立ち上げて。右往左往いろいろあったんですね。

しの
情緒不安定でした。

るってぃ
メンヘラだね!笑 おもしろいな。

でもそういう人あんまり周りにいなくない?

しの
いないよね。

るってぃ
世間的にダメっぽい風潮あるじゃん。投げ出すなよみたいな。 俺もけっこう飽き症だからあれやりたいとなったらヤるけど、なんかちょっと違うとなったらすぐ辞めちゃうんだよね。

しの
「石の上にも三年」とか「急がば回れ」というパターンもあるとは思うけど、全部が全部当てはまるわけではないと思う。「善は急げ」という言葉もあるし、「見切りつけたら損切り」 だなと。

るってぃ
違うなと思ったらぱっと辞めて、でも結局ゲストハウスに戻ってきたんだね。

しの
でも稼ぐためのスキルとして持ってゲストハウスをヤっていて、ゲストハウスがヤりたくてしょうがないわけではないんだよね。あくまでベースとしてゆうとと一緒に仕事がしたい。

るってぃ
好きなんだ、あとで画面に写真出しとく笑

 

結局、良いパフォーマンスで働ける人と一緒に働く

るってぃ
北海道に俺ら世代の起業家はいるの?

しの
そんなに多くはないと思う。

るってぃ
でもしのたちがゲストハウスやっていて、相談してくる人たちはいる?

しの
来るね。「俺に聞いても特になにもないですけど」と思いながら笑

でも「ゲストハウスやりたい」という人から相談来たときに、なんでゲストハウスやりたいのか聞くと「旅していて、ゲストハウスの魅力に惚れた」と言われるんです。だけど「それはゲストハウスじゃなくて旅が好きなんじゃないですか、旅できないよ」という話はよくしちゃいますね。

るってぃ
そうやって相談してくる人は多いということだよね。

しの
手段はなんでもいいけど自分が「この人とならいいパフォーマンスで働ける」というモチベーションは、自分の活力になるからそういう動機で働いてほしいというのはみんなに思うところかな。

るってぃ
まさに今も就活で来ている大学生多いじゃん。こういう起業などの働き方はまだあまり知られてないというか、珍しいんだよね。 

しの
自分が就活してから5~6年経つけど就活のスタイルはあんまり変わってなくて、ちょっと悲しいというかさみしいというか。

まだまだ若くして起業することがイレギュラーだから、自分たちが結果を残して選択肢の一つにできるくらい頑張らないとな、というのはあります。

 

起業家は失敗を失敗だと思ってない

るってぃ
けっこうハードだったり失敗したらリスキーみたいなイメージあるけど、100倍楽しいですからね。

しの
間違いない。

るってぃ
こっちは楽しんでやってますからね。もちろん失敗のリスクはあるかもしれないけど。

しの
なにが失敗なんだろう?

るってぃ
これ俺もブログに書いたことあるけどフリーランスや起業家さんは失敗を失敗だと思ってな

人から見たら失敗に見えるかもしれないけどこっちとしては「これは違うんだな」と 思って違うことやろうとなるから、失敗とは思ってないんだよね。

関連記事:失敗やリスクを恐れて行動しないほうがリスク。フリーランスは失敗と認識してないから上手くいく

しの
お金の失敗とかを心配してるのかもしれないけど、俺らも会社作ってまとまった金額を借金としてもってる。でも今だったらいろんなお金の返し方がある。ワーホリ行って働けば返せる金額だし、アルバイトでも返そうと思ったら返せるし。

るってぃ
クラウドファンディングだったりいろんなお金の集め方はあるよね。でもクラウドファンディング自体知らない人もいるから、そういうのもあることを知ってほしい。

しの
あれはすごくいい仕組みだよね。僕もやったことあるけど、あったかいお金が集まってくれるのは応援されているんだという実感があったし、がんばらなきゃとなる。いろいろなことのハードルが下がってきているなと。

るってぃ
クラウドファンディングが失敗してもお金取られるわけではないし、やりたいことあるならやるべき

 

北海道は起業が当たり前にならないと盛り上がらない

るってぃ
今後の目標だったり、北海道でこういうことしたいとかないの?

しの
今ゆうととかがけている中長期的なミッションとしては、北海道内に5拠点宿を作ること今札幌と函館にあるから、あと3拠点自分たちが関わるところを作っていこうということを掲げています。

北海道と一口に言っても札幌から函館も5~6時間かかるし、デカイから1回札幌来ただけでは北海道は味わえない。

しの
地域でさまざまなな色があるのを旅人に味わってほしい。でも気軽に泊まれる宿がないのが現状だったりするから、自分たちのノウハウを使って北海道の各拠点に宿を作ることで最初は札幌に泊って次は函館、次はまた別のところに行ける。

実際にさっきチェックインしたアメリカ人も函館のTuneに泊まっていて「札幌行く」と言っていたから、札幌でもやってると言ったら来てくれたんです。徐々にそういうのが増えていて、北海道にいろんな拠点があれば旅人も楽しめるなと。

るってぃ
地元が北海道だからそこから盛り上げていくイメージなのかな。

しの
そうだね。僕は東京で就職したくて就職したけど、なにも結果を残せずに北海道に戻ってきてしまったから、もう一度東京でもチャレンジしたいという思いもある。北海道で頑張って東京でも頑張りたいと言うのが個人的にありますね。

今若くして北海道で起業しているのが珍しがられているのが現状だけど、それはよくないなと思っていて。

 

しの
起業が当たり前にならないと盛り上がらないなと。 どんどん若い人が起業したりやりたいことをやっていて新しい働くという文化を作っていけるような、下の世代に残していく目線は持ってやっていきたいなとは思っています。

 

自分の感情を押し殺してまで生きるほど人生短くない

るってぃ
今この動画を見ている北海道の若者へ言いたいことはありますか?

しの
僕は既存概念にとらわれていたから、やりたいことを素直にやりたいと思って行動したほうがいいと思いますね。やりたくないことはやりたくない理由があるから、自分の感情を押し殺してまで生きるほど人生短くない。

るってぃ
逃げていいと。

しの
逃げた先に温かく受け止めてくれる人が必ず存在するからその人たちを信じて、自分も言じて、やりたいことやってほしいなと思います。

るってぃ
北海道盛り上げてくださいよ!僕も北海道大好きだから嬉しいんで。

Wagayado 晴-HaLe-はゲストハウスなので、しのに会いたい!ゆうとくんに会いたい!という人は泊まりにきたらいいんじゃないですかね。

しの
ぜひ!Twitternoteも書いてるのでよかったら見てください!

札幌のゲストハウスWagayado 晴-HaLe

函館のゲストハウスTune Hakodate Hostel & MusicBal

 

この記事をかいた人

22歳の兼業ライター&ブロガー。ステキな人やモノを広める「広め人」です。文字起こしや記事の執筆などを担当しています。インタビュー記事やイベントレポートが得意です。