8歳男児がYoutubeで車の運転を覚える→言い訳して何もしない奴これを見ろ

先日、このネットニュースを見て驚きました。

米オハイオ(Ohio)州イースト・パレスティーン(East Palestine)で、8歳の男の子が父親の車を運転して自宅から2キロ以上離れたファストフード大手のマクドナルド(McDonald’s)店舗まで行くという出来事があった。どうしてもチーズバーガーが食べたかったのだという。
地元紙ウィアトン・デイリー・タイムズ(Weirton Daily Times)によると、男の子は動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)で動画を見て運転の方法を覚えた。そして9日夜、両親が寝ている間に冒険に出発した。
男の子は助手席に4歳の妹を乗せ、マクドナルドまで約2.4キロの道のりをドライブ。途中の赤信号ではきちんと停車し、左折して入店する際も対向車を確認して優先させていた。男の子がドライブスルー窓口の前で車を止めたとき、マクドナルドの従業員はてっきりいたずらで両親が後部座席に隠れているのだと思ったという。

出典:チーズバーガーが食べたい! 8歳児、父の車運転しマクドナルドへ

 

8歳の子が、どうしてもチーズバーガーを食べたくて、Youtubeで車の運転方法を覚え、ルールを守りながら、無事にマクドナルドまで辿り着いたという話。

もちろんこれは法律的に誤ってる例。
けど僕はこのニュースを見て、感じたことが3つあります。

  1. 子供のストレートな欲求は想像しがたい行動に直結する。可能性は無限大
  2. モノを覚えるのに年齢なんて関係ない
  3. インターネットにより学習手段は溢れている
で、特にこの情報社会で重要なのは2と3です。

言い訳ばかりして何も始めない人は世の中にどれほどいることか

 

「起業したい」
「こんなことやりたい」
「今の生活を変えたい」

そう言ってきたやつは数知れず。

それに対して「じゃあ始めてみたら?」と言うと、

「でも…」
「やり方がわからない」
「もう少し待ってみる」

言い訳ばっかりで、口だけのやつがあまりにも多すぎる。

これだけインターネットが発達してる時代、独学で学べないことはないと思ってる。Youtubeやブログを漁れば、情報は溢れてる。

もちろんその情報が正しいかどうか、今自分に必要かどうかの「取捨選択をするスキル」は必要だけど、学べないことはない。

8歳の子供でもできた。さあ始めよう

 

「8歳の子供がYoutubeで車の運転を覚え、実際にマクドナルドまで辿り着いた」

なんでも勉強できて、実践できる時代だ。これからは言い訳がましい大人が相談に来たら、このニュース記事を見せようと思います。

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事