こんにちは!るってぃです。8月末まで渋谷BOOK LAB TOKYOにて展示会を開催中しております。

すでに友人が何人か来てくれたのですが、一番言われるのが「質感がすごい!生で観て良かった。ネットじゃ全然わからなかった」です。そこ、めちゃこだわってるとこなので嬉しい。

僕自身インターネットから表現・アウトプット活動がスタートしたのですが、4年のキャリアの中で感じた違和感や未来への展望を込めて描いてます。それが、絵の質感に超こだわる理由です。

例えば、着飾ったブランディング、飛び交う言葉の薄っぺらさ、うわべだけのコミュニケーション。昨今のインターネットの現状に強烈な違和感を感じると共に、未来に危機感も感じます。だから「The Social Network」という絵でそんな現代のインターネット社会を表現しました。何重にも塗り重ねられた絵の具を剥がしても、奥底は空白で何もなかった…という意味です。でもほんと、そういう人多くないですか?

日本画家の千住博さんが「人間は”人の間(あいだ)”と書く。人と人の間で互いにコミュニケーションすることで人間は人間らしく生きられる。実はそれこそが、芸術の意味」と言いました。

18世紀の産業革命で人間のコミュニケーションが希薄化していくタイミングで芸術が活発化したように、いままさに、リアルなコミュニケーションとリアルな人間の肌触りが必要だなと感じています。

完成した絵はSNSに都度アップしてますが、絵の持つ質感や重みは表面上しか写せないネットでは感じ取ることはできません。だから、生で観てください。絵を持ってください。五感で感じてください。それが、古来から芸術が繁栄する理由でもあるからです。

どこでも見れるインターネットからリアルという場への落とし込み、そしてそこで生まれるコミュニケーションに、アートの意義を感じます。

 

生まれた時からインターネットがあって、ネットと共に育ってきた世代だからこそ感じること。僕らはずっと、あさーい関係の下で孤独に悩んでます。テクノロジーの進化と共にさらに孤独で悩む人は増えますし、日本の自殺率の高さは問題です。

変えなきゃいけないんです。僕もリアルな人になりたい。人間臭い人が大好きです。別に汚くていいじゃない、昼から酒飲んでもいいじゃない、もっと楽に行こうよ。そんな感じです(急に浅い)

僕からのアプローチは今までは言葉でしたが、今はリアルな質感を持った絵です。というわけです、8月末まで展示会やってるのでぜひ来てください。想いが伝われば幸いです!

BOOK LAB TOKYOの場所:東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7, 新大宗ビル1号館2階

基本営業時間:7:30〜21:00(日によって貸切営業してる時間もあるのでHPで確認お願いします)

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から