スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

こんにちは!日本で一番頭の良い東大生が大好きなるってぃです(ちなみに僕は関西大学出身です←)

日本一だからこそ、東大生の勉強法や独自の視点を学べば、ビジネスシーンや様々な場面で応用できると思うんですよね。

関連記事:現役東大生が教えるノート術と勉強法、その強さの秘密が凄すぎた

 

前回はノートの取り方や勉強術がメインでしたが、今回は「東大生はどうやって育てられたの?」という疑問から子供のころからの家庭内教育を中心に、現役東大生に聞いてきました!

  • 自分の子供を東大に行かせたい!
  • 全然子供が勉強しない
  • 勉強し始めたと思ったらすぐ飽きて別のことする

といったお悩みをお持ちのお父さん・お母さん、この記事が賢い子供を育てる何かのヒントになれば幸いです!

東大生を生み出す親は「勉強しなさい」ではなく、子供に興味を持たせる話し方をする

 

これはよく聞く話ですが多くの東大生は親から「勉強しなさいと言われたことがない」と言います。

実際にそうなのか現役東大生3人に聞いてみたところ、「言われたことがない」と話してました。やっぱりそうだったのか…ちなみに僕は言われまくってたし、言われる度に「うるさいなー」とイライラしてました。

たまに言われることは必要なのかもしれませんが、言われすぎると逆にやる気削がれるんですよね。

「逆に勉強しないで親を困らせてやろうかな」と、逆の発想になるという(まあ後々苦労するのは自分なんですけど)

では、なぜ東大生は親から「勉強しなさい」と言われなくても自発的に勉強に取り組むことができたのか?

それは東大生の親が「子供に興味を持たせる話し方が上手かったから」です。僕たち人間は元々「知りたい」という根源的な欲求を備えてるので、本来自発的に勉強する生き物なんですよね。

 

ただ義務教育の中ではある程度勉強しなければいけないプログラムは組まれていて、そこにまず興味や、受験に対する意義を感じることができなければ子供のやる気を引き出すことは当然難しいわけです。

大切なのは大学(高校や中学でも良し)に行くことのメリットや、いま勉強することの大切さを親がしっかり言語化して子供に伝えることだと思います。個人的にここがふわっとしてる親御さんが多い印象です。

しかも「大学にいけないと良いところに就職できないよ」「勉強できないと周りから恥ずかしい目で見られるよ」といった、勉強できないことによるネガティブな未来を想像させてしまってるんですよね。

暗い未来を見せられてやる気を100%出せる子供は多くないでしょう。むしろできなかった時に「自分はダメな大人になるんだ」と自己肯定感の低い子供に育つ可能性があります。

それよりも「〇〇を勉強してみたら××が伸びるけど、どう?」という、勉強することによる明るい未来を想像させる方がいいんですよね。

「〜しなさい」と押し付けるのではなく、子供の興味を引き出す話し方を意識しましょう。「やる気」はどんな「熱中」にも勝てません。子供を熱中させましょう。

東大生を生み出す親は子供をレールに乗せるまでのリサーチ力に長けている

ある東大生が「親には勉強しなさいと言われたことはないけど、レールに乗せるまでの情報収集はめっちゃしてもらった」と言ってました。

受験に向けて予備校を探していた時、親が自分に合う予備校を徹底的にリサーチしてくれたそうです。そして、その予備校に入ってからは「勉強しなさい」と言われることはなかったという。

前回の記事で「東大生の強さの理由は情報収集力」と説明しましたが、実は東大生を生み出す親も、情報収集力のプロなのです。この親にして子あり。

子供が勉強することに興味を持ったら、あとはパフォーマンスを最大限発揮できる環境を整えること。そして整えるための情報収集を惜しみなくすること。

これが東大生を生み出す親の教育方法の基本だと感じました。

テストの点数など、「結果」に対して口出しするのは絶対にNG

 

よく子供がテストで悪い点数を取ったら怒る親がいますが、「結果に対して口出しするのは絶対にNG」と東大生は言います。

なぜなら、テストで悪い点数を取った本人がその辛さを理解してるからです。そこに対して親がまた何か言っても逆効果だと。

親が子供に対して注意すべきは「過程」や勉強への「姿勢」の部分です。例えば試験が近いのにゴロゴロしてたり遊んでたりしてたら、注意を促しましょう。

東大生の親は勉強への監視はしない。自発的に監視させよう

もうひとつ面白いな〜と思ったのが、とある東大生が「親に勉強してる姿を見せろと言われてたわけではないけど、あえてリビングで勉強して監視させていた」と言ってました。

つまり、親は別に何もしなくていいけれど、親が隣にいることで自分を律するというやつです。

その東大生は予備校でもあえて人目の一番多いところで勉強していたと話してました。僕がTwitterにタイムラプスを使った作業風景を載せてるのと同じですね。フォロワー3万人に作業風景を見せることで自分を律するという。

しかもこれ心理学的では「自己認識」と呼ばれ、効果が立証されているんですよね。

親は子供の勉強を監視する必要は全くないんです。むしろ、子供の隣にいて普段と変わらず接してくれることが大切かと。

受験期の親の精神的な支えはやっぱり大きい。食とかける言葉に気をつけよう

自分の場合、もう大学受験が9年前とかになるのではっきりと思い出せないのですが、東大生にとって受験期における親はかなり精神的な支えになったそうです。

  • 栄養バランスの取れたご飯を毎日作ってくれた
  • 得意科目で1問解けなかっただけで保健室に運ばれるほど繊細だった子は、その度に親が遊びに連れてってくれた
  • 親が「お前ならできるよ」と何度も言ってくれた

基本的に毎日の身体を作るのは「食」なので、栄養バランスの取れたご飯は当然必要ですよね。

特に10代という多感な時期に、競争の世界である受験は精神的な疲労も半端ではないと思うので、たまにはリフレッシュに遊びに連れていくのも大切ですよね。

 

また、言葉の力は偉大で「花に与える水」のようなものです。汚い水を与えてしまうと花は育たずむしろ枯れてしまうように、ネガティブな言葉をかけ続けると、成績が伸びなかったり肝心の試験で結果を出すことができません。

逆に「お前ならできるよ」「頑張ってるね」というポジティブな言葉をかけ続ければ、自信に繋がります。

特に多感な時期なので、受験生にかける言葉には注意を払いたいところです。

聞いたところによると、親や周りの生徒の「◯◯君なら東大行けるよ!」という言葉で、ノリで東大受験を決めた東大生も多いそうです。

「ノリ」と聞くと軽く聞こえるかもしれませんが、これくらいポジティブな言葉の持つ力って大きいんですよね。それくらい言葉は人の行動を簡単に変えてしまいます(実際に彼らは東大に受かってるわけですし)

60分の授業より、その間の5分の雑談が人生を変えることがある

個別指導塾の塾長がおっしゃってた話で面白いな〜と思ったのが「問題の解き方を教える60分の授業より、その間の5分の雑談に価値がある」という話。

受験に必要な知識を教えるのは正直誰でもできると、でも間にある雑談はその先生にしかできないし、実はその雑談がキッカケで東大受験を決めた生徒とか、「この教科めっちゃ面白いじゃん!」と興味を持つことがあるそうです。

僕が話を聞いた東大生は、中学3年生の時に予備校の先生から「ピタゴラスの定理好きならこっちも面白いと思うよ」と「フェルマーの最終定理」を紹介され、その本をキッカケに数学の世界に魅了されたそうです。そしていま東大の理系に通ってると。

つまり、塾講師のささいな雑談から、多感な時期の子供たちの将来を変える可能性があるんですよね。テンプレ通りに勧められた授業中からはそれは生まれないのだとか。

つまり何が言いたいかと言うと、本当のやる気は感動からしか生まれないんです。

 

雑談が多い講師って保護者からすると煙たられるけど、実はそこに生徒の人生を変えるキッカケや、やる気を引き出す感動が潜んでたりするんですよね。

そして、子供達のやる気を引き出すためならYouTube観るとかでも全然いいと思うし、自分が親だったら子供が何に興味を持って何にハマるか分からないので、とにかく毎週色んなところに連れて行くと思います。

それにはもちろんお金がかかるけど、子供達の可能性を引き出すために、やっぱり親としてお金は稼がないとな、とこの記事を書いて思いました(親もめっちゃ頑張れ)

勉強の最大の敵である「スマホ」とどう向き合うか?

 

中高生の子供を持つ親たちが今一番何に悩んでんいるか、東大生を交えた質疑応答にお邪魔させてもらったら、その多くは「スマホの存在」でした。

机に座ってはいるけどダラダラ勉強してる、分からないことをLINEで友達に聞く、スマホゲームで遊んでる… など。

スマホが確実に子供たちの勉強時間を奪ってる上に、明らかに集中力を削いでるのです。自分もそうですが、スマホの登場で確実に注意散漫になってると思います。

僕が高校生の時はまだガラケーだったので、そこまでSNSやゲームといったものがありませんでしたが、今の子供たちはあらゆる誘惑と戦っていることでしょう。

受験を控える子供にスマホは我慢させるべきなのか?

スマホが勉強の時間を奪ってるとすれば、スマホを持つことを禁止させるべきなのでしょうか?

塾講師のアルバイトをしてる東大生が言ってたのですが、「みんなスマホを持ち歩いてる中、自分の子供はスマホを我慢してる。それなのに結果が出ないのが一番まずい」とのこと。

確かにスマホを禁止してなお試験で結果を出せなかったら、自信を失ってしまいますよね。

スマホを禁止することに意味があるのではなく、勉強習慣さえ身につけばいいんです。逆にスマホアプリを利用して勉強してる学生もいるくらいですから。

スマホとどう向き合っていくかが、課題になりそうですね。

東大生を育てる親の教育法 まとめ

ということで、東大生を育て上げた親御さんの教育方法などを聞いてきました。教育に正解はないと思いますが、何かヒントになる部分があれば幸いです。

所詮受験なんて過程にすぎません。東大に行っても不幸な人もいれば、中卒でもバリバリ楽しそうにビジネスやってる人もいます。手段と目的を見誤らないように。

そして僕のように、子供いないのに興味深くこの記事を読んでた方、めっちゃおもしろいよね!?東大生を育てる教育法

かなりいろんなシーンで応用できることがあると思うんですよね。まだまだ研究していきたいと思います。

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から