スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

このブログの編集長やってます、るってぃです。

編集長として数多くのライターさんの書いた記事の編集に携わってきました。

また、趣味として様々なメディアの記事を読むのですが、その経験を通して見つけた“稼げてるブロガー/ライターさんの特徴”を紹介したいと思います。




稼げるブロガー/ライターとは”カメレオン”のような人である

 

クラウドソーシングサイトなどでコンスタントに案件を受注し続けることができるライター(=稼げるライター)は、「カメレオンのようにクライアントや寄稿するメディアごとに文章を変幻自在に変えられるライター」だと感じてます。ブロガーも然り。

テンションの高い(勢いのある)メディア、エモいメディア、論理性を求められるメディア、インタビュー形式で進むメディア…様々なメディアがあると思いますが、どのメディアでも書ける”カメレオンのようなライターさん”は、正直めちゃくちゃ求められると思います。つまりマルチな人ですね。

エモい文章も、ロジカルな文章も、おもしろ系の記事も、インタビュー記事もできるライターさんは中々いません。メディアの性格や方向性によってカメレオンのように自分の文章をあわせられるライターさんは、長く求められる=食っていくことができると思います。

必要なのは大きな能力ではなく、”ちょっとした気遣い”

 

「そんな、あれもこれも文章書けないよ…!」

という人がほとんどだと思います。確かに全てのジャンルの文章を書ける人の方が少ないでしょう。

しかし、そんな大きな能力が求められているわけではなく、しっかりクライアントの発注意図やメディアの方向性を読み取れる、”ちょっとした気遣い”ができるライターさんを求めています。

例えば、とあるキーワードで検索上位を取りたいクライアントさんの発注意図をしっかり読み取り、SEOの技術を詰め込んだ記事を納品したり。

  • です・ます調
  • 「、」や「。」を使うタイミング
  • 「僕」ではなく「ぼく」

といった、メディアごとで統一されている文体のルールを言われずとも理解できる人など、カメレオンのように変化できるライターさんは強いです。仕事に困ることのないライターさんになれるでしょう。

 

現状、多くのクラウドソーシングライターさんが「締め切りまでに最低文字数をクリアした記事を納品しときゃいいだろ」という意識かと思います(違ったら申し訳ないけど経験上こんな感じ)。

これはライターさんの名前が出ない案件(つまり責任がない案件)だったり、みんなコストパフォーマンス(クオリティよりも早く納品すること)に意識を持って行かれてるからではないかと分析してます。

だから逆を言うと、“ちょっとした気遣いができる”だけで重宝される(食っていける)確率はグッと上がります。

自分はクラウドソーシングサイトで案件を大量受注するタイプのライターではありませんが、他メディアで寄稿する際は他のライターさんの記事や編集長の記事を一通りチェックして

 

  • 文体の細かいルール
  • メディアのテンションや方向性
  • 発注意図

を読み取る努力はしています。

「それってライターの個性を殺すってことじゃないの?」 →全然違う

 

「メディアにあわせて書け」ってことはつまり、「ライターの個性を殺せってこと?」と思われるかもしれますが、それは違います。

「カメレオンのように、意図して自分の文章を変化させることができるか」

この基礎ができて、はじめて個性的な文章やライターさんの強みが発揮できると感じます。

そもそも個性なんてものは「基礎」がある上で成り立つ上に、「型」から滲み出るものだと僕は思ってるので、それらが無くして個性なんてものは生まれません(体感ですが素人さんほど個性がどうのこうの言ってる印象です)。

「俺がルールだ。俺の文章に文句つけるメディアでは書かねぇ!」

で許されるブロガー/ライターさんはフォロワー10万人いるとか、毎回書く記事がバズりまくるとか、そういった実力のある方だけかと思います。

まとめ クライアントの発注意図やメディア毎のルールを読み取って文章を書こう

駆け出しのブロガー/ライターさんはぜひ

  • クライアントの発注意図やメディアのテンションを読み取る
  • それにあわせて自分の文章を変化させる”気遣い”を心がける

ことを意識してみてください。

こちらの動画もあわせてご覧ください▼

 

関連記事:0からできるブログの始め方!ブログで発信力をつけてお金を稼ぐための教科書

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から