「仕事辞めたい…」と悩むサラリーマンに読んで欲しい記事

これから就職活動を行い、社会人となる学生さんに是非読んで欲しいコンテンツです。大多数の学生さんはサラリーマン(会社員)という道を選択するかと思います。そこで、「サラリーマンの働き方とは」というテーマで記事をまとめたので、是非ご覧になってください。

サラリーマン(会社員)という働き方

 サラリーマンとは、日本における会社員(正規雇用)を現わす用語で、民間企業に勤める給与所得者のうち、役員や専門職(医師・弁護士など)を除いた者である。また、国語辞典にはサラリーマンを、「給料で生計を立てている人」・「給料取り」・「勤め人」などと解説している例もある

出典:Wikipedia

 

日本人の大多数は大学(高校)卒業後、企業に就職という形を取ります。僕も就職経験者です。

サラリーマンの強み

毎月安定した給料がもらえる

真面目に出勤し働くことで、その成果に関わらず毎月安定した給料をもらうことができます。仕事の数によって収入が変動するフリーランスと大きくことなるのがここです。

福利厚生の手厚さ・社会保証制度の充実

企業に雇用されることで社会福祉、公的扶助、医療保険、労働保険といった様々な社会制度を保証してもらえるのが会社員のメリットのひとつです。健康保険、健康診断、退職金、育児休暇、介護休暇、有給制度など。

社会的信用が高い

企業のブランドや毎月安定した収入があることから、社会的信用が高く、クレジットカードを作ったり、ローンを組みやすいのがサラリーマンの強みです。

めんどくさい年金・税金・経費計算の手間がかからない

フリーランスをしていて感じるのが本当に税金や年金、経費計算といったお金の管理がめんどくさい…。こういったお金周りのことを会社が請け負ってくれるのもメリットのひとつですね。

給料をいただきながらスキルを伸ばせる

会社員のメリットをしっかり理解しましょう▼
安易な独立・起業考える若者は大企業に勤める5つのメリットを理解してるの?

サラリーマンとして働くことのデメリット

決まった時間に出勤しなければいけない=生活が縛られる

(日本の場合)残業といった長時間労働

職場の人間関係

1つの環境に依存するので、そこにいる人たちは基本的にコントロールすことができません。

時間=命。命を燃やして生きてることをしっかり理解しよう

サラリーマンは労働集約型の働き方。働いた「時間」に対してお金が発生する雇用形態。つまり、命を消費してお金をもらってるということです。

そこはしっかり理解して働きましょう。

俺がサラリーマンに戻るならこうする!

実際にサラリーマンだった僕がフリーランスとして独立するまでにやってきたことに関してはこちらの記事を読んでいただきたいのですが、もし僕がもう1度サラリーマンに戻るなら「こうする!」ということを紹介していきます。

会社員のメリットを最大限に利用し、最短で成長する手法です。

尊敬できる先輩はいるか?ベンチマークを見つける

 

サラリーマン+複業が最強!

 

安定収入をもらいながらスキルを蓄えてく

辛い。時間の無駄。尊敬できる人がいない。それなら辞める

将来自分がどうなりたいのかをしっかり考えよう

まずは自分のなりたい将来像や送りたいライフスタイルを想像しましょう!

フリーランスになりますか?

それでもフリーランス目指しますか?

いきなり独立より転職はどうですか?

 

好きなことを仕事にするのは全く難しくない

僕が今までやってきたことをまとめてます。

 

豊かで充実したサラリーマンライフを!

The following two tabs change content below.