シリコンバレーと日本の働き方の違いをあらゆる視点から説明したいと思う

 

Airbnbを通じて多様な働き方・生き方をする人々と出会い、そして僕自身「世界で戦える人間になりたい」と感じ、IT最先端の街「シリコンバレー」で取材・勉強してきました。

シリコンバレーとは

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコのサンタクララ・パロアルト・サンノゼ地区の通称。谷(Valley)と呼ばれる盆地地帯に、半導体産業や大手コンピューターメーカー、ソフトメーカー、ハイテクベンチャーなどを中心としたIT企業、そして研究所や関連企業が密集しているため、半導体の代表的な素材であるシリコン(Silicon)にちなんで名づけられた。アメリカの情報・通信産業のメッカ。Intelなどもこの地で創設された。スタンフォード大学のノーベル賞学者、ショックレー(William B.Shockley)教授が半導体の研究所を設立したのをきっかけに、同大学の周辺に半導体産業が集まったとされる。

出典:コトバンク

 

シリコンバレーで8企業・1大学、そこで生活するワーカー・フリーランサー・投資家を取材し、リアルな現状の日本との考え方の差、働き方の違いを感じました。

これを読めば、シリコンバレーのリアル、そして現在の日本との”差”を感じられるかと思います。

まとめてみたので、是非参考にしてみてください。

シリコンバレーの働き方 目次

*随時情報を更新していきます。

The following two tabs change content below.