サラリーマンからフリーランスになるとどうなるの?独立1年目を振り返ってみた

こんちわ!るってぃ(@rutty07z)です。

今日で2016年最後の日ということで、今年1 年の自分を振り返りたいと思います。

感情のままに書いたし、マジで長いです(1万文字超えた)。

「来年の年末にまたこの記事を読みたい」と、自分への忘備録のために書いてたんですが、

今年独立して取った行動とか戦略的なこと書き記してたら止まらなくなってしまって、たぶん誰かの役に立つと思います←

今年は「いつ死んでもいい」くらい予想以上のパーフェクトな1年になりました!

では年末年始の暇つぶしにでも読んでください。

1月 様々な勧誘、並行してこなす企画、勉強…そして退社を伝える

img_4357

今年の1月は大変だった。本当に一番大変だった。

この時期はまだ勤め人をしてたわけで、まあ仕事自体はやることやればOKだったんだけど、もう完全に心の中は「独立」で固まっていた。

その矢先、知り合いで起業してる人2人から「うちの会社に来ないか」的な話、カッコよく言えばヘッドハンティングかな?←
「◯◯万円出すし、他に好きなことしていい」と言われたもんだから迷ったよね。

こんな話が来たから、どっちにしろ勤めてる会社には「辞表」を報告。

並行してAirbnbブログ『エアログ』の方では企画をこなしていく。

img_4276

関連記事:気をつけろ!Airbnbで網代の別荘地に泊まりに行ったら幸せ死にするか思った!

さらに知り合いの税理士さんから「WEBで食っていくならフォトショ・イラレは必須だ!」と言われ、その界隈では有名な先生の講義を1日受け、フォトショ・イラレの基本操作を叩き込む。

一方辞表の意を伝えた会社の上司はカチキレ。

「独立!?」「無理だ」「考え直せ」と散々言われるが無視を決め込む←

2月 フリーランスとして晴れて独立

そしてあんなに反対してた上司とはうって変わって、さらに上の部長は「別にええんちゃう?」という感じ。

「今週辞めていいよ。俺が君やったら、さっさと辞めて次のこと本気でしたいもん」と言ってくれた。

まぁ今思えば「長く働く気もない新卒社員を引き止めること」に本気でどうでもよかったんだと思う。
でもこの部長のおかげで身内の誰か死んだことにしてまで休もうとしてた社員旅行に行かなくて済んだ。何回この言い訳使って親戚死んでんだよと。

というわけで新卒で入った会社を10ヶ月で辞めるゆとりっぷりを遺憾なく発揮し、フリーランスになったわけだ。
俺は自由になったんだぁぁ!!

img_4767

それからは「自分がサラリーマンしてた」なんて嘘かのような生きっぷり。
毎日好きな時間に起きて、好きな仕事して、次の日の仕事の心配することなく飲んで…

まるで「学生」の時に戻った気分だった。
いや、学業もないし、「学生より最高だ!!」と思った。

エアログも新ドメインに移行し、デザイン含めて大リニューアル。
キャラクターも用意し、もっと読者への「伝わりやすさ」を重視していく。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-16-20-05

一緒にエアログをやってる相方ケンタロックも会社を辞め、2人で一緒の家に住みながらAirbnbをして、そしてパソコンをカタカタする日々。

退社までにエアログ(当時運営半年ほど)を通してたくさんのAirbnbホストさんと知り合えてて、Airbnbやってる人って事業者とかお金持ちの方が多いから、

「困ったらうちの清掃会社で仕事あげるから」とか「いつでもご飯作るから」と言ってくれた。すごく心の支えになった。

そして僕もケンタロックも海外での留学経験があったおかげで、「日本は平和すぎて絶対に死ぬことはない」ことを知ってたから頑張れた。

僕自信は「もし1年後死ぬとしたら、今のままだと後悔する、だから頑張ろう」という気持ちで手を動かした。

関連記事:1年後死ぬとしたらどうしますか?2パックが行動を起こすキッカケになった

そして「独立したら孤独で寂しいぞ」と良く言うが、それもAirbnbをしていたおかげで大丈夫だった。

img_4766

常に家に帰れば「おかえり」と言ってくれる世界中からのゲストがいる。本当に楽しく、無理することなく頑張れた。

3月 Airbnbといえば「エアログ」を目指して

もう本当にブログ書きまくってたし、色んな現場に足を運んでた。「Airbnb=エアログ」をひたすら目指した。

ホームステイ型Airbnbホスト(自宅でAirbnbをする本来あるべき姿の民泊)を守る為、『We Love Airbnb』という団体を僕の年上の相棒(と勝手に呼んでいる)のBooks&Appsのカズさんと作った。

img_4643-2

関連記事:エアビーを本気で楽しむ!We Love Airbnb設立

そして定期的にミートアップを開催し、自宅型ホストさんはできるだけ結束して、法律に対して訴えかけていこうというような啓蒙活動を始めた。

img_5237-2

これを機にAirbnb Japanの社員の方とお話しするようになり、お花見ミートアップのMCを任せられたり、関わりを持つようになった。順調にAirbnb界隈では知名度を伸ばしつつあったと思う。

4月 夢のゲストハウスを大阪で開業へ

img_7198

そして4月に1つの夢が叶うことになる。

相方のケンタロックが大阪で「ゲストハウス引き継ぎ」案件をネットで見つけた。

なんでもオーナーが引退し移住するとのことで、ゲストハウスの後任オーナーを募集しているとのこと。
それも低家賃で家具・家電フル装備(+漫画3,600冊)、そして簡易宿所付きの物件。

Airbnbが法律によって風当たりが厳しくなる中で、「簡易宿所の許可取得済み」は相当魅力的だった。

というわけで応募。
しかし時すでに遅く、10件以上の応募があった上に、すでに1組(しかも法人)と契約を進めているとのこと。

「あ〜遅かったか〜」と少し落胆したが、なんと後日オーナーからメールが。

「法人との契約がつまづいている。君たちのブログを読ませてもらったが、君たちに魅力を感じる。1度大阪に来てくれないか?」と。

すっ飛んで2人で大阪に向かい、オーナーと対面。
本当に気さくでいい人で、エアログを読んで、直感で僕たちを選んでくれたらしい。

というわけでその場で法人さんにお断りの連絡を入れてくれて、晴れてゲストハウスを運営することになった。
「30歳までにゲストハウス」を運営するという夢が叶った。

img_7199

関連記事:Airbnbブログ書いてたら大阪でゲストハウス経営という夢が叶った

思えば留学から帰って来て、「日本でも外国人と交流できる仕事したいな〜」と思ってた矢先、相方のケンタロックが大阪のゲストハウスでバイトをしてた。

そのゲストハウスを紹介してもらい、学生しながら2人で同じ場所で働き始めた。2014年の話。

それから2年で、こんなに早く2人でゲストハウスオーナーになる時が来るとは思わなかった。

エアログハウス-Commic Inn-

てゆうかブログがすごい。まさに「積み上げる名刺」

メールのほんの下に「これが私のブログです」とちょっとURLを張り付けとけば、向こうは読んでくれる。自分のことを知ってくれる。仕事が獲りやすくなる。

ブログの可能性をめちゃくちゃ感じた出来事だった。

5月 色んな人に会い「信用」を積み重ねる意味を知る

img_7212

大阪のゲストハウスのセットアップをマッハで終わらせ、運営兼管理はケンタロックに任せることに。
自分は東京の杉並の物件の管理を担当。

このころから今までの自分になかったところへ関わりを持つようになる。

ブロガーと交流

言わゆる「ブロガー」と呼ばれる人たちと交流を持つようになった。

「ブロガー」と聞くと「根暗でコミュ症で陰キャの集まり」というイメージがあったんだけど(失礼)、歳も近くみんなそれぞれ「野望」をもって活動してる点で、すぐに仲良くなれた。

「おもしろAirbnb物件泊まってみた」企画に巻き込んでみたり

img_6762

【参考】:女子2人とAirbnbでローリングストーンズ部屋に泊まってみた

家を断捨離した(?)ブロガーを泊めてみたり

img_6878

【参考】:民泊の魅力を伝えるために日本人にAirbnbを体験してもらった

自宅に招いてAirbnbゲストと一緒にパーティーしたり

img_6946

【参考】:宿泊だけじゃない!Airbnbはパーティー利用でも楽しめる

今までAirbnb界隈の年上の方々としか関わりがなく、相方と2人で細々とブログ運営をしてた自分にとって、とても新鮮だった。

やはり彼らは「発信力」はあるので、彼らと関わることでノウハウを勉強し盗む。
自分たちもここらへんから「発信力」が強くなったと思う。

人生初のブログでバズった

発信力が強くなったと確信した出来事は、「人生で初めてバズ」を起こしたこと。

img_6552

エアログがテレビ朝日のスタッフさんの目に止まり、民泊の現状を伝える立場として「報道ステーション」に出演させて頂いた。

そしてブログにはAirbnbをやっていて日々感じる「日本人の外国人に対する差別、心の鎖国」という鬱憤をぶちまけた。

関連記事:テレビで民泊の現状を伝えました。日本はかなりヤバいと思います

書いた翌日の朝は忘れない。

僕はいつも朝起きたらグーグルアナリティクスでブログのアクセス数を確認するのだが、朝8時の時点で「2万PV/日」とかいっててリアルに「?????」ってなった。

調べるとフェイスブックを中心にクソ拡散されてて、結果2日で6万人近い人に読まれた。
すごくブログに対して自信がついた出来事だった。

人と会い「信用」を積み重ねる「ギブアンドギブ」を理解する

さらに5月から実験的に「炭水化物コンサル」をいうのを始めた(このサービスはもう終了してます)。

img_6634

「飯奢ってくれればAirbnbのコンサルしますよ」というサービス。
1ヶ月で40組ほどかな?依頼が来て、ご飯をご馳走してもらい、その代わり1~2時間全力でコンサルした。

飯なんて安けりゃ1000円以下。けど提供するコンサルは自分では「1万円以上」と自負してる。

この企画が後に「ギブアンドギブの意味」「信用を稼ぐ」ことへの理解に繋がってくる。

6月 パン屋再生に乗り出し、インバウンドは商店・地方創生への鍵だと認識する

14470946_978513515605410_1375717169_n

炭水化物コンサルで知り合った方から「近所の潰れかけのパン屋を助けたい」という依頼を受け、Airbnbなら知識はあるので協力することに。

関連記事:Airbnb使って潰れかけのパン屋を繁盛させます!

そしてまさかの、自分の居住スペースも用意して頂き、代々木にも拠点ができた。
そしてここでもゲストとの交流を楽しみつつ再生を手伝った。

ブロガー達も来てくれて、彼らは発信力はあるもんだから口コミでどんどん広がった。

img_8932

おかげでパン屋は今潰れずに済んでいるし、あんなに暗い顔してたパン屋のマスターも少し姿勢も伸びて笑顔は増えたし、今では外国人とも普通に接客できるくらいになったのだ。

あと復活したイエローモンキーのギターの人とか来た。

img_8900

初のセミナー依頼。仙台で東北復興Airbnbセミナー開催

また、これも炭水化物コンサルで知り合った方から、初めてAirbnbセミナーの講演依頼を受けた。しかも仙台。

初めて被災した仙台に訪問し、被災地の現状を目の当たりにした。

じゃあ東北に外国人を誘致し、東北を盛り上げようぜ!というわけでAirbnbのセミナーを開催。
その場でAirbnbホストが5人も誕生した。

img_7705

本当に仙台の人たちは暖かく、そして各々が被災による様々なバックグラウンドを持ってたりする。
震災の影響で仕方なく商売をしなければいけなくなってしまった人、家族を守るため、地元を変えるため、理由は様々だ。

だけど僕のセミナーを受けて、「背中押されました!」と今東北で事業を頑張ってる人たちがいる。

コンサルで出会った人、仙台でのセミナー、代々木のパン屋再生。

自分の幸せは「稼いでお金持ちになる」とか「自分ごと」によって決定するのでなく、「人を幸せにすること」が自分にとって1番の幸せだと感じた。

「自分大好き。自分良ければ他人の人生なんてどうでも良い」と思ってた僕にとって、信じられないほどの心境の変化だった。

7月 蒔いた種が一気に開く

7月といえば僕の誕生日月。7月はほんとにいろいろあった。地道に蒔いた種が全部開花した。

アジア初のホームシェアリングクラブ設立

img_8939

3月に『We Love Airbnb』を創設した僕たちですが、Airbnbジャパンから「ホームシェアリングクラブ東京を立ち上げよう」という話が出た。

これもまさしく「ホームステイ型のAirbnbホストを守る会」で、世界中のAirbnbホストがAirbnbを愛する余り立ち上げている。

東京はアジア初の快挙で、世界で54番目。
ホームスステイ型民泊の健全さをしっかり伝え、より良い法律ができるようロビー活動を行っていく。

選挙期間中に議員さんの事務所に訪問し、民泊を楽しむ1有権者として、民泊の素晴らしさを伝える手紙をみんなで作って届けたりもしました。

img_8052

今でもホームシェアリングクラブのミーティングを毎月行って、イベントや効果的なアプローチの発案を行っている。

北海道旅行で将来の日本の縮図を見る

北海道に1週間「暮らすように旅」しに行った。
特に何の予定もない普通の旅行になるはずだったが、本当に思わぬ出会いや収穫が。

洞爺湖に「北海道の母」ができたり(るってぃは47都道府県に「お母さん」を作ることを人生の目標にしており、現在金沢の実母、東京、北海道にいる)

img_9150

関連記事:ゲスブロガーの母はゲスなのか洞爺湖の実家に泊まって検証してきた

*クソマジメゲスブロガーあんちゃの実母です。10月にもお邪魔しました。

そして初めて財政破綻した町、夕張市に訪問。そこで未来の日本の縮図を見たような気がしました。

img_9606

関連記事:財政破綻した町「夕張」で、未来の日本の縮図を見た【前編】

この町で地方創生に何か貢献できないかと本気で考えるようになった。
そして北海道のAirbnbホストさんと協力し、9月に夕張内・外の人を巻き込めるようなでイベントを開催することが決定した。

関連記事:きっかけはAirbnbだけど日本中で町を活気づけるムーヴメントが起きれば勝ち

7万円入った財布を落とし、人生初のクラウドファンディング挑戦

また北海道から帰る直前に7万円入った財布を落とした。人生で初めて財布無くした。

北海道旅がパーフェクトだっただけに、あまりにも悔しすぎて、人生初のクラウドファンディングに挑戦することになった

これが4時間で目標の7万円をサクセスし、結果として17万円が集まった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-21-22-42

これは正しく、5月からの炭水化物コンサルなどで積み上げた「信用」が「現金」に変わった瞬間でした。

自分の中でこれがかなり衝撃的で、クラファンの大変な所含めて仕組みを全て理解することができた。

そしてこのクラファンを通じて「るってぃさん見て自分もクラファン挑戦してみようと思いました!」と声をたくさん頂いた。

そりゃそうだ。「財布落としてクラファンできるならみんな勇気付けられるわな」と。
敷居の高いクラファンの、ハードルを下げることに貢献できたかな、と思う。

Airbnb創業者 ジョー・ゲビア来訪

そしてAirbnbのファウンダーのジョー・ゲビアが、「Airbnbでパン屋再生ストーリー」を聞きつけ、わざわざサンフランシスコから東京にやってきてくれた。

14459892_974795165977245_1279662604_n

関連記事:Airbnbで再生させたパン屋にエアビーの創業者が来店した時、僕の夢は叶った

img_0155

Airbnbのおかげで人生が動き始めた自分にとって、Airbnbの創業者に会うことは夢だったし、直接感謝を伝えたかった。

そして他人のために価値を提供し、発信することで、自分の想いは世界にも届くし、夢は叶うってことがよく分かった。

こうしてパン屋のストーリーは世界中でも発信され、なお現在も潰れずになんとかなってます。

8月 本当のクラウドファンディング挑戦に向け準備

ジョーにあった翌日に悔しい思いをする。
それはジョーと「対等な立場」で仕事する日本人の姿を目の当たりして。

img_0251

関連記事:Airbnb創業者と会うだけじゃダメだ。悔しい。もっと成長したい

この時漠然と「世界で活躍するような人間に自分もなりたいなー」と思うようになった。

そして11月にロサンゼルスに行くことは決まっていたので、「どうせならシリコンバレーとかで勉強してみよう!」

ってことで。その旅の資金も全てクラウドファンディングすることに決めた。

だから8月はその準備を始めた。

具体的にやったことはnoteで有料コンテンツ作成と、「メンヘラコンサル」という僕に「会いたい!」って言ってくれた人には無料で会い、相談乗りますよ〜というもの。

f:id:rutty07z:20160813222545j:plain

関連記事:【8月限定】今月メンヘラなので「会いたい」と言ってくれる人全員会います【メンヘラコンサル】

この企画だけで30人ほどに会い、全力でコンサル、お悩み解決。
さらに信用を稼いでいく。

ニューヨークからの親友が来て、フリーランスの素晴らしさに感動

img_0724

8月にはニューヨークの僕のダンス友達が日本に2週間やってきた。

フリーランスだから2週間仕事をほとんど休みにし、ほぼ彼らと付きっきりで遊んだ。
ほんとにフリーランスになって良かったと思った瞬間だった。

関連記事:フリーランスとは最も人の欲望に沿った「人間らしい」働き方

9月 夕張でイベント・仙台へ来訪

img_1051

Airbnbを通して1つのお店を再生できることが分かったので、「じゃあ次は町を再生させるんじゃないか?」と思って、7月に訪問したした夕張でイベントを開催!

夕張で活動する方々に廃墟や名所を案内してもらったり、美味しい夕張のご飯を食べたり、お風呂に川遊び、ドローンやキャンプファイヤー、廃校に宿泊など、最高すぎた。

img_1119

結果として30人ほどの人が集まって頂き、その魅力をブログでも発信。

関連記事:夕張の面白さと可能性を充分に感じたし、それをたくさんの人に知ってほしい

さらに北海道新聞にも2度取り上げて頂いた。

また6月に訪問した仙台でマリオカートが導入され、「マリオカート×Airbnb」「ドローン×Airbnb」など、地方創生に繋がる新たな可能性を発見できた。ほんと、遊びに遊んだ。

img_1361

来年は継続して「地方」も視野を入れ、遊んでそれが復興に繋がるような活動を取り組んでいきたい。

あ、ちなみにエアログとは別で、9月にこの個人ブログ『ここから!』を開設。
「多様な働き方」や「ライフスタイル」を中心にHACKしてます。

そして今やってるブログコンサルを始めたのも9月。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-22-01-40

10月 クラウドファンディングサクセス!

そして10月には、本気のクラウドファンディングがスタート。

内容は「アメリカの起業家・フリーランサーに取材し、最先端の生き方・働き方を勉強したい!」というもの。

8月から戦略的に人に会い(メンヘラコンサル)、価値を提供し、信用を積み重ねることを続けた結果、目標の30万円もすぐクリア。
結果的に54万円集めることができた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-0-24-36

また10月はフォトショップ・イラストレーターの知識を深めようと思い、同い歳の脳内アーティスト稲沼氏のデザインレッスンを週1で受講。

おかげでブログのヘッダー画像、バナー、フライヤー、名刺などは外注なしでも1人でできるようになった。

rutty07%e6%9c%80%e7%b5%82

「自分ができること=スキル」を1つずつ増やし、渡米の準備を進める。

そして10月はイベントに2つもスピーカーとして登壇。

s__50298884

まさか独立1年目で「人前で喋る側」に行くとは思わなかった。

img_2958-2

関連記事:自己中に自分を発信しろ!レールを外れた無職が夢を語るとどうなるか証明する

これらのイベントを通して、「自分はやっぱり教育や誰か人の背中を押す仕事に携わっていきたいな」と感じた。

11月 アメリカで取材〜勉強〜

そして11月は3週間アメリカで勉強しに渡米。ロサンゼルス、シリコンバレー、ニューヨーク。

gpexportphoto-2

8企業1大学を訪問し取材。学んだことは記事にもしているので是非読んでほしいです。
関連記事:シリコンバレーと日本の7つの思考の違いと働き方の格差

img_2222.jpg

ロサンゼルスで開催されたAirbnb Openでも僕らは紹介されてめちゃくちゃ嬉しかった。
世界は広く、外に出るたびに自分の世界が拡張していく感じが本当に楽しい。

15416928_1049168268539934_1350059150_n

そしてアメリカでインプットしたことをアウトプットしに、1月から全国6都市で講演イベントをやらせてもらう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-19-59-35

関連記事:【イベント告知】ミレニアル世代が21世紀流の働き方ってもんを教えてやるよ!!

12月 アメリカで学んだことを少しづつ消化し自分のものにしてるとこです。

11月がほとんどブログ執筆などアウトプットに時間を避けなかったので、12月はひたすら記事を書いてる。

やっぱりアウトプットすることで、向こうで学んだことは自分の体に取り込まれ、レベルがまた1つ上がる。
まるでドラゴンボールのセルになった気分だ。

東京大学で民泊に関するワークショップをやらせてもらったり、このブログ『ここから!』も運営開始3ヶ月目で月間10万PVを突破。

15645602_1061222050667889_1367849439_n

最近は「どこをどうすればお金が生まれるのか」「どうすれば遊びを仕事にできるのか」ってところが手に取るようにわかる。そんな気がする。

ここらへんの考えを言語化できるところまで落とし込めたのが本当に嬉しい。

関連記事①:人に笑われた時は大きなチャンス。全員が「いいね」と言ったらもう手遅れ。
関連記事②:単にお金を稼ぎまくるのではなく「賢く稼ぐ」ことで幸せになる3つの方法

今年1年はお金を稼ぐことに必死になろうとしたけど、結局お金なんて稼いでも使えば消えてくんだ。

なら俺は一生消えてなくならない「体験」を稼ぎたいし、先に人からの「信用」を稼ぎたい。

img_6703

今年1年の収穫

今年独立して1年で学べたことは主にこの3つ。

①お金の本質と稼ぎ方が分かったこと

pic

まだまだだけど、おそらく普通の人なら3~40代いかないと気づかないことをもう25歳で分かった気がします。

お金とは?

「なぜ」お金が、「どうやったら」生まれるのか・特に炭水化物コンサルを始めて5月あたりから急激に理解を深めれた。

この記事を見てる人は来年、「お金」ではなく「信用」を稼ぐってことを挑戦してみてほしい。
本当に見えてくる世界が違ってくると思います。

②「頭のおかしい」人脈が超絶増えたこと

img_7759

Airbnbを始めた僕の一番の収穫は「世界中に友達」ができたことでも、「収入が増えたこと」でもなんでもない。

「(良い意味で)頭のおかしい日本人との人脈が増えたこと」だ。

  • 知らない外国人を自宅に泊めるサービスなんて、ほとんどの日本人は怖がってしない。
  • 安定した仕事を辞めて独立なんて、ほとんどの人はしない。
  • ブログを使って飯食ってますなんて、ほとんどの人は挑戦しない。

だからこれらを踏み込んで挑戦した人は普通のレールから外れた「頭のおかしい人たち」だ。

大体そういう人は起業家だったり、何か成功してる人だったり、信用持ちだったりするわけだ。
特にAirbnbホストは良いイカれ具合。

img_1136

そういう「イカれた人」との人脈をAirbnbとブログを通して付き合える。
たぶんこの1年で3~400人には会ったんじゃないかな。

だからこの1年死なずに済んだ。

こんな人脈、自分と同じ社会人3年目のサラリーマンでは到底無理だろう。

③ありえないスピードでの思考の変化

s__50298888

自分がブログで発信やお金を稼ぐたい理由なんて、「モテたい」「チヤホヤされたい」「ワイン飲みながらタワマン住みたい」とかなのに、

  1. パン屋再生→自分の最大の幸せは他人を幸せにすることで得られる
  2. Airbnb創業者と会う夢を叶える→自分も世界で戦える人間になりたい
  3. 夕張に訪問→未来に日本の縮図を見て、地方創生に関わり出す
  4. 服欲しい、タワマン住みたい→モノは行動を縛り幸せにしない、「体験」を買いたい

というような、自分でも信じられない思考の変化が起こった。

たった1年で人ってこんなに考えが変わるものなんだな〜と。

2017年どう生きる?目の前のこと淡々とやるのみ

dsc_4383-31

2017年の目標は、特にないかな。
発表するだけたぶん無駄なんですよね。これだけ思考がぐにゃんぐにゃん変わるんだから!

でもシリコンバレーから帰ってきて、色々ヒントを得たので、「やりたいサービス」が2つほどできました。

簡単に言うと「日本人全員プロ無職化計画」。笑

また詳しくは別で詳しく言いますが、現在のキャリアや生活に悩んでいる人に「サバイバル力」や自分の学んだ「戦略」を教えるオンラインサロンかつ、一緒に働けるスペース提供もできたらと。

f:id:rutty07z:20160726220747j:plain

そんでみんなプロ無職なったら、俺と一緒に遊んでくれる人も増えるじゃん!ってこと。
これを目指してやってこうかな、と思う。

f:id:rutty07z:20160808094010j:plain

というわけで2016年は笑われたり、バカにもたくさんされたけど、自分の期待以上の結果と思考の変化が起きたパーフェクトな1年だった!

本当に何より最高に楽しかった!
もういつ死んでいいとこまでいけてよかった!

来年も自分のペースで遊びに遊んで人に会って、プロ無職ライフをHACKしたいと思う!!

以上!!!来年もプロ無職るってぃをよろしくお願いします!

dsc_4406-36
The following two tabs change content below.

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事