スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

こんにちは!るってぃ(@rutty07z)です!

ヨーロッパ行きのためのクラウドファンディングがスタートしました。

▶️クラウドファンディングでヨーロッパを取材し、多様な生き方を発信したい

 

今回で3回目のクラウドファンディングになりますが、3回目ともなると目標金額達成までの手順や戦術的なのはなんとなく分かります。

しかーーーし、同じアイディアを繰り返してもスケールしないし、僕は前回と同じ金額(54万円)で終わりのはぜっっっっっっっったいにイヤです!!

というわけで今回のプロジェクトは「クラウドファンディングチーム」なるものを作りました。

Crowdfunding5

 

僕は才能がないので1人でアイディアやPR戦略を練っていても限界があるし、なにより時間の無駄すぎる。

それなら協力してくれるメンバーを集め、みんなでアイディアを練ったほうがいいんでない?ということですぐさま運営してるオンラインサロンでメンバーをチームメンバーを募集しました。

今回の記事では、個人がチームを作ってクラウドファンディングを行うことのメリットなどを説明していきます。

個人クラウドファンディングで「チーム」を作ることのメリット

①個人では思いつかないアイディアがでまくる

Crowdfunding9

 

個人のクラウドファンディングでは、プロジェクト原稿の書き方やリターンのアイディア出し(金額設定)も1人で行います。

自分に出せるアイディアなんてたかが知れてることは分かってるので、チームメンバーにもアイディアをたくさん頂きました。

スクリーンショット 2017 06 29 17 28 51

 

ちなみにこのキャップリターンは、チームメンバーからもらったアイディアです。
プロジェクト公開初日に支援いただきました。

 

他にも

  • プレスリリースに関する情報提供(るってぃはここらへんの知識なし)
  • ヨーロッパでの取材先のリスト
  • メンバーがコネクションを持つ教育機関や地方メディアへのアポ取り(これから予定)

といった情報も。やっぱり自分1人のアイディアなんて限界があるので、とにかくプライドなど捨て、アイディアを共有してもらうこと大切だと思います。

 

②個人が負担する労力の軽減

クラウドファンディングはやることが異常に多いです。1人だと労力の負担が激しい。

そこで今回チームを組んだ理由の1つは、僕自身の労力の軽減。もちろんメンバーには「仕事」として依頼するつもりです。

やるべきことはヨーロッパ渡航前に終わらせておき、旅中はそこに100%集中する。結果として良い情報を支援者や読者に還元できるかと思います。

僕自身今後伸ばしていきたい力に「振り力(ふりりょく)」があるので、しっかりチームリーダーとして正確に仕事を振りつつ、かかる負担を減らしていければ、と考えてます。

あわせて読みたい

1つ上のフリーランスへ!「旅力×振り力×アウトプット力」で遊びながらお金を稼ぐ!

③クラウドファンディングに関わるメンバーにもメリットは多い

今後メンバーがクラウドファンディングに挑戦するときのために、僕が感じたことやアイディアは全てグループチャット内で共有してます。

なんなら記事にして読者にも共有します→クラウドファンディング開始1日目で20万突破!見つかった課題と今後の展開

スクリーンショット 2017 06 29 17 53 02

 

クラウドファンディングって実際にやらないと分からないことだらけなので(自分はそうだった)、一緒にプロジェクトを行ってるつもりで進行していけば、メンバーが自で分挑戦するときに活かせるノウハウはたくさんあるかと!

④なにより「みんなで」クラウドファンディングしてる感が楽しい!

Crowdfunding3

なにごともそうだと思うけど、「まずは自分が楽しむこと」が最大の成功のコツだと思います。さすがに3回目ともなると1人でクラウドファンディングするのも飽きてくるんですよね。

ならチーム作って、みんなでクラウドファンディングすれば楽しいじゃん!って。結果として最高に楽しいです。

プロジェクト公開15分前はハンターハンターの王討伐前にみんな集まるシーンを思い出しました。

 

もう本当にチームメンバーのみなさん協力的で、感動しました…。プロジェクト開始前のチャット↓

スクリーンショット 2017 06 29 18 09 40

 

個人プロジェクトをチーム制にするノウハウをインストールしていく

「個人のクラファンプロジェクトをチーム制にする」という試みは、ただやっているわけではなく、もし上手くいけばこのノウハウを他の人にも提供できると思ったんです。

これからクラウドファンディングの知名度もどんどん上がって、挑戦する人も増えていくと思いますが、その多くは個人(1人での)プロジェクトが多いと予想します。

個人でクラウドファンディングに挑戦する人のために、今回で蓄積された「チームを導入すること」のメリットやノウハウを惜しみなく提供していくことを約束します。クラウドファンディングの関わり方の選択肢を増やせればな嬉しいな。記事にもしていきます。

Crowdfunding 534

 

クラウドファンディングをサポートするということは「挑戦する若者をサポートする」と同等の意味。そんな人たちの夢の達成を少しでも応援できたら、と本気で思ってます。僕は日本を面白くして自分自身の人生を楽しみたいのだ!

果たしてどのようなシナジーを生むのか。楽しみにしててください。

そんなクラウドファンディングチームメンバーを紹介するぜ!

現在のチームメンバーを紹介します。本当に頼もしいみなさんです!恩を返せるように頑張るぞ!

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から