昨日まで韓国で食い倒れまくり、日本に帰る飛行機の中で、ホリエモンと幻冬社・箕輪さんの対談を編集した書籍を読んでいた。

スクリーンショット 2018 06 07 20 09 19

堀江貴文のマッハ対談 箕輪厚介編

 

ホリエモンはグルメなことで有名で、有料メルマガでもオススメのお店を紹介してたり、寿司握ってる様子をFBにポストしたり、多動力では「1日10食食べ歩きしろ!」とか語っていて、

「めっちゃ飯食うの好きやん」「まあ金持ちはグルメになるわな」くらいにしか思っていなかった。

でもそれは違っていて、この本を読んでホリエモンは「世界で勝つためにシェフになった」ということを知った。

つまりこういうことだ。

世界で勝つためには「言葉のない世界」に行く必要がある。例えばキングコング西野さんが絵本をヒットさせ、世界中で販売したり個展を開催している。

ニューヨーク個展2日目。 これからギャラリーに向かいまーす。

AKIHIRO NISHINO📪さん(@otogimachi)がシェアした投稿 –

 

チームラボの猪子さんはデジタルアート集団として、世界でも注目されている。

 

ホリエモンは寿司屋をプロデュースしたり、アプリ作ったり、そしてなんとベッカムを築地に案内するなど、日本の美味い飯とお店を知り尽くしている「シェフ」として海外では知られているのだという。

「あいつに任せれば日本の美味いもんは一通り食える」と海外セレブの間で口コミで広がり、堀江チームがツアーコーディネートするという戦略。「シェフは世界で勝つために最もリーズナブルな戦略」と語っている。

バスキアの絵を123億円で買うお金はない。だけど、食は人間の三大欲求のひとつであり、永遠に無くなることもない、言葉も必要のないジャンル。

しかも実際に「Asian TOP 100」にも選ばれ、来年には「World’s 50 Best Restaurants」を狙っているという。

ホリエモン自身もよく語っているが、これからの時代、稼げる(上手くいく)のはDJのようなキュレーターだ。ホリエモンは「料理のDJ」、つまりグルメのキュレーターとしてリーズナブルに世界に進出し始めているのだ。

「音楽はDJが、料理は食べ歩いてる人が一番儲かる」成功のコツは”情報持ち”と”アウトプット力の高さ”

自分が世界で戦うためには?

僕は2年前のあることをキッカケに、世界に行くことも見据えてる。

今はまだ国内の規模で情報発信だったり、講演会やプロジェクトの企画、オンラインサロン運営を行なっているが、いずれは勝負のタイミングで世界にも挑戦していくつもりだ。

 

ただ、世界に出て行くための具体的な戦略は、特にまだ決まってない。でも、世界をステージに何かしている自分はイメージできるし、「スマホ1台旅」あたりから自信というか、何か手応えみたいなものは感じている。イメージできたものは現実化するから、まず「イメージできたこと」が大切だと思ってる。

何を武器に世界で戦うか、どう進出していくのが効率的か、コストは?需要は?この本は、「世界で戦うには?」を再度意識させてくれた。

 

自分はたった1度の人生、国内の規模で留まりたくない。てゆうか、世界を見据えた規模で活動しないとそもそも国内も獲れない。

目標は高く、上を目指してストイックに行きたいと思う。

堀江貴文のマッハ対談 箕輪厚介編

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から