ブログ始めて2年半、ようやく自分がやりたかった所にきた

どうも、プロ無職るってぃ(@rutty07z)です。

昨年の8月に思いつき、11〜12月まで実際にスマホ1台で海外でロケを実行、そこから怒涛の編集作業。ついに昨日、シリーズ第一弾の動画をリリースしました。

 

実はこの企画には個人のフリーランスとしては中々の数の人が関わってます。

まず10月に開始したスマホ1台旅のクラウドファンディング。おかげさまで106名から57万円の支援をいただきました。

スクリーンショット 2018 02 04 10 05 20

 

法人スポンサー3社さま。

 

その他にも、主役のスマホを提供してくれたCAMOFIREの海夢さん、旅の撮影・編集に大学生のまっさん。スマホ1台旅のロゴやテロップ、効果音作成を手伝ってもらったデザイナーの北川さん。

またギリギリになってオープニングテーマとエンディングテーマで楽曲を提供してもらった関西のロックバンド「BAKEMON」

 

そして企画の営業・撮影など協力してくれたヤるサロンメンバー。本当に本当にありがとうございます。

僕はこれまで何度もクラファンしてきたしオンラインサロンも運営してますが、目的は「資金を集めること」ではなく「共犯者を作ること」

 

「スマホ1台旅」企画を見せる視聴者ではなく、むしろ制作に関わる側に回ってもらうことでコンテンツのクオリティも上がるし、制作側の人は「コンテンツを届けること(つまり拡散)」にも協力してくれます。そしてお金もその人たちに落ちる。

プロフィールにも書いてますが、中学生のころの夢が実は映画監督でして、今回の企画をリリースしてみて、(全然違うんだけど)監督みたいだなぁと感じたり。

たぶん本当に自分がしたかったことはこれだったんだと作っててハッキリと分かりました。なぜ会社員を辞めて、ブログを始めて情報発信してきたのか。本当に自分がやりたかったことって中学2年のころから変わってなかったんだなぁ。

L1001342

 

もちろんこういう企画を0の状態からいきなり始めるのは難しいところがあって、それを実現するために2015年から自分に向いてないであろうブログをコツコツ書き始め、フリーランスとして独立し、ようやく本来自分の能力がもっと発揮できるとこに来た、という感覚です。

2年半やってきて、ようやくです。プロジェクト系のノウハウは貯まりました。資金の集め方も、共犯者の作り方も、「動画」という新しい発信媒体の使い方も。今年は行かせていただきます。

 

この記事をかいた人

るってぃ

世界中のワーク・ライフスタイルを中心に発信するプロの無職。TABI TECH編集長やYouTube、複数のプロジェクト実行など幅広く活動
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から
関連記事