スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

どうも!プロ無職るってぃです!

前からTwitterで言ってたんですけど、新居を借りました!

 

ブログを通じて一軒家を貰ったり、2畳半の部屋で生活したりと、家賃0円で東京に3年も居座ってきたあの僕が!あの僕がですよ!!!

ANOBOKUGA☆

渋谷・新宿電車で5分の場所に、タワマン住めるくらいの家賃の一軒家借りました。三階建てで個室が合計3個、エアコン付きの屋根裏に広々としたリビングキッチン、そしてBBQもできるバルコニーがついてます。

Go Pro5で撮影したリビング

 

そのうちのひとつの部屋はポートレートや動画撮影できるスタジオ兼、フロアマット敷いてダンススペースにしました。これからはこの場所からもっとダンスも発信できればいいなーと。あとYouTubeの撮影も行うし、カメラマンはスタジオとして使ってもらって大丈夫です。

一応わいダンスしてたんやで!!!

 

個室はコンセプトごとに活用したいな〜と思ってて、考えてるのはトラックメイキング(曲作り)できる部屋とか作りたいなぁ。

一番狭い四畳半くらいの個室(いまここで寝泊まりしてる)

 

そんな感じでクリエイターが集まる創作空間(アトリエ)を作りたいと思い、いつも通りのノリと勢いで借りました。

家賃ほぼ0円で多拠点生活してた僕がなぜアトリエを?

 

今まで自分の発信力を用いて東京に家賃0円で居座りながら世界中を旅してきました。東京で生活できる拠点は3つほどあります。でも先月ヨーロッパに行った時確信したんですけど、「旅も飽きたな」と思いましたね。

それも家賃0円とは言えど、それは僕の家ではなくシェアハウスや他の人の家なので、自由に僕が友人を呼んだりイベントを開催することができないわけです。「なんか気軽に好きな友達呼べる空間欲しいな〜」とふと思い、「今更1人暮らしの部屋借りるのもなんか違うし、せっかくならデカいとこ借りるか」ということで、このアトリエを契約しました。

バーベキューOKのバルコニー!都内で自宅でバーベキューできること中々ないから嬉しい

 

知り合いの不動産の社長が「審査は任せて」と物件もソッコーで見つけてくれて、使い方も決まってないまま即契約。スピードだけはいつも早いっす。

元々全ての荷物がスーツケース2個分しかないのでサクッと引っ越し。10月から住み始めました。

 

よく「風の人(旅する人)」と「土の人(旅人を受け入れる人)」と言いますが、2015〜2016年初頭までAirbnbで世界中の旅人を自宅に受け入れて来ました。

 

そして2017年〜2018年は逆に自分が世界中を旅して、それにまた飽きたので、次は土の人になろうというわけです。たぶんまたいつか風の人に戻ります…w

シェアハウスにはたぶんしない

さて、このアトリエの使い方ですが、たぶん今流行りのシェアハウスとかにはしないです。というのも、誰か固定の住人との共同生活に僕がかなり飽きてるので気分が乗らないんですよね。まあ他の友人がみんなシェアハウス作りしてるので、同じもつまんねぇな…と。

ただこんな広い家に僕1人で住んでも寂しいので、「居住者るってぃ+準住民15人くらい」で回していこうかな〜と思ってます。

準住民とは起業家の家入さんが作ったシェアハウス「リバ邸」が取り入れてる制度で、家賃1万円払えば月に10日まで泊まることができる制度。まあ、セカンドハウス的な使い方ができる感じです。すでにこのアトリエも準住民契約してる人もいます(昨日YouTube撮影してた!)

三階にエアコン付きの屋根裏あるので、ここは準住民が寝泊まりできるスペースにしようと思ってます。

軽く4人は寝れる

 

そしてその準住民もお金払えば誰でもなれる…ってわけではなくて、何か創作活動してるクリエイターだけにする予定です。その人たちとこの家で何か共創が生まれればいいな〜。

Amazon欲しいものリストから送られて来た布団使わせてもらいます

隠れ家みたいでワクワクする

 

先にも書きましたが、もし僕がまた風の人になってこの家を出ることになったらシェアハウスにして固定住人を募集します。今僕が気分的に固定の人と共同生活したくないというだけなので!w

ま、そんな感じです!

おもしろい人(努力してる人)しか招き入れない

ここらは別に見なくていいのですが、この1週間でたくさんの人が遊びに来てくれました。そして昨日オープニングパーティーも開いて、それはそれは楽しかったです。

 

そこで感じたのは「今後、どうやって居心地の良い空間を作っていくか」です。オンラインコミュニティならともかく、オフラインにおいてこれは重要な課題です。というもの僕、面白くない人、距離感の取り方がおかしい人、努力を感じられない人を好きになれないんです。

いや、好きになろうと努力もしました。好きになれない自分がおかしいんじゃないか、と悩んだこともあります。けれど、いろんな人に相談したり話を聞く中で、これは自分の大切な特性なんだと受け入れることができました。

公平性のカケラもない人間なので、好きな人は超好きだし、人を超選びます。そこは自分に嘘付きたくないんで正直に生きることにしました。プロフィールにも書いてますが、22歳まで周りの目を気にして生きづらさを感じていたので…嫌われてもいいので自分が生きやすいように正直にここに書いとこうと思います。

関連記事:差別主義者な自分と向き合ってみる

 

ですので、面白くない人と一緒の空間にいるとぶっちゃけしんどすぎるので、そこは調整させてください(本当に上からですいせまん…)

 

まあ、僕なんかの空間に入れなかったとしても、人もコミュニティも腐るほどありますからね…たまたまご縁がなかっただけで、自分にあったコミュニティに行けばいい訳です。これは自分のオンラインサロンメンバーだからと言っても、えこひいきしません。嫌なものは嫌なので(途端に反応が冷たかったりするので分かりやすいと思いますw)

そして自分の短い時間(=命)を少しも無駄にしたくありません。

だから誰を呼ぶか、とかめちゃくちゃ考えますよ。クラッシャーがいると他の人にも迷惑なので。僕は自分の空間の中で僕が好きな人同士が繋がって、楽しんでもらいたいんですよね。

そこをご理解の上で僕と今後付き合ってください。もう僕は嫌われていいんです。

そして、自分が面白くなる努力をしましょう。自分の活動、信念、コミュニーション能力、トーク力、外見磨き、思想…

まだまだだけど、僕はしてます。今後ももっとします。死ぬまでします。だからそういう人しか受け付けません。

人に嫌われるくらいさらけ出す

 

という自分の今の考えや理念をお話しました。正直ドン引きしてる人、「るってぃ、なんか関わりづらいわ〜」という人増えたと思います。でも無理して、自分に嘘をついて心からしたくないことをするの本当もう無理なんです…だから先に書きました。

前までは「全員が輝ける社会」が素晴らしいと思って、それが実現できるようにオンラインサロンを立ち上げたり色々活動してましたが、だんだんと「それは自分の役割じゃないな」と気づきました。他のリーダーやコミュニティがそんな世界を作ってくれるでしょう。

僕は自己中だから自分の人生を面白くするために頑張るし、結果として周りがそうなればいいな、くらいに今は思ってます。だからこの考えを理解できる人や、それでも僕のことを好きな人だけ来ればいいんです。他にもコミュニティや世界はあるので。

あ〜〜〜書いてスッキリした。

本当にスッキリした。

これでまた1つ全裸に近づけた気がする。

そんな感じで、このアトリエを起点に楽しいことしていきますよ!クリエイターのみなさまよろしくお願いします!

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から