お得なの?noteプレミアム会員の8つの特徴と登録すべき人を紹介する


クリエイター向けSNSとして人気を博している「note」。

月額500円で加入できるnoteの「プレミアム会員」の特徴と「こんな人は入るべき」って人の特徴も解説していきます。

結論を言うと、たった月額500円でコンテンツの可能性を大きく広げることができるので、ポイントは押さえておきましょう。

noteのプレミアム会員でできること

スクリーンショット 2017 05 10 6 30 29

 

ざっと挙げるとこの8つ

  1. 月額マガジンの運営
  2. 共同運営マガジンの運営
  3. 予約投稿機能
  4. 作れるマガジン数が1000個に
  5. コメント欄のON/OFFの切り替え
  6. 数量限定販の設定
  7. 販売価格の上限アップ
  8. Amazonウィジェットの追加

ではそれぞれ細かく解説していきましょう。

①月額課金(定期購読)マガジンの運営

noteで月額課金マガジンを運営できるのはプレミアム会員のみ。

収入が安定しないフリーランスやクリエイターにとって月額制のビジネスを始めることは鉄則です。

そんな、月額で入ってくる収入源を作れるのがnoteの月額課金マガジンです。

  • 有料の漫画・小説などの連載
  • オンラインサロンの運営
  • 有料メルマガ
  • ファンクラブ

といったコミュニティー運営も可能で、ファンとも、より綿密な交流を取ることができます。

僕も月額課金マガジンを運営しております。

合わせて読みたい

月額420 円でプロ無職 の教育論が読めるマガジン『るってぃの教育勅語』

②共同運営マガジン

noteでは複数のクリエイターで1つのマガジンを運営することが可能です。

無料会員の場合、無料マガジンを最大3名までで運営できましか、プレミアム会員の場合、有料マガジン(もしくは月額課金マガジン)を最大20名までで運営することも可能です。

その際は、代表1人のnoteプレミアム会員登録が必要になります。

売り上げ報酬も簡単に振り分けることができるので、「複数人で良いコンテンツを作りたいんだ!」という方はnoteプレミアム会員登録をどうぞ。

ちなみに「月額課金マガジン」や「共同マガジン」などのnoteの仕組みについて詳しく知りたい人はことらの記事をどうぞ。

合わせて読みたい

noteの「マガジン」と「ノート」の違いや仕組みを分かりやすく説明します

③予約投稿機能

プレミアム会員登録すると、予約投稿の設定が可能です。

自分の好きな時間に、あらかじめ書いたノートが公開されるように設定できます。

Note18

 

個人的にこれは「いらないかな」と思います。

noteでは「下書き保存」が元々できるので、公開したいタイミングで自分で設定できるし、note内で予約投稿できたとしても他のSNSでは自動でシェアできないので。

この予約投稿機能のために月額500円払う必要はありません。

④作れるマガジン数が1000個に

noteの無料会員の場合、1アカウントで作れるマガジン数は21個まででしたが、プレミアム会員では1000個まで作れるようになります。

スクリーンショット 2017 05 10 7 26 23

 

自分のコンテンツの引き出しが多くなれば、21個では確実に足りなくなるので、1000個まで増やせるのは嬉しいですね。

また1つのマガジンの中に束ねられるノートの数も無料会員では「100ノートまで」だったのに対して、プレミアム会員では無制限となります。

⑤コメント欄のON/OFFの切り替え

Note21

 

noteの無料会員の場合、コメント欄はデフォルトでONの状態、つまり誰でもコメントができます。

しかしプレミアム会員になればコメント欄をOFFに設定できるので、アンチや批判が気になる人はOFFにしましょう。

⑥数量限定販の設定

Note22

 

プレミアム会員に登録すると、各ノート毎に販売できる数量を設定できるようになります。

これを使うと「限定10個の販売!」といったプレミア感を演出することができます。

僕はこの機能をよく使って戦略的にノートを販売してます。

※詳しくは後日記事を追加します。

⑦販売価格の上限アップ

無料会員の場合、有料ノート・マガジンの販売価格は「10,000円」が上限でしたが、プレミアム会員になると「50,000円」に引き上がります。

しかし単品で50,000円で販売する機会は今のところないですね…。10,000円でも中々ない。

よっぽどの著名人かインフルエンサーでないとnoteで高単価販売は難しそうですね。

⑧Amazonウィジェットの追加

プレミアム会員に登録することで、noteのマイページにAmazonのウィジェットを最大5つまで追加できるようになります。

通常マイページの右側には自分のマガジンが表示されるのですが

Note19

 

このスペースにAmazonのウィジェットを追加できます。

Note20

つまり、(電子)書籍や商品をAmazonに出品してる人はnoteのマイページ内でも宣伝可能になるのです。

もちろん、他人の商品でもオススメのものはマイページに表示することも可能です。

月額500円でnoteのプレミアム会員に登録する価値はある?

スクリーンショット 2017 05 10 7 29 51

 

以上8つが、現在noteのプレミアム会員に登録すると活用できるようになる機能です。

これで月額500円が高いのか、安いのかは、活用するクリエイターさん次第だと思います。

個人的な意見を言えば、noteを始めたばかりのクリエイターさんは無料会員のままで大丈夫です。

月額課金マガジンか共同運営マガジンを始めるタイミングでプレミアム会員登録すればOKでしょう。

noteはまだまだ始まったばかりなので、プレミアム会員になると活用できる機能はどんどん増えていきます。

また情報が追加され次第、更新していきます。

るってぃがnoteで販売中のコンテンツはこちらへ

合わせて読みたい

noteで販売中のコンテンツ一覧へ

この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事