noteのクリエイターサボート(投げ銭)機能は絶対ONにしよう!

クリエイター向けSNSとして今注目の「note」。
今回はnoteに実装されている「クリエイターサポート」機能を解説します。

結論を先に言うと、この機能は絶対にONをしといたほうが良いです。

それでは解説していきます。

noteの「クリエイターサポート(投げ銭)機能とは?

多くのクリエイターが作品やコンテンツをSNSとして発信してるnoteですが、まさに「クリエイター向け」のような機能が存在します。

それが「クリエイターサポート」機能です。
クリエイターサポート機能とは、クリエイターの活動を金銭的に応援できるシステム。

いわば、「投げ銭」のようなものです。

ストリートミュージシャンや大道芸人がパフォーマンスの際、帽子を置いて、それに対して通行人が投げ銭をしてますよね。あれと一緒。

noteの有料コンテンツを購入する時か、無料コンテンツの場合は記事下に「クリエイターをサポート」というところから投げ銭できます。

Note30

サポート(投げ銭)できる金額は?

noteでサポートできる金額は

  • 100円
  • 500円
  • 自由金額

から選べます。
気軽に「気持ち」程度に投げ銭するように設定されてる「100円」「500円」もあれば、自由に投げ銭を設定できます。

この「サポート」と書かれてる金額が投げ銭してもらったもの。

Note26

 

コンテンツを発信してるものとして、投げ銭をいただくと非常にうれしいです!「もっと良いものを届けよう!頑張るぞ!」という気持ちになります。

注意!クリエイターサポート機能を使うには設定が必要

このクリエイターサポート機能ですが、使う(=投げ銭をいただく)には事前に簡単な設定が必要です。

「アカウント」設定から、「サポート機能を使った支払いを受ける」をONにしてください。

Note25

 

たったこれだけです。

サポート(投げ銭)してくれたユーザーにお礼ができる

サポート(投げ銭)してくれたユーザーは「ダッシュボード」の「購入者一覧」から見ることができます。

そして右側の緑の紙飛行機アイコンをクリックするとお礼のメールを送ることができます。

Note28

 

こうやって、サポートしてくれたユーザーと密な交流や、感謝を伝えることができます。

noteを通じてメールが送られるので、直接メールアドレスが通知されることはありません。それができたらファン食いができます。

クリエイターサポート機能のおかげで本気でクリエイターは助かってる

Mangaka ureru

noteはSNSやブログと同じような使い方ができるが、大きな違いは読者が「お、この記事は参考になった」「この漫画面白かったな〜」と感じれば、手軽に投げ銭できるところにあると思ってます。

ブログで良い記事に出会っても投げ銭できないですからね。
できる「感謝」の伝え方としてはシェアすることくらい。

日本はもともとチップ文化もないため、クリエイターや芸術に対してお金を払う習慣がありませんが、noteのクリエイターサポート機能がどう働いていくか注目です(クラウドファンディングしかり)。

実際、コンテンツは有料で発信せず「無料ですが、良いと思っていただければ投げ銭をお願いします」というスタイルで、noteで発信してる人もいます。

クリエイターサポート機能のおかげでユーザー側にもメリットは大きい

このクリエイターサポート機能のおかげで、読者もクリエイターに対して手軽に感謝を伝えることができるようになったと思います。

正直、「人気がある」だけじゃやってけません。
金銭的な収入がなければ、作品を世の中に発信し続けることができないから。

読み続けたい作品があれば、100円でもいいから積極的に投げ銭をしましょう。

投げ銭を頂けると、本当にうれしいですよ。

クリエイターサポート機能は絶対ONにしよう!

個人的に使用してみた感想を言うと、「noteのクリエイターサポート機能はONにしたほうが良い」です。

設定でクリエイターサポート機能をOFFにしてる人がたまにいらっしゃるので、ご注意を!

るってぃがnoteで販売中のコンテンツはこちらへ

合わせて読みたい

noteで販売中のコンテンツ一覧へ

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事