選んだのではなく、選ばれた人たち

先日読んだ本の中で、糸井重里さんが面白いことを言ってました。

矢野顕子さんのドキュメンタリー映画のタイトル依頼を受けて、糸井さんは「ピアノが愛した女」というタイトルを付けたそうです。

矢野顕子がピアノを選んだのではなく、ピアノが矢野顕子を選んだと。

矢野さんはなんでそこまでやるんだ。苦しいなら辞めればいいのに、ギリギリのとこまでやる

そういう人は捕まってしまったんだと思います。

紅白歌合戦で米津玄師さんとコラボした世界的に有名なダンサー、菅原小春さんもドキュメンタリー番組で「毎日辞めたいと思ってる」と語っていたのが衝撃でした。

それでもやり続けるのがプロフェッショナルを感じますなぁ…。

なんか書いてて思ったんですけど、自分は「自由」というものに良くも悪くも囚われてる気がします。

だからプロ無職とか名乗ってるような。

よく「るってぃさんのようなライフスタイルがしたい」みたいに言われますが、全力で止めます!!!笑

自由とは刺すような孤独と責任との戦いですから…(by エーリッヒ・フロム)

LINE@の登録お願いします!

登録しておくとプロ無職から不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。

美術や表現に関する話はnoteで更新中です。こちらもよろしくお願いします。