初めてボードゲームカフェ行ってデュシャンについて考えていた

ボードゲームって全然好きじゃなかったんです。

お喋りが好きなので、コミュニティの中にいるボドゲ好きが「ボードゲームやろう!」って流れになると「普通に嫌だな」って思っちゃうタイプ。

ルールいちいち覚えるのダルいし。(しかも負けず嫌いなので自分が初心者だろうが負けるのが嫌)

でも今年は嫌いなものや避けてたものも挑戦してみる!ということで重い腰を上げてボードゲームカフェへ。

結露言うとめちゃくちゃに面白かった。

「すべての芸術家がチェス棋士ではないが、すべてのチェス棋士は芸術家だ」

僕がボードゲームで思い出すのが、やっぱりマルセル・デュシャンなんです。

20世紀最大の問題作「泉」を発表した後、美術の世界から身を引き、チェスプレイヤーとして生計を立てていたのは有名な話です。実はそれすらも自分の芸術の真意悟らさない戦略と言われてます。

デュシャンは「すべての芸術家がチェス棋士ではないが、すべてのチェス棋士は芸術家だ。」と言いました。

いとうせいこうも「ボードゲームは脳内の抽象性を拡張する」と言いましたが、どういうことなんだ…。

勝負に強い人が想像力が豊か?他者への思いやりがある?

そしたら知人が「勝負に強い人って想像力が豊かななんですよね…だから、普通では考えられない駒を進めて勝つ」みたいなこと言ってて、あ〜確かにと。

「教養とは思いやり」という言葉を最近目にしましたが、それを思い出しました。

「教養」を蔑ろにする日本人…展覧会の誇大広告すら気づけない

 

すると知人は「思いやりで思い出したけど、ゲームや戦場で隙がない人って、相手を感謝して戦いに臨むんですよね。相手を上から見る人ってゲームや戦いでも弱いですよね」と。

この話で、タイガー・ウッズなど一流の選手は「ライバルの成功を心から祈る」というエピソードを思い出しましたよ。

言語を変えれば思考が変わる。思考が変われば運命が変わる。

 

何にせよ、ボードゲームカフェ楽しかったです。人狼ゲームは未だに好きになれないけど。

LINE@の登録お願いします!

登録しておくとプロ無職から不定期でお知らせやイベント情報が届きます!登録は無料です。

美術や表現に関する話はnoteで更新中です。こちらもよろしくお願いします。