暇な時間が人をより高い次元に導き、暇人こそ最強のイノベーターである

「暇な時間」があるからこそ、ヒトはありとあらゆることを考え実行し、新たな文化や制度を生み出してきた。

本来、絵を書くことや音楽を作って発信することは「生きる」ためには全く必要のないことだ。食って、寝て、セックスして、子供を育てて、食料を得るために狩りに出て…子孫繁栄を目的とする動物のこの行動はあまりにも退屈である。

実は暇な時間こそ、人間がより高度な次元に行くチャンスなのだ。

 

暇な時間から、退屈をしのぐための遊びや、世の中をちょっと便利にするための工夫されたサービスが生まれる。

物々交換の世界に現れた通貨も、真っ暗で寝るしかなかった世界に現れたアルコールランプも、ヒトに「暇な時間」をもたらした。

IT革命が人間の仕事を整理し、暇な時間をもたらす抗えない事実

18世紀後半にイギリスで起こった産業革命も、当時存在していた仕事の多くを置き換え、暇な時間をもたらした。そして人間は発展していくことになる。

もうお気づきかもしれないが、また人間に暇な時間をもたらそうとしてる革命の時が来てる。そう、IT革命だ。

 

フィンランドやサンフランシスコなどで実験的に導入されているベーシックインカム制度も、好きなことをするための「暇な時間」をどんどん与えてくれる。

この、新しい制度を「怪しい」と否定し、時代の流れに逆らおうとするのが古い世代や既得権益層である。

Uberはなぜ世界に浸透したのか?それは単純に「安い」とか「便利」なだけではない。生産性が高いからだ。

 

例えば通常のタクシードライバーは、お客さんを捕まえるために駅前でタバコを吸いながら待機したり、街をグルグル徘徊している。時間の無駄極まりない行為だ。

Uberであれば、お客さんに呼ばれたタイミングで目的地に向かう。仕事依頼が来るまで好きなことして待機できる、受注生産だ。

アパレルなどの小売店でお客さんもいないのに突っ立ている店員も一緒だ。Amazonや楽天などのECに多くの小売が食い潰されているのは、時代が「暇な時間をさらに作る、高生産性社会へのシフト」を目指しているからに他ならない。

 

そしてこのIT革命・高生産性社会へのシフトの流れに真っ向から逆行しようとしているのが、日本なのだ。

「忙しい」が口癖の日本人はより高い次元を目指せるのか?

 

生きるために遅くまで仕事を頑張り、「忙しい」を口癖にする日本人は、果たしてこの高生産性社会へシフトすることができるのか。

「俺、仕事で忙しいから」は全くクールじゃない。暇人こそ、最強の時代なのだ。暇だからこそ、新しい音楽やアートや革新的なサービスが生まれる。「暇な時間」は人間をより高い次元に行くためのチャンスであることは、歴史を見ても明らかだ。

 

「忙しい」が口癖で、なおかつそれが美徳とされる日本で、人は次のステージに向かうことができるのか。

関連記事「生きるために働くことは社会の損失」 人生に必要のないアートこそ日本を変える

「暇人」こそ最強のイノベーターである

結論づけると、「暇人」こそ最強のイノベーターである。もう1つ言うと、「情熱を持った暇人こそ最強イノベーターである」



確かに時間はあっても行動に直結できなければ意味がない。しかし、今ではクラウドファンディングやVALU、Timebakなど、信用や情熱を担保に資金を生み出せるサービスも増えている。

「お金がない人」と「時間がない人」が両極端に存在していた世界。しかしそのバランスが、いよいよ崩壊しようとしている。

 

これから突入する評価経済時代、あなたはどう生きていく?

「忙しい忙しい」と言い続け、気づいた時にはベッドの上で若い頃の行いを後悔して一生を終えてしまうのか、

生産性を上げ、システムに投資し、暇な時間から社会的価値を創出していくのか。

言い訳ができない時代が、いよいよ来た。

 

あわせて読みたい

現役フリーランスが教える生産性を3倍向上させた作業効率化の全手法まとめ

 

登録特典付き!LINE@でコラムを配信中!無料で相談も乗ってるよ


この記事があなたの「ここから」になったらシェア!

関連記事