スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

数多くの作品を世に残した芸術家たちには、彼らの活動を経済的に援助した「パトロン」がいたことはご存知でしょうか。

「20世紀文学の母」と呼ばれたガートルード・スタインはピカソやセザンヌ、ゴーギャンやルソーといった偉大な画家のパトロンでした。

ゴッホの弟、テオドルス・ファン・ゴッホは兄が仕事を辞め、自殺して亡くなるまでの10年もの間、画家としての活動を経済的に援助しました。

偉大な芸術家たちもパトロンの支援のおかげで芸術活動に専念することができた

 

斬新なアイディアを持った起業家たちが最初からスタートダッシュを切れるのも投資家がいるからだし、僕らのような一個人が大きな活動ができるのも「クラウドファンディング」や「VALU」といった資金調達ツールが出現したからです。

インターネットがお金の循環を滑らかにし、個人でも資金調達が可能な時代に

 

全人類が表現活動をできる時代になり、そして全人類がそういった人たちを資金的な面で支えられる(パトロンになれる)時代に突入しました。

そんな時代に、果たして我々は「生きるためだけ」にお金を稼ぐ(働く)意味はあるのでしょうか?

AI・評価経済時代に求められるのはアート(表現活動)

 

これからのAI・評価経済時代、求められるのは「アート」です。

「アート」という言葉を聞くとどうしても音楽や絵が思い浮かぶが、ここでは「アート=表現活動」という意味を指します。

このブログで書いてる文章やオピニオンも一種の自己表現活動、つまりアート。インスタグラムに投稿する何気ない写真や、Youtubeに載せた動画も、起業家が開発したプロダクトを通して実現したい社会を発信することもアートだと思います。

ブログで書いた記事も、インスタグラムでポストした写真も立派な「アート」

 

多様な人種が存在するこの世界で、1人1人の個人が表現するアートは、人工知能が取って変われるものじゃありません。ちなみにホリエモンこと堀江貴文氏も「アートが世の中を変える」と発言しています。

例えば料理も最近DJの時代になっていて。食べ歩いてるやつがプロデュースをし始めてるんですね。食べ歩いている人のほうが、技術を持っている料理人よりも力関係が上になってるんです。それはたぶんすべての世界で起こってくる事で、おそらくアートの世界でもそれが起こる。こういう素晴らしいアートを作る人と、こういう概念がこれから来るからこれをアートでどうやって表現するのか、みたいなのを組み合わせて考えればいいだけの話で。

今はスマホとかインターネットがあるんで、国境なんか簡単に超えちゃってるわけじゃないですか。なんでこんなところに国境があるんだろう?ってみんな思ってるわけです。国境を超える時にパスポートが必要だったりとか、関税がかかったりとか「なんか変だよね」ってみんなすごいストレスに感じてるんだけど「なくてもいいんだよ」っていうことをアートを通して言ってあげると。「じゃあ国際間送金はビットコインでいいじゃん」みたいなことをストレートにドーンと言っちゃうと、いろんな規制当局から横やりが来るわけですよ。でも、簡単に超えられるんだってみんなが思うような何かアート作品を見ると、「あ、超えていいんだ」とか「ボーダーなんかあるようでないんだ」ってみんなが気づいて、ムーブメントが生まれて、「あのアートがきっかけだったよね。ホリエモンのあのアートだよね」ってなるわけですよ。

出典:堀江貴文×村上世彰対談 vol.4

「アートは間接的なアプローチをしているから叩かれない。世の中は変えられるけど叩かれない」というアートの持つ強みについても解説してるこの記事は是非一読をオススメします。

人は「暇」だからこそ生きるのに必要のない芸術活動ができるようになった

芸術や創作活動、スポーツや文化。それらは「子孫を残す」という人類の使命の中では直接関係のない行為です。ではなぜこれらの活動が生まれたのか原因を探る必要があります。

 

人類は1万年の歴史のうち、5500年も「お金」の存在しない物々交換の世界にいました。モノは保存が効かない、気軽に持ち運びもできない、人に盗まれるかもしれない。つまり「交換」という行為が成立するまで、気を許すことができません。

人はお金のなかった世界では自分以外の誰も信用することができませんでした。

 

しかし、「お金」が出現したことで交換がスムーズになりました。お金を通して人は人を信用できるようになったのです。

僕たちが何不自由なく海外旅行できるのは「お金」を持ってるからであり、お金を媒介して言葉も文化も違う人同士が安全に取引ができる。お金は知らない者同士を繋げるツール

 

お金を通して人は人を信じることができ、コミニュケーションが可能になりました。その結果、「言葉」が生まれ、「文化」が生まれました。

「お金」は人を高い次元に昇華させこた

 

ここからはあくまで仮説ですが、物々交換の時代に比べ、モノを必死に守ったり交換先を無理に見つける必要がなくなりました。つまり「暇」ができました。暇ができたからこそ、人間が生きるために直接必要のない芸術活動に時間を割けるようになったのです。

余暇が生まれたからこそ、人間は「生きるために必要のないこと」に夢中になれた

 

この辺りの話はインベスターZ第1巻がわかりやすく漫画で解説してるので、詳しく知りたい方はどうぞ。

「生きるために働く行為」は時間を無駄にし、社会的にも損を与える

では現在の日本で、全員が芸術活動はできるのか?答えはノーです。なぜならみんな働くことで忙しいからです。

先ほども述べましたが、「暇だったから」こそ生きるのに全く必要のない芸術活動が生まれました。しかしみんな忙しい。生きるために毎日お金を稼ぐのに必死です。

 

しかしこれからの時代、「生きるため」だけに働くのは非常に効率の悪い行為になります。全人類そうする必要はありません。

世の中のみんな、何かしらの分野で才に溢れている。それぞれ好きなことや全力で追いかけたいことがある。しかし生きていくために別のことに時間を割く。これは非常にもったいないことで、社会全体で見れば「損失」に繋かっています。

 

本来生まれるはずだった表現作品が、生きるために費やした時間のせいで生まれない。これは社会全体で考えると損失です。

失ったお金はいつでも取り戻せても、失った時間だけは二度と戻らない。それを理解した上であなたは、明日から生きるために働き続けますか?それも好きでもない仕事を。

関連記事残業、通勤、会議、接待。取り戻せない「時間」を盗んでくる日本企業は窃盗より悪質

日本に眠っている1000兆円をそのまま腐らせていくか?次世代に渡していくのか

 

日本には、使われずに銀行に眠ってる預金残高が1000兆円以上あると言われています。これからの高齢化社会、もっともっと増えていくでしょう。

使われない金は腐ります。お金は使わないと経済が回らない、才能ある若者にお金が落ちない、挑戦が生まれない。すると社会全体が平行維持という名の衰退を辿ることになります。そんな「腐ったお金」が日本に、特に地方にはあまり余ってます。

アーティストにお金を払う文化のない日本にアートは浸透するのか

そして日本人はアートに対してお金を払う意識が低い国でもあります。それはアートに対してだけでなく、日本人は他人に対してお金を回す意識が低いことで知られてます。

「世界寄付指数ランキング」では日本は114位という、「おもてなしの国」とは程遠い結果になってます。

日本でアートで食っていくのは難しい?

他者にお金を回さない日本では、アートは繁栄するのでしょうか。アーティストが集まるベルリンから、アーティストじゃない側の姿勢を学ぶ必要があるのではないでしょうか。

関連記事ベルリン在住フリーランス高田ゲンキ氏に聞く、「海外で働く」と「日本との教育の違い」に期待すること

 

お金はあるけど使えない人、例えば体の自由が効かない人や使い道が分からない人。

そんな人はかつてのガートルード・スタインやテオドルス・ファン・ゴッホのような才能ある人を支えるパトロンになればいいのではないでしょうか。ピカソやゴッホがパトロンからの支援の結果、多くの偉大な作品を世に残したように。

 

みなアーティストであれ。「人生のパトロン」は見つけられるかもしれない

VALUやクラウドファンディング、Timebankといった、自分の実力や信用を数値化できるツールのインフラは徐々に整いつつあります。さらに政府主導でベーシックインカムの導入が検討されてる都市も増えてます。

つまり、生きるためだけに働く必要がなくなるかもしれません。みな、人生をという長い時間をかけて、本当に好きなことや表現活動に時間を割けるようになる。少なくともクラウドファンディングを使って旅して得た知識をブログで発信する僕は「できる」と信じてます。

クラウドファンディングを使って世界を旅するのは、このような活動方法があることを全表現者に伝えるため

 

そして、かつてのガートルード・スタインたちのような「人生のパトロン」は、実は簡単に見つかるのかもしれません。

最後に僕の大好きな記事を添付しておきます。

僕の友人にYという男がいる。出会ったのは7.8年前だが、それから一度として仕事している姿を見たことがない。Yはフーテンの寅さんのごとく全国各地をふらついている。祭りに参加して地元の人の家に転がり込んだり、図書館や本屋に居候したり、飲み会にしれっと混ざっていたりする。ちなみに僕は、3ヶ月に一度くらい、Yが帰京したときに酒を飲む関係だ。

Yがどうやって生計立てているのか、誰も知らない。家はシェアハウスの居候を基本としていて、収入はどうやらパトロンみたいな存在がいるらしい。毎日5ー6冊本を読んでいる。話を聞いてもツッコミどころが多すぎて、情報が増えるだけ混乱が広がる。だからYを何かの会に連れて行ったりすると、だいたいみんな面喰らう。

「何やってるんですか?」「祭りをみたり、美術館みたり…」「そういう仕事ですか?」「いや趣味です」「仕事は?」「特に…」謎のやりとりが繰り広げられる。東京は色んな人がいて市場競争が激しいからか、多くの人が相手に所属や肩書きがないとうまくコミュニケーションできない。どういう態度で向き合えばいいのか判断できないのだろう。それでも話するうちに、人は少しずつYのペースに飲み込まれていく。圧倒的に興味深いからだ。

(中略)

Yは存在そのものが、現代へのボケになっている。ソーシャルメディアが浸透した今、一億総ツッコミでみんなまじめだ。ニュース一つ取り上げても、正論のオンパレード。先生のようだ。でもまじめな先生は一人いれば十分。逆にボケが圧倒的に足りていない。みんなから笑われたり、つっこまれるような存在こそクラスを明るくしたように、ソーシャルはボケを求めている。逆に言えば、こんなにボケが美味しい時代はない。

出典:まったく仕事をしない男。

 

一億総ツッコミでみんな仕事、みんな真面目。そんな時こそ、ボケてボケまくって自分を表現しまくるアーティストのように生きたい。そしてそれを受け入れる土壌が衰退の影を見せる日本で広がってほしい。

全人類が自己表現をするアーティスト。それを支えるパトロン。人生に全く必要のないアートが、日本を、そして本当に世の中を変えてしまうかもしれません。

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から