スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

「おしゃれなカフェを開きたい!」という夢を持っている人は多いのではないでしょうか。定年退職して、夫婦でゆったりカフェ経営するという生活は確かに魅力的ですね。

しかし飲食店を開業して3年後には、その半分が潰れているそう。

決して簡単とは言えない飲食店経営。しかし若干28歳にして、愛知県内でカフェを2店舗、バーを1店舗経営し、さらに派遣業をしている敏腕の経営者がいます。

今回は2年間でカフェを2店舗オープンさせた、垣花和馬さんに「カフェ開業の流れ」や「繁盛するカフェの作り方」、「これからカフェを開業したい人に向けてアドバイス」などをインタビュー。今後カフェを開業したい人にとって、参考になるお話を聞くことができました!

カフェ開業のきっかけはご縁。でも利益を出すための算段もあったから踏み切れた

 

——どうしてカフェを開業しようと思ったんですか?

垣花さん:夫婦で世界二周目から帰国後に「何か夫婦で新しいことを始めたいな」と思って。ちょうどそのタイミングで、「愛知県の佐久島というところにある、古民家カフェを手放したい人がいる」という情報を友人から聞いたんです。

元々宮古島生まれの僕は島暮らしをすることが夢で、栄養士の奥さんは自分のカフェを持つ夢があって、この話を聞いてビビッときた、というのが大きな理由ですね。

もちろん、それだけで決断したわけではないです。そのカフェの実際の売り上げ状況や、改善できるポイントがないかを調べました。その結果、十分に利益が出せると判断したのでそのカフェを買い取ることにしたんです。

カフェ開業資金350万円を友人から借りられたのは「信頼関係があったから」

 

——カフェを開業するのにどれくらい費用がかかりましたか?また、その費用はどう集めましたか?

垣花さん:1店舗目は、そのお店を買い取るのに500万円ほど、手続き等を含めて650万円ほどかかっています。世界旅行から帰ってきて貯金が残り300万円ほどで、残りの350万円は友人から借りて資金にさせてもらいました。

2店舗目はキッチン系の冷蔵・冷凍・ガス・エアコン・家具などの購入、保証金含めて400万円ほどかかりました。

 

——友人から借りるってなかなかできないですよね…!

垣花さん:2016年7月初めに佐久島のカフェ買取の話がきて、7月末には佐久島に移り住むという流れだったので、銀行でお金を借りる時間が無かったんです。そこで友人にお願いすることにしました。

350万円という大金を借りるので、信頼している友人にだけ声をかけて。どんな些細なことでも、約束はちゃんと守って来たので、そういう些細なとこもちゃんと信頼してくれて、貸してくれたんだと思います。

 

——有言実行の結果が信頼を産んだということですね…!オープンまでの準備期間はどれくらい設けたんですか?

垣花さん:ほとんど設けていないです。理由は、カフェ経営をやったことないので、やらないと分からないことが多いと思ったから。メニューや内装も変えず、前の店からほとんど何も変えずにオープンさせました。走りながら変えていけばいいかなと思いました。

カフェ経営に立地は関係ない。「○○と言えば○○」を作る

 

——なるほどすぎる…!実際オープンして、最初の時期はどうでした?

垣花さん:最初の1週間目は、全然売り上げがありませんでした。買い取ったカフェは、島の奥の方にあって見つかりにくかったんです。

それを逆手に取って「幻の古民家カフェ」として謳って、見つかりやすいように看板を設置しました。「秘密基地」とか「隠れ家」って心をくすぐるじゃないですか。(笑)

あと島にはお土産屋さんが少なかったので、「島で一番お土産の種類が多い店」にしてとにかく種類を増やしました。

 

——確かに幻って聞くと探したくなる…!その他に、集客のためにしたことはありますか?

垣花さん:あとは名物を作らないといけないと思って。店に良いかき氷機が残っていて、島にはかき氷に特化した店は無かったので「幻の高級ふわふわかき氷」として出し始めたら、それもうまくいきました。

カフェ経営で失敗する理由は「店に特徴がないから」

 

——カフェ経営って、実際儲かるんですか?またカフェ経営のコツとかってあるんですか?

垣花さん:やり方次第ではありますが儲かります。コツというか、飲食店で3年続く店は半数ということは、逆に言えば3年以内に10店舗中5位に入れば勝てる。そして続かない店は勝手に辞めていくので、辞めずにコツコツ続けていれば自然と5位以内に入れる、という風にポジティブに解釈してます(笑)

 

——なるほど。でも続けるにはやはり売り上げがないと難しいじゃないですか。売り上げを上げるためにはどうしたらいいと思いますか?

垣花さん:これは全ての商売にもあてはまると思いますが、商圏内で何かの分野で1位にならないと勝てないと思います。例えばうちの店なら「佐久島のお土産屋と言えば」「佐久島のかき氷屋と言えば」というように。

売れてないお店は、特徴がないんです。オールマイティに良いお店は大企業のお店がやるので、僕らみたいな小さいお店が勝つには「○○と言えば○○」と言われるようでないと。「ランチェスター戦略」という経営の原理原則を特に良く勉強しました。

カフェを開業をしたいなら、まずは5年は続ける気で始める

 

——これからカフェを経営したい人に向けてアドバイスはありますか?

垣花さん:大きく2つあります。1つ目は、最初に経費をかけすぎないこと。僕が2店舗目を出したとき、キッチン用の冷蔵庫や家具などは、中古屋を回ったり「メルカリ」や「ジモティー」を使ったりして、1ヶ月くらいかけて選定しました。

経費を下げることは利益を増やすことと同義ですし、最初に出した資金が少ないとメンタルもだいぶ楽になります。問題をお金で解決するのではなく、知恵で解決する癖をつけておいた方がいいと思います。

2つ目は、「カフェを出すこと」をゴールにしないこと。実際、カフェ開業をゴールにしている人がとても多いように感じます。

そこから先が大切で、「売り上げを出してどういうことに繋げたいか」というのを考えておくべきです。初めての経営で10年後20年後を見ろというのは酷なので、まずは最低でも5年は続けるビジョンで走り出せば良いんじゃないかなと思います。

おわりに

 

カフェ開業は確かに夢があるけど、「とりあえず出してみた」では潰れてしまう。ビジネスの視点を持って、常にアップデートし続けることが大切、と語った垣花さん。

また「何かの分野で一番になる」というのは、カフェ開業だけではなく他のビジネスにおいても重要なのではないでしょうか。

決して甘くないカフェ開業。この記事がカフェを開業したい人にとっての参考になれば幸いです。

垣花さんのブログはこちら

ライター:恐竜也

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から