こんにちは、るってぃ(@rutty07z)です。

ここ最近の思うことについてアウトプットしたく、久しぶりにブログ書こうと思う!

①高校生でも起業するのが当たり前の時代に衝撃を隠せない

先日、とある一通のメールが届いた。

「会いたいです。会えませんか?」

普段の僕なら即スルー案件である。文面から漂う頭の悪さ、質問力の低さ。どう考えてもスルーなのだが、なぜかこの子だけは感じるものがあった。とりあえずツイッターのプロフィールページに飛び、ブログのURLが貼られていたので記事を見た。

かなり面白い匂いがしたので翌日さっそく会うことに。そこで来たのがこの16歳と17歳の子達だ。

 

詳しくは下の動画を見て欲しいのだけれど、とにかく若さゆえの行動力とガッツがすごい。10年前、まさしく彼らと同じように高校生をしていたわけだけど、こんなパワーなんて持ち合わせてなかった。

そして、彼らは「高校生起業家なんてたくさんいますよ」「1億円資金調達した子もいる」と言う。本当にすごい時代だ。

会ってくれたことに関して彼らにめちゃくちゃ感謝されたけど、感謝したいのはこっちのほうだ。まずこれが1点目。

②プロ奢ラレヤーと世間の価値観のギャップ

「プロ奢ラレヤー」という、人から飯を奢ってもらって生計を立ててる人がいる。彼が出演したアベマTVが非常におもしろかった。

 

ぜひ動画で見てください。

 

これを見て感じるのが、いかにみんな「自分で作り上げた常識に縛られているか」ということだ。

 

人は絶対死ぬ。時間は有限。それなのに、世間体を気にして勝手にルール作ってそれに縛られる。本当はそんなルールなんてはじめからなかったのに。

期待は人を殺す。

このアナウンサーさんが泣いたシーンは中々考えさせられるものがあった。世間のほとんどは、こっち側だと思う。

もっと自然に、そして悪く、正直に生きようと思う

つまり何が言いたいかというと、高校生とプロ奢のおかげで「なんか最近の自分守りに入ってたな〜」ということに気付かされた。

泥臭く必死になって行動してる姿を見て、「なに地方行ってホテル泊まってんだよ自分」ってなった。

 

僕も含めてみんな、いちいち「正解」を求めすぎだと思う。

先日もネット上に「良いクラウドファンディングと悪いクラウドファンディング」みたいな議論があったが、別に良いも悪いもないと思う。誰かが良いと思えば支援するし、共感得られなければ自然に淘汰される。それで良いじゃん。

良いとか悪いとか決めるお前誰だよ。笑
何様だよ。笑

それと同じで、いちいち「こうあるべき」を作りすぎなんだ。だから保守的に走って、世間体にあわせて良い子を演じようとして、本来の行動に移せなくなってしまう。別にいいやん、人それぞれで。生きれれば。

これは最近取り上げてもらったインタビュー記事だが、ネット上にもっともっと素の自分をさらけ出してこうと思う。良いも悪いも含めて。

 

「ネット上に全てをさらけ出して怖くないんですか?」と聞かれるが逆である。全てをさらけだすからこそ、生きるのが楽なのだ。これは発信したことない人には到底分からないと思うけど。

 

「本音で語るより、何かを隠すほうが疲れる」というデータがあるように、嘘をつくのは疲れるのだ。正直に生きることの楽さをみな知らない。だからネット上に良いも悪いも出していく。どうせ人は死ぬし。

純粋にやりたいことを本気でやる高校生と、プロ奢の姿を見てそんなことを思った。

 

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から