スポンサーリンク:プログラミング学ぶなら「Skill Hacks」

 

 

制作 by ほしうめスルメ

 

果たしてクライアントはどんなフリーランスに仕事をお願いしたくなるのか?

こんにちは、るってぃ(@rutty07z)です。

前回、「フリーランスとして自分で仕事を作れる人材になるための3ステップ」という記事を書きました。

 

すると「るってぃさんならどんな人に仕事をお願いしようと思いますか?」という質問が来たので回答します。

自ら仕事を獲得してる現役フリーランスの僕が教える「仕事を依頼したくなる人」はこんな人!仕事を依頼する側の人も、仕事を受ける側の人もどちらも読んでほしい記事です!

 

仕事を依頼したくなるフリーランスの4つの特徴

①クイックレスポンスを心がけてる人

「誰にでもできる」と言われてるが、中々続けることが難しいクイックレスポンス。つまり、メールや電話などの即レスです。

フリーランスとして自分が独立してみて分かりましたが、クイックレスポンスできる人は本当に信用できます。小さなことですが、コツコツと積み重ねることで、たくさんの仕事を依頼してもらえる人材になれます。

②120%の成果を出すつもりで答えてくれる人

 

依頼した仕事を100%のクオリティで納品するのは当たり前です。それが仕事ですから。

仮にもし120%のクオリティで納品したら、依頼者はあなたを信用してくれるでしょう。案件のリピートに繋がるか、「あの人良い仕事してくれるよ」と他の人にも紹介してくれるでしょう。

人間、期待していたものより少しでも良いものが返ってくると感動してしまうものです。

絶対に「120%のクオリティのものを納品しろ!」というわけではなく、「120%のクオリティのものを納品するぞ!」という意識を持つことが大切です。

100%のクオリティ目指して仕事してると仕上がるものは80%ほど。120%を目指して本気で取り組んだほうがちょうどいいものなんです。

③発注側の意図を読み取れる人

 

  • 「発注者はどういう意図でこの画像デザインを依頼したんだろう?」
  • 「発注者はこの画像を使ってどんな効果を期待してるんだろう?」

仕事ができる人は確実に発注者の意図を読み取れます。

もちろん発注側も最初にこの意図や、期待する効果を最初に共有することを心がけましょう。

予め「どうしてこの仕事を依頼しているのか(依頼して作ってもらう必要があるのか)」をすり合わせることでイメージ通りの案件が納品されやすくなります。

④言われた通りに仕事するだけでなく意見をくれる人

 

先ほどの「③発注者の意図を読み取る」から繋がるのですが、ただ依頼されたことをこなしてくれるだけでなく、「ここはおかしくないですか?」「こここうした方が良いのでは?」と意見をくれる人は依頼側としても非常に助かりますね。

要は考えながら仕事してほしいんですよ。

依頼されたことをハイハイこなしてるだけだと思考停止人間の出来上がりです。長期的に見ると双方にメリットがありません。

もし意見をしても、理不尽で聞く耳持たない上司であれば、その人はビジネスマンとして失格だと思います。

誰でもできるこの4つを抑えて仕事に困らないフリーランスへ!

図解 by ズカイビトさん(@zukaibito) 

 

  1. クイックレスポンスを心がけてる人
  2. 120%の成果を出すつもりで答えてくれる人
  3. 発注側の意図を読み取れる人
  4. 言われた通りに仕事するだけでなく意見をくれる人

最初は難しいかもしれませんが、できないことではありません。むしろ仕事に困ってないフリーランスは上記のことは当たり前のように意識して仕事してます。

成功してる人は「誰でもできることを、誰でもできないレベルで継続する人」です。

上記の4つをしっかり意識して仕事をしていきましょう。仕事がたくさん舞い込んでくるフリーランスになれるはずです。

 

あわせて読みたい

無能サラリーマンからフリーランスに独立するためにやった全てのこと晒す

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から