ヨーロッパに入って5日目くらいになります、るってぃ(@rutty07z)です。

笑っちゃうほど時差ボケが辛いっす。

心も体も素直な方なので、海外行くと大体時差ボケくるんですが、今回のはひどい!もう、やばい!

オランダは日本との時差−7時間なので、日本で0時に寝てる僕には、夕方くらいに急激な眠気に襲われます。

2日目・3日目とか20時に寝ちゃってましたからね。

いつものただ眠いだけの時差ボケで終わりではなく、ちょっと頭も痛くて、全てのやる気を奪ってくる感じ。仕事する気に全くならぬ←

夕方起きました

いや、ビビったよね。

しかも、まだ寝れるんだこれが。

永遠眠い。すごい。いつも6時間睡眠なのに、こっち来てから12時間睡眠がデフォルトだよ。

しかも寝すぎて体も痛いし、だるいし、マジ負の連鎖。時差ボケってすごい。

旅力を上げるなら時差ボケとも上手く付き合っていかなければ

世界一周なら大丈夫だと思うけど、普段の生活拠点から一気に時差がある国に移動しちゃうと、必ず時差ボケ起きますよね〜。

今回の時差ボケかなりキツく、あまり良いペースでアウトプットも進めれてないので、時差ボケ対策の知識をつけなければと反省。

至るところで多拠点生活していくなら、うまく時差ボケとも付き合っていかなくてはね。

どうでもいいんだけど、アメリカの友人が日本に来た時「Jet lag killing me」って言ってて「あ〜そうゆう表現あるんだ」ってのをめちゃくちゃ覚えてます。

この記事をかいた人

るってぃ

ただの無職が遊びを仕事にしてたらスポンサーがついて”プロ無職”へ。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに情報発信してます!YouTubeでの活動や、「スマホ1台旅」「100人取材プロジェクト」など様々なプロジェクトを手がけてます。
詳しいプロフィールはこちら
1対1の会話はLINE@から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA