スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

初めまして。ライターの前田 麻衣(@mm_i)です。

皆さん旅は好きですか?そんな愚問なって?そうですよね。皆さん旅好きだからこのメディアを見てるんですよね!

私も皆さんと同じくいわゆる旅好きで、それが過ぎて今はスーツケースひとつで旅しながらノマド生活をしてます。

 

全国を飛び回っている私の旅には絶対に欠かせないものは、格安航空会社、通称LCCです。

LCCとは「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の略称で、運賃が従来のものと比べ比較的安い航空会社を指します。

 

その価格の安さから旅人に重宝され、いまや数多くの就航路線が存在します。

しかし、気をつけなければいけないのは「LCCの荷物制限」です。規定以上の荷物を持ち込むと、航空券以外に持ち込み料がかかってきます。せっかく格安で航空券が取れたのに、持ち込み料がかかってしまっては意味ないですからね…。

今回はLCCで旅が手軽になっているいまだからこそ知っておきたい「LCCの安さの理由と荷物制限を突破するためのパッキング術」を紹介します。

LCC以外の航空券をできるだけ安く予約する方法や、マイルを利用して航空券をタダにする方法もぜひ参考にしてください。

LCCが格安な理由とは?受託手荷物に注意!

安くて旅行者に人気のLCCですが格安なのには理由があります。それは

  • 座席が狭い
  • LCCには荷物制限がある(受託手荷物が有料)

つまり空港のカウンターで預ける荷物(受託手荷物)はチケット代に含まれていないので、機内に持ち込む荷物にも厳しい制限があります。

その持ち込める荷物の制限を超えると、LCC航空会社の思うツボです…。ではここで詳しい荷物制限について解説したいと思います。

代表的なLCCの機内持ち込み荷物の制限比較

荷物制限は、航空会社によって少し異なります。今回は国内・海外を就航している人気どころの4つに絞って制限をご紹介します

重さ大きさ(高さ×横×奥行きの合計)
ジェットスター7kg115㎝以内
バニラエア7kg115㎝以内
エアアジア7kg115㎝以内
ピーチ10kg115㎝以内

ピーチに至っては、LCCではないANAやJALと同じ重さで持ち込めます。ですが、今後7㎏に変わる可能性は高いです。(つい最近までバニラエアも10㎏まで可能でした)

では持込める荷物の量やお登紀さについて理解できたところで、さらに注意するポイントを解説していきます!

LCCでの機内持ち込み制限をクリアするためのポイント

注意すべきポイントは2つ!

  1. 重さ制限は2つ合計での表記
  2. 当日の超過代金は高い

ここだけ知っておければOK!あなたの移動費のトータルコストを格段に抑えることができます。

ポイント1:重さ制限は2つ合計での表記

「2つなら14㎏ってことは、結構持ち込める~!」

ではなく…2つで7㎏です!!!何度も言います2つ合計で7㎏です!!!!!!!!

ちなみに7㎏ってあるようで意外とありませんからね。PCや充電器などの電化製品だけでも既にずっしりくるはず。これだけで7kg到達です。

 

制限の重さを超えてしまうと機内持ち込みはできないので、強制的に有料の受託手荷物となり、追加代金を支払うことになります。

ポイント2:当日の超過代金は高い

そしてさらに追い打ちをかける様に、当日払うことになった超過代金は事前に追加代金を払っておいた人よりも高く払わなければなりません!

もし受託手荷物を当日に追加する場合、追加料金の一番安い15㎏分だけでも、これだけ違いが出てくるので比較しましょう。

事前料金当日料金価格差
ジェットスター1,680円2,600円920円
エアアジア1,380円2,900円1,520円
ピーチ1,200円2,280円1,080円
バニラ2,000円2,000円0円

 

バニラ以外の航空会社は最低1000円は違いますよね。。1000円あったらできることいっぱいありますよ。。恐ろしい。。

LCCの荷物制限を突破するためのパッキング術をご紹介します

LCCの荷物制限のエグさを感じて頂けたところで、「どうしても荷物が多くなる…」という方の為に、まいまい流パッキング術をご紹介!!ポイントは3つ。

  1. スーツケースは短期滞在向けのもの使用(30リットルサイズ)
  2. リュックや大きめのバッグは長期滞在向け
  3. 基本的に現地調達を心がける

おそらく女子の方が荷物が多くなる傾向が高いです。すこし女子目線でもお伝えしますね♡

パッキング術1.スーツケースは短期滞在向けのもの使用

 

まずはスーツケースから。LCCの機内持ち込みできるサイズは前述したとおりですが、スーツケースで言うと30リットルサイズの大きさになります。これ以上の大きさになるとLCCでは機内持ち込みできないので注意です。

そしてそのスーツケースを使い7kgに収めようとすると、実はスーツケース本体だけで2~3kgあるのです。その結果、残るのは4~5㎏。実質持ち込める荷物は4~5㎏に収める必要があるということになります。

4~5㎏と言うと想像しにくいと思いますが、PC・PC充電器・財布・リップクリームなどの小物だけで2㎏はありますね。

 

ということで、ほぼ荷物は持ち込めません。

ですがキャスターがある分、持ち運びが楽になるなど利便性はあります。結論、スーツケースは2泊3日程度の短期滞在向けだといえますね!

パッキング術2.リュックや大きめのバッグは長期滞在向け

リュックや大きめのバッグは、本体自体がスーツケースに比べて軽いので実質持ち込める荷物量は多いくなりますまた、サイズもスーツケースより小さいので、機内持ち込みサイズを気にせず持ち込めます。

移動のときはスーツケースより負担が大きいですが、5日間以上の滞在であれば大きめのバッグをオススメします。

ちなみに私も約20日間滞在用の荷物は大きめバッグにして、機内持ち込みだけですみました。用途によって、ふさわしい方を選びましょう!

パッキング術3.基本的に現地調達を心がける

私流の旅の鉄則なのですが、日ごろから移動生活をしているなかで、いかに荷物を軽くするかという考えているうちに「基本的に現地調達」という考えに至りました。例えば女子には必要なスキンケア用品は、液体物なので特に重さがあります。

いつも使っているボトルタイプなんて持っていったらLCCでは一発アウト…!現地に着いてからコンビニやドラッグストアに行って使いきりのお泊りセットを購入しましょう。

ちなみに私はよくためがちな試供品をある程度持っていきました!軽量化のためには、現地で買えるものは現地で手に入れるべきです。

LCCの荷物制限を突破するためのパッキング方法まとめ

LCCを使う時の荷物で気をつけたいのは以下の3つ!

  1. スーツケースも合わせて7㎏内に荷物の重さをおさめる。
  2. 荷物入れ(スーツケースやバッグ)は旅に合わせて選ぶ
  3. 重たくて現地で買える消耗品は、基本的に現地調達

航空会社の制限条件は変わりやすいので、この記事も定期的にリライトしていきたいと思っています。上記のポイントを押さえた私は機内持ち込みを7㎏ぴったりでLCCを良い様に使っています。

LCCをよく利用される方にとってパッキング術が少しでもためになれば幸いです!

航空券をできるだけお得に予約する方法や、マイルを利用して航空券をタダにする方法もぜひあわせてお読みください。

 

旅の目的や予算にあわせてお得に宿泊先を予約する方法もこちらの記事にまとめてます▼

関連記事:【完全まとめ】通算70ヶ国を旅した私が教える、海外旅行でオススメの宿泊方法・宿泊予約サイト

この記事をかいた人