スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

ちよ子
わっしょい!どうも!世界中のお祭り巡りをしている奇祭ハンターのちよ子です。
今まで5年かけて通算70カ国、60のお祭りをめぐる旅をしてきました。よくある質問で、「海外ではどんなところに泊まっているの?」と聞かれます。これはその時々によって全く違うので、今回はパターン別の宿泊方法を紹介したいと思います!

 

みなさんは海外旅行へ行くとき、「どこのホテルに泊まったらいいのか分からない」「安く宿泊する方法やオススメの予約サイトを知りたい」と思うことありませんか?

旅の予算や目的、滞在時に重視するポイントによって海外の宿泊先の選び方は変わってくると思います。

今でも1年の半分は海外にいる私が選ぶ「目的別のオススメの宿泊先の選び方」、そして「ホテル以外の宿泊先や予約サイトの使い方」をお伝えしたいと思います。

宿泊の選択肢が増えるだけでいつもと違う海外旅行が味わうことができます。みなさん、今回の記事はブックマーク必須ですよっ!

現在代表する宿泊の選び方について、5つのパターンを紹介しますね。

海外旅行でオススメの宿泊方法5選と、使える予約サイトを紹介

1.観光重視の旅行者にはホテルが断然オススメ!

個人手配派・観光重視派のほとんどの旅行者の方は、これから紹介する宿泊予約サイトがオススメです!

ちよ子
実際に私がよく使うオススメのホテルの宿泊予約サイトを4つ紹介しますね。

1.ホテル掲載数世界No.1「Booking.com」

 

「Booking.com」はホテル掲載件数が世界一!口コミ数が圧倒的に多い!

ギリギリで旅程が変更になったとしても、24時間前までキャンセル料が無料のケースが多いのが嬉しいです。予約がギリギリでも本日のセール物件があったり、お互いがwin-winになれる友達紹介制度の割引もあるのでよく利用しています!

アプリではホテルの予約をリマインドしてくれたり、予約画面上で「何日〜何日までのホテルを押さえていません」など教えてくれるので一括管理にすると便利すぎますっ!

2.10回泊まれば1泊無料!「HOSTELWORLD」

 

「HOSTELWORLD」の特徴は国内外問わず、10回泊まれば1泊無料になるポイント形式が特徴的!そして、ANAマイレージも貯まるのでANAマイラーにオススメです!

ANAマイルで航空券をタダに!沖縄旅行の航空券代を9万円浮かせた話

 

たまに「Booking.com」にも登録されてないホテルが出てくるので、その都度ほかに掘り出し物件があるかチェックする価値はありますね。

3.アジア圏の宿泊に強い(安い)「agoda」

 

「agoda」はアジアエリアに強い(安い)宿泊サイトです。会員特別割引[クーポン)があるのでとりあえず登録しておくと良いでしょう。

このように旅のエリアごとに強い宿泊予約サイトは存在するので(例えば西アフリカエリアでは「JUMIA TRAVEL」が他の予約サイトでは出てこないローカルな宿情報が多いなど)、行き先によって利用する予約サイトを変えてみてみましょう!

とにかく、「agodaはアジアに強い!」と覚えてもらえばOKです!

4.航空券とセットで予約するなら「エクスペディア」

 

「エクスペディア」は航空券とセットで予約するとお得になる予約サイト。「Air +割」でホテル代が全額オフになる場合もあるのでチェックすべし!

何か希望がある場合は、ホテルへのリクエストや質問の英文メールの雛形を送ってくれるため、語学が苦手な方でも気軽にリクエストメールを送れる点が嬉しいですね!

 

るってぃ
どの宿泊予約サイトも

  • 安さ
  • 口コミのレビュー
  • 立地(中心地までの距離)

どれを重視するかを選べるソートで検索しやすく、スマホアプリで管理できるところもポイントですね。

ちよ子
私の場合は「安さ」と「高評価」の総合で決めるか、深夜の到着もしくは翌日早朝の移動がある場合は「駅の近さ」で決めたりします。

2.予算重視の節約旅行者はゲストハウスで楽しく泊まろう!

 

ゲストハウスとは

  • ホテルや旅館よりも比較的安価
  • オープンスペースあり
  • ほとんどの場合がドミトリー(複数人が1つの部屋に泊まる相部屋)

といった特徴があるため、宿泊金額が安く、またスタッフや他の宿泊者との交流が生まれやすいのが特徴です。

そしてゲストハウスの中には、世界各国に散らばっている”日本人がオーナーをしている”、通称”日本人宿“と呼ばれている民宿があります。

もちろん日本人がオーナーで在住しているので、私のように語学が不安な旅行者でも日本語が通じるので安心して泊まることができます。

ちよ子
私は初めて行く国で日本人宿がある場合は比較的利用しています。たまに翻訳してもニュアンスの違いで間違った解釈をしてしまったりするので、現地の情報収集が母国語でわかるのは助かりますよね。
るってぃ
僕も海外の日本人宿に泊まったことありますよ。中にはくせ者もいましたが意気が合えば一緒に観光地へ行ったり、ご飯を作ったり(シェア飯)和気あいあいとしている雰囲気ですよね。

 

良くも悪くもいろんな人と交流できるゲストハウス。

「将来ゲストハウスを作りたい!」「語学が不得意だから働くのはちょっと…だけどなんとかして宿泊費を浮かしたい!」という旅行者や暮らすように旅したい方は日本人宿のオーナーさんに問合せをしてみるといいかもしれません。

るってぃ
オーナーさんも「たまにはお出かけしたい!」「繁忙期はお手伝いしてくれる人が欲しい!」といった悩みが多いとよく聞くので、現地の繁忙期のときは積極的に問い合わせてみるのはアリですね。

定期的に代理の管理人を募集している日本人宿のオーナーさんに聞いてみました!

例えば、ペルーのリマにある「お宿桜子」では、宿泊者の受け入れ案内、掃除(ベッドメイキング・水回りの環境管理など)を仕事としてお願いしています。宿泊費がタダの他に朝食込みで時々おやつも付きます。チェックインのない日もあるので、掃除が終わり次第自由時間となります。

ちよ子
基本的にお給料は出ず、ゲストハウス全体の掃除やお部屋のベッドメイキング、他旅行者の方のチェックイン・アウトの管理(レセプションの対応)などを手伝う代わりに宿泊費が無料になるという宿がほとんどです!お休みも希望を出せば大体取れるようで、仕事が終わり次第自由時間となる宿が多いですね!

オーナーが日本に一時帰国するなどで長期留守にする場合は、例外として気持ちばかりのお給料を渡すこともあるそうです。できるだけ予算を抑えて海外を旅したい場合は、ゲストハウスに問い合わせて住み込みで働くのもひとつの手です!

ゲストハウスの探し方は「直接問い合わせ」か、上記4つの宿泊予約サイトから!

ゲストハウスの予約方法は直接宿泊したいゲストハウスのホームページから問い合わせるか、先ほど紹介した

  1. Booking.com
  2. HOSTELWORLD
  3. agoda
  4. エクスペディア

から探すことができます。

3.コミュニケーション重視の旅行者はカウチサーフィンで宿泊費を0円に!

 

「カウチサーフィン」とは、異文化交流を目的としているホスピタリティー・エクスチェンジ・ネットワークというサービスになります。

これは旅行者が宿泊させてもらうかわりにお互いの国のことや生活のことなど、とにかく「交流を持ちましょう」というコミュニケーション重視で成立するサービスで、現地ホストが基本タダで泊めさせてくれます!ホームステイのカジュアル版ですね。

ちよ子
女性のがカウチサーフィンを使用する際は、泊めさせてくれるホストが男性であれば必ずプロフィールや口コミレビューを見ましょう!
たまにセクハラ報告を耳にするので、慣れるまでは女性のホスト限定で探してみるのが良いと思います!

 

詳しくはこちらの記事をお読みください▼

関連記事:旅の宿泊費をカウチサーフィンで0円にする方法を完全解説

4.大人数や家族旅行には現地のお部屋を借りれるAirbnbがオススメ!

 

「Airbnb」とは「民泊仲介サービス」のことで、カウチサーフィンとは違い、ホストとゲストの交流を持たなければいけないといった縛りはなく、基本的に空いてる部屋(スペース)を貸すという宿泊スタイルになります。ホストとの交流がある部屋とない部屋を選択することができます。

ちよ子
るってぃさんはAirbnbでも積極的にホストやゲストの方と交流を持たれてて「さすが!”世界の素晴らしいホスト6選”に選ばれる男は違うな」と思いました。
るってぃ
短い旅行でも「自分が現地の人」かのように旅行をしたいというゲストの気持ちがわかるので。(かわいい女の子ともデートできるし)Airbnbについての記事はこちら
ちよ子
私は長期で海外へ行く際は、空家賃がもったいないのでホストとしてAirbnbを利用して、東京観光あるいは来日するゲストに宿泊してもらったりしています。そして旅先ではお祭り時にゲストとして利用することが多いですね!

有名なお祭りの時はなおさら宿泊施設がどこも満室で空いていないケースも多いし、旅人同士みんなでお祭りに参戦しよう!となると、ホテルに泊まるよりも一部屋(一軒家)貸しのほうが、人数で割れるので一人当たりの宿泊費が安くなり、結果経済的です。

Airbnbは一部屋(一軒家)貸しが多いので、大人数で泊まるとき非常に便利!

 

上記の写真は、大人数でお祭り旅行に行ったときに予約した民泊です。ごく普通のお部屋が多いので家具家電はもちろん、みんなで語らえるリビングや料理が楽しめるキッチンも広々、女子のグループや団体旅行、家族旅行にはホテルよりも絶対にもってこいなのです。

Airbnbはとても便利で重宝しています!

 

写真はスペインでのワインかけ祭りにて。この時はお祭りのタイムスケジュールや参加に必要な赤いスカーフの買い方など、予めホストにメールで聞いていたので優しいホスト様が用意してくれました!

カウチサーフィンほどの語学力がなくても気軽に現地の情報を予め聞けることがメリットですね!ホストには24時間以内の返信を呼びかけているので、連絡のやり取りもスムーズな印象です。

こちらから登録で34ドル分のクーボンがもらえます▼

5.海外で働く感覚を味いながら宿泊できるworkaway

 

「workaway」とは現地で働く対価として無料で宿泊できるサービスで、カウチサーフィンとワーキングホリデーをかけ合わせた、
いわゆる「労働力が必要な現地の人×時間がある旅人たち」のマッチングサイトになります。

募集内容のほとんどは約2週間〜1ヶ月の長期募集が多いイメージで、現地の文化や人との交流が好きな方は、この現地密着型のマッチングサイトはおすすめです。

るってぃ
宿泊費の他に食事も提供してくれることが多いので、その土地の郷土料理が食べられたり、オフ日はホストさんと一緒に観光やお買い物を楽しんでいるとの声も多数あります!
ちよ子
注意点としてはカウチサーフィンと同様に、プロフィールはしっかり書くこと。真面目さアピールで仕事をもらいましょう!事前のホストとの連絡は密にとることも重要のようです!

 

ワーキングホリデーのように他のワーカー達も同じ場所に宿泊することがあるので、ワーカー仲間もできたりと充実した日々が送れそうですね!

海外旅行でオススメの宿泊方法・宿泊予約サイト まとめ

今回は現在主流となっている宿泊方法5選を紹介させて頂きました!自分が旅行先で何を重視するのか、どんなことを求めているのかに合わせて宿泊方法を変えていくと良いと思います。

宿泊の選択肢が頭の中にあるだけで、旅費の削減ができたり、人との繋がりが深くなったりとかなり自由度の高い旅になるでしょう♡

お得に航空券を予約する方法についてはこちらの記事に詳しくまとめたのであわせてお読みください!

関連記事:海外旅行に行くなら知っておくと得する航空券の取り方【スカイスキャナーの裏技など】

 

また、これから海外に行く人はクレジットカードを作って海外保険を無料にしつつ、マイルを貯めて賢く旅しましょう▼

関連記事:【マイル・保険など目的別で厳選】海外旅行にオススメのクレジットカードまとめ

この記事をかいた人