スポンサーリンク:最短最速でプログラミングスキルを取得!

 

 

「海外旅行は高くて行けない」

「国内旅行のほうが安い」

皆さんそんなイメージ持っていませんか?

今回は地球をぐるっと3周し、現在も海外と日本を行き来している奇祭ハンターちよ子(@tailovene )が、みなさんが海外旅行に行くときの航空券を、できるだけ安く購入できるワザを伝授します。

 

なぜ私がこんなに海外に行き放題できているのか。皆さんの持つ「海外=航空券が高い」というイメージを壊せたら嬉しいです。

本音ではしめしめと「自分だけお得に買えてラッキー!」と感じる性格の悪いタイプなので本当は教えたくないのですが…一人旅にも寂しさを感じてきたのとそろそろ海外に一緒に行く友達が欲しいので紹介していきます。笑

皆さん!今回もブックマーク必須ですよ!

これから伝授するカラクリさえわかれば、国内旅行にも応用ができるので是非試してみてください!

航空券(チケット)の購入方法は大きく3つ!

 

まず皆さんが海外旅行に行くにあたって一番ネックなこと、絶対的に高いと思っているであろうものは“航空券”ではないでしょうか?

その航空券の購入方法は大きく3つあります。

  1. 旅行代理店での手配
  2. 航空会社での手配
  3. インターネットの比較サイトでの手配

渡航する場合はだいたい上記3つのいずれかで航空券を手配することになるでしょう。

1.旅行代理店で航空券を手配する

 

やはり「簡単さ」で言えば旅行代理店での航空券手配が一番でしょう。

近年ではホテルとのパッケージツアーがどんどん安くなっているイメージですね!でも結局滞在時間が少なかったり、フライト時間が選べなかったりするのでいくら安くても内容だけはしっかり把握しておきましょう。

もし、短期間のうちに”何カ国もフライトする場合”は、旅行代理店にお任せするほうがコスパが良いと聞くことがあります。なんでも”何カ国分手配してもらっても手数料は1万円ポッキリ”みたいです(※代理店によって異なります)

「自分で調べる時間を買う」という意味では、かなりお得だと思います。

2.航空会社で航空券を手配する

マイルを貯めていて特定の航空会社を使うことを決めている方は、その航空会社の公式サイトから航空券を手配しましょう。

ただマイルなど関係なくできるだけ安く購入したい方はLCC(格安航空会社)の特価セールは要チェックです!よく1年に数回、各LCC航空会社側が航空券の特価セールを開催しています。

 

LCCのセールは香港行きが3,280円、バンコク行き6,000円、ときには片道100円セールなど!行く予定がなかったとしても思わず購入してしまうほど破格の値段が出てくるんです!不定期かつ先着順の予約がほとんどなので、我先にと予約合戦が繰り広げられます。

そう、このLCCセールは情報が鍵なんです。

 

このセール情報を逃さない為におすすめのサイトが「LCC.jp」です。各航空会社のHPに行き来しなくても、一覧でチェックができるサイトです。

人気の渡航先のチケットが破格の値段で購入できるというのは倍率はとても高いので、日程などを検討しているうちにすぐに売り切れてしまうことでしょう。

 

そこでチケットを勝ち取るために各航空会社のSNSのフォロー、特にメルマガ登録しておくことをおすすめします!

メルマガでは優先的にセールの1、2日前に「セールするよっ!」という予告案内メールが航空会社から届きます。チケットが一般公開される前に心の準備ができるのは嬉しいですよね!

3.予約比較サイトで航空券を手配する

私が海外へ行くとき98%の割合で航空券を手配する方法が、このインターネットでの予約比較サイトです。

「格安 航空券」「cheap flight」などのワードで検索すると、検索トップに出てくるほとんどのサイトは航空券情報の予約比較サイトでしょう。

無数にある比較サイトの中でも私や周りの節約上手な旅人たちが使っている、そして必ずチェックしている予約比較サイト7選を紹介します!

と言っても、もうはじめに結論言っちゃいますね。スカイスキャナーが一番おすすめです!w

 

スカイスキャナーはあとでじっくり説明するとして、確認程度にチェックするのが下記の予約比較サイトになります。

 

航空券の他にも、宿泊施設や現地のパッケージツアーを取り扱っているサイトは下記になります。

上記7選の他にも、現地のバスや電車が調べられる「Rome2rio」や、中国渡航に特化している「C-Trip」、ヨーロッパエリアでは「momondo」、そして比較的日本国内の航空券に強く、現地レンタカーやフェリー予約まで予約できるのが「スカイチケット」になります。

エリアによって掘り出し物が出てくる予約サイトがあるので、比べてみてください。

航空券を予約する前に知っておくべき節約術!

 

はい、航空券はいつでも気の向いたときに取るものではございません。実は安く購入できるかどうか一番大事なポイントは、この購入するタイミングになります。

今まで予約比較サイトでチェックしてきて、気付きました。旅行会社勤務の知り合いにも確認済の真実、それは…

週の頭(月・火)に検索するのと、週末(金・土)に検索するのとではかなり値段が異なるケースが多いです。そう、検索するタイミングが大事ということです。2〜5千円の変動が、ザラにあります。

航空券を購入するときは、月〜水曜日あたりの週アタマで手配しましょう!

では、「月〜水曜日ならいつでもいいのか?」というわけではありません。週アタマを頭に入れつつ、下記のことを意識してみてください。

1.海外出発日の20週間前が航空券が最も安い

先ほどの予約比較サイトで一番のオススメと断言した「スカイスキャナー」が独自の調査結果を発表してくれました!

  1. 購入はお早めに! 最も安く航空券を購入できるのは出発の20週間前。
  2. 月別で最も価格が高いのは8月、次に高いのは7月、12月出発の海外旅行航空券。最も価格が安いのは11月、10月、2月出発の順。
  3. 週別で最も価格が高いのは、29週(7月16日~22日)、次いで52週(12月24日~30日)出発の便で、いずれも20%以上高騰。最も価格が安いのは、44週(10月29日~11月4日)と48週(11月26日~12月2日)。
  4. 渡航先別で、最も高騰するのは7月出発の台湾行き、その次が12月のフィリピン行き。最も安くなるのは10月の台湾行きと1月のフランス行き。
  5. 年間でアジアが安価になるのは秋、欧米が安価になるのは冬。ゴールデンウィーク時はアメリカと中国、お盆休みはアジア、年末は中国がお得な旅行先。

出典:最も安くチケットを購入できるタイミングは、出発の20週間前!

 

最も安く航空券が購入できるのは20週間前です!予め休みが決まっている場合はできるだけ早い段階で計画的に航空券の手配をしましょう。

日本の連休や目的地のシーズンを考慮する

当たり前ですが、航空券が高騰する時期というのは世間一般の大型連休になるでしょう。ニーズの高いGWやお盆、年末あたりがまさにチケットの値段が高騰します。絶対に間違いありません。

他にも、日本が寒い時期に暑い場所(人気のハワイなど)や目的地の雨季・乾季の観光のベストシーズンによって値段ももちろん変動します。

航空券の価格の傾向参考例

  • 7、8、12月は最も航空券が高い月。
  • 10、11、2月が最も航空券が安い月。
  • GWのアメリカ、秋のアジア圏、冬のヨーロッパ圏、年末の中国は比較的安価になる。

航空券は片道より往復で取るべき

チケットを購入するときに絶対にお得なのが片道券よりも往復券です。

出国先が異なる(日本→A,B→日本)という方はオープンジョー(複数渡航先)での検索・購入方法があるので確認してみてください。

オープンジョーで検索できる予約比較サイトは、スマホアプリでの管理もできる「スカイスキャナー」と「KAYAK」がおすすめです。

往路と復路での曜日・時間を考慮すること

ここでは世間の動きを予想してみましょう。これは大型連休の時期や観光シーズンと同じで、ニーズが高い曜日や時間帯の多くは価格が上がる確率が高いです。

会社勤めをしている人が海外へ行く場合の多くは金・土曜日出発が多いでしょう。そして多くの方は日・月曜日のUターンではないでしょうか?

できるだけ長く現地に滞在したいという欲求の心理から、往路は午前便、復路は夜便が多い傾向にあります。

こうして人気の時間帯(午前中の便や午後遅めの便)を少しズラすだけで値段が劇的に変動するのでチェックですよ!

2.初心者からベテランまで愛用する「スカイスキャナー」の使い方

 

海外好きの多くの人が航空券を購入する際利用しているのが、この「スカイスキャナー」

スカイスキャナーは他の予約比較サイト同様に”希望の出発日”や”目的地”を入力して”価格順””所要時間順””乗り換え回数順”などのソートで調べられます。

その上、「希望の出発日」や「目的地」どちらかがない場合でも検索することができるのがスカイスキャナーの素晴らしいところなのです。

例えばアメリカ合衆国のニューヨークに「いつでもいいから安く行きたいんだ!」となると、ニューヨーク行きのフライトで一番安い日付を検索することができます。

 

反対に、「どこでもいいからこの日程でどこか安く行けるフライトないかな?」という場面でも「すべての場所」を選択すれば、安くておすすめの行き先候補がでてくるんです。

ね?素敵でしょう?

えっ知らないの?スカイスキャナーで航空券の値段を下げる裏ワザ

ここで大好きすぎるスカイスキャナーの裏ワザを紹介します。

この方法はバカにできないくらい値段がガクン!と落ちて安く購入することができるので皆さんもぜひ試してみてください!

まず、日本(東京)からニューヨークに行きたい場合をご参考までに。
※今回はわかりやすく敢えて片道で検索していきます。

今までの安く購入するためのノウハウを頭に入れて、20週間前の週アタマに検索をしてみました。そこで東京- NY間を調べてみると、下記の結果に。東京-NY間 58,312円。

 

これも充分に安い印象を受けますよね!?今回の裏ワザ。ヤバみです。
(※往復券はもっとお得)

スカイスキャナーの設定ページを開くと「国・言語・通貨」と選択できる箇所があるかと思います。この中の「国」設定を少しいじってみてください。

 

例えば、「国はフランス・言語は日本・通貨は日本」と設定します。(私の場合、言語や通貨は日本にしないとピンとこないので)

すると、先ほどの検索結果に変化が……およよ?

東京- NY間 57,054円ー!

 

1,258円安くなりましたね!

えっ、国の違いで値段って変わるの!?変わるんです。(キリッ)

渡航先によっては1万円近く浮くこともあるので、みなさんも今後は国設定を色々いじってみてください!ちなみに私の今までの感覚から、検索結果で一番安くでてくる確率が高かったのは、“スペイン”か”フランス”設定です。

現地ではどこの国の旅行者が多いのか、昔どこの植民地領土だったのか、と予想するといいかもしれません。

えっもう満足したの?まだまだ安く購入できる裏ワザ的考え

 

5万円代でニューヨークに行けるなんてっ!安く飛べる時代になりましたね!しかし、みなさん。満足するには早いですよ!ニューヨークやヨーロッパなどの長距離フライトの場合、別々にチケットを取ったほうが安い場合があるんです!

“ダイレクトに目的地を検索しないという考え”ですね。

上記にならった方法でできるだけ安く取れるように各設定をして調べてみますね。例えば、「東京-シンガポール」、「シンガポール-ニューヨーク」と分けて検索してみると…

  • 東京-シンガポール(国設定フランス) 13,526円
  • シンガポール-ニューヨーク(国設定フランス)  39,191円

合計52,717円っ!先ほどよりもさらに4,337円安くなるんです!国設定の裏ワザ含めトータルで5,595円安くなった訳です!

このように目的地が長距離の場合、敢えてアジア圏のハブ空港に一度降り立つほうが安く済む場合があります。バンコクや香港、クアラルンプール辺りをみてみると良いかもしれませんね♪

もしくは「目的地→すべての場所」と逆ルートで検索し、一番安くでてくるアジア圏から日本をチェックしてみるのがいいでしょう。この方法で2万円以上も安くなることもあるので、ぜひ検索しまくってくださいね!

格安で海外航空券を取る方法 まとめ

 

さて、今回はできる限り安く購入する方法をお伝えしましたが、「安ければいい」というものではありませんのでご注意ください。

航空券を手配する際は、フライト時間やトランジット(乗り換え)の時間、乗り換え回数は必ずチェックしましょう。時間がない方はとくに数百円の上乗せでフライト時間がぐっと短くなることもあるので、自分の旅行に合ったコスパを考慮しつつ航空券を手配することをおすすめします。

海外航空券を取ったら次に必要なのは宿泊場所ですよね。目的別にあわせたお得な宿泊場所の予約方法に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください▼

【完全まとめ】通算70ヶ国を旅した私が教える、海外旅行でオススメの宿泊方法・宿泊予約サイト

 

また、クレジットカードやポイントサイトを使って効率よくマイルを貯めれば、無料で海外航空券を取ることができます。こちらの記事を参考にしてみてください▼

それでは良い旅を!

 

この記事をかいた人